聖ユーラ大聖堂

ウクライナにあるキリスト教の聖堂

聖ユーラ大聖堂ウクライナ語:Собор Святого Юраソボール・スヴャトーホ・ユーラ)は西ウクライナリヴィウにあるキリスト教の大聖堂である。名称は、「聖ゲオルギオス大聖堂」という意味。1744年 - 1760年の間にバロックロココ様式で建立された。以前、同じ場所で13世紀に立てられた教会が存在した。

リヴィヴの聖ユーラ大聖堂。

聖ユーラ大聖堂は18世紀から20世紀までにウクライナ東方カトリック教会の本山とされていた。大聖堂内にはその教会の大司教たちが葬られている。

1946年ソ連政府はウクライナ・カトリックを禁止して大聖堂をロシア正教会に渡したが、ソ連の崩壊の直前、1990年にウクライナ・カトリックに戻された。

2005年、ウクライナ・カトリック教会は本山をキエフに移したことによって、リヴィウの大聖堂はウクライナ・カトリック教会のリヴィウ大司教の座となった。

リンク編集