メインメニューを開く

聖光学院中学校・高等学校(せいこうがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区滝之上に所在し、中高一貫教育を提供するカトリック系私立中学校高等学校。高校からの生徒募集をしない完全中高一貫校[1]。最寄駅は、JR東日本根岸線山手駅

聖光学院中学校・高等学校
聖光学院中学高等学校 校舎.png
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人聖マリア学園
校訓 紳士たれ (Be Gentleman)
設立年月日 1954年
共学・別学 男女別学(男子校)
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 14506J
所在地 231-0837
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

周辺の石川町山手地区には多くの女子校が存在するが、その中にある男子校である。ユーミンの「海を見ていた午後」で有名なレストラン「Dolphin」に程近く、一部の教室から根岸湾が見下ろせる。なお、キリスト教の思想に基づき旧校舎の窓は東を向いていた(現在は窓が東向きの教室と西向きの教室が存在する)。1819年にフランスで創設されたキリスト教教育修士会の創設者であるジャン・マリー・ド・ラ・ムネ(英語版リンク)の思想を色濃く残している。

校訓は「紳士たれ」。現在の学院長はトマス・トランブル、学校長は工藤誠一

近年は東大合格者数ベスト10に毎年ランクインするようになり、栄光学園とともに神奈川2「光」の一つとされる大跳躍した超進学校。2019年度合格者数は神奈川県で1位、全国で3位であった[2]。難関私大の合格者も多い[3]。また、現役進学率が高いことで知られる。現役77人、現役浪人合わせて93人が合格した。

「神奈川男子私立御三家」の一つに数えられている[4]

東京都世田谷区セント・メリーズ・インターナショナル・スクールおよび、静岡県静岡市駿河区の静岡聖光学院中学校・高等学校は姉妹校であるが交流は少ない。当校とセント・メリーズ・インターナショナル・スクールは、いずれもキリスト教教育修士会の学校法人、聖マリア学園が経営している。静岡聖光学院は1977年3月に学校法人聖マリア学園から独立している。福島県伊達市にある野球で著名な聖光学院高等学校や、山口県光市にある聖光高等学校とは全く関係はない。

2011年度より、3年計画で段階的に校舎の全面建て替えが行われた。実際には東日本大震災や台風の影響で工事が遅れ、2014年11月15日に竣工した。

2018年から週刊モーニングで連載を開始したドラゴン桜2の舞台龍山高校の校舎のモデルとなっているのは本校の校舎である[5]。なお、龍山高校は男女共学であり、この学校とは関係がない。

2018年より文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けている[6]

2018年には全校生徒を伴いTBSV6の愛なんだ2018に出演した。なお一部の生徒は帰宅した模様。

沿革編集

基礎データ編集

 
 

交通編集

  • JR根岸線 山手駅下車、徒歩8分
    • 山手駅前は横浜市営バス20・222系統も発着している(山手駅前バス停)
  • 横浜市営バス21・103系統 滝の上バス停下車、徒歩5分

制服編集

冬服は黒のイートンジャケットにグレーのニット・ネクタイ(現在は、ポリエステル100%)、黒のズボン。これは喪服に由来するイートン・カレッジの制服の意匠をまねたためとされる。襟がないのが特徴であり、胸ポケットに学年色の校章を付けることとなっている。昔は3色だったが、現在は6色。

夏服は、白の半袖開襟シャツに、黒のズボンである。シャツのポケットに学年色で校章の刺繍が施される。昔はグレーだった。

行事編集

聖光祭編集

文化祭は4月の終わりか5月の初めの土日に行われ、「聖光祭」と呼ばれる。生徒の自主性に重きを置いて運営され、2日間で2万人以上が訪れる。春夜祭、グランドフィナーレなど催し物には事欠かない。

体育祭編集

9月下旬に非公開で行われ、中学生と高校1・2年生がクラス対抗の形式で5チームに分かれ優勝を争う(高校2年生は高校1年生時の所属クラス。これは高校2年生から文系・理系、それぞれ非選抜2クラス、選抜1クラスの合計6クラスに分かれるためである)。

部活動編集

運動部編集

文化部編集

同好会編集

本校では、同好会などを含め、公認団体との呼称を用いている。

姉妹校(日本国内)編集

その他、世界各国にキリスト教教育修士会の系列姉妹校を多数擁する。

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注および参照編集

外部リンク編集