聖剣伝説 > 聖剣伝説3

聖剣伝説3』(せいけんでんせつスリー)は、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より1995年9月30日に発売されたスーパーファミコンゲームソフト。『聖剣伝説』シリーズの第3作で、シリーズ最後のスーパーファミコン向けタイトルである。当初は日本のみでの発売であったが、海外版『聖剣伝説コレクション』にて英語版が制作され、『TRIALS of MANA』(トライアルズ オブ マナ)の英題がつけられている。

聖剣伝説3
ジャンル アクションRPG
対応機種 スーパーファミコン
開発元 スクウェア
発売元 スクウェア
ディレクター 田中弘道
デザイナー 石井浩一
音楽 菊田裕樹
人数 1人 〜 2人
メディア 32Mbitロムカセット
発売日 1995年9月30日
売上本数 約80万本
テンプレートを表示

概要

「マナ」の力を用いた世界征服を狙う大国同士の争いと、暗躍する闇の勢力の争いに運命を翻弄される主人公たちの物語が描かれるアクションRPG。イラストレーションは、アニメーター結城信輝

本作では、ゲームの冒頭で主人公とその仲間となるキャラクターを計3人選択でき、誰を主人公に選んだかによって、ストーリーの一部が大きく異なる「トライアングルストーリー」が特徴。大きくわけて、3種類のストーリー変化が用意されている(ただし、ストーリーの大筋は変わらない)。また、本作の主人公6人は同時期に冒険へ旅立つストーリーであるため、操作する各パーティの選んだキャラの順序によって発生するイベントや会話も細かく変化する。

基本的なゲームシステムは前作『聖剣伝説2』とほぼ同様だが、前作で発見されたような目立ったバグや不具合は今作ではあまり存在せず、グラフィックもSFC最高水準のものだった[注 1]。戦闘では、敵味方双方のほとんどの魔法・必殺技が回避不可能な性能となったことで、前作に比べるとアクション性は低く動き回る利点が減り、連打攻撃の有効性が増している。また、「フラミー」による移動の際、次の目的地(または目的)が表示され、ダンジョンや都市の上空に到達すると現在地がわかるようになった。ゲームの発売前には、各ゲームショップなどで体験版がプレイできた。

本作品の19年前の話、王国ペダンをメインとした物語が描かれた『聖剣伝説 HEROES of MANA』が、後の2007年3月8日に発売された。

2017年6月1日にはNintendo Switch用ソフト『聖剣伝説コレクション』が発売され、スーパーファミコン版が『聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜』・『聖剣伝説2』と共に収録された(M2による移植)。2019年6月11日には欧米で本作の英語ローカライズ版『Collection of Mana』が「Nintendo E3 Direct 2019」の中で発表され、即日発売された[1]。この展開により、本作は初めて日本国外での展開が実現した。英語版のタイトルは『TRIAL of MANA』と名付けられている。

2020年4月24日に3Dフルリメイク版となる『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』(英語版タイトルは上記の移植版と同様に『TRIALS of MANA』、以降『ToM』)がPlayStation 4Nintendo Switch・PC(Steam)向けで発売[2]

以降、特に断りのない場合、原作であるスーパーファミコン版について述べる。

あらすじ

かつて世界は、神獣という存在に蹂躙され滅びの危機を迎えたが、マナの剣を手にした女神によって退治され、八つのマナストーンに封印された。それから時は流れ、魔法の源であるマナの減少が起こり始める。その裏にはマナの剣を用いて世界の支配者にならんとする悪しき者たちの暗躍があった。

主人公たちは各々の悩み・問題を解決するべく光の司祭の導きを求めて聖都ウェンデルを目指す。しかし獣人たちの侵攻に対して結界が張られていたため近づくことができない。その夜、近隣の村に泊まった主人公は不思議な輝きを目にする。後を追った先には、小さな妖精のような少女フェアリーが倒れていた。彼女はマナの聖域からやって来た存在で、マナが少なくなった今、人間に取りつかないと死んでしまうという。こうしてフェアリーに選ばれた主人公は、彼女の力で結界を解き、光の司祭と対面を果たす。だが司祭の力でも解決は難しく、話を聞いたフェアリーはマナの剣を抜いて女神を目覚めさせれば願いは叶うはずとアドバイスする。実はフェアリーが人間界に現れるということは、この世界に危機が迫っていることを示していた。主人公はフェアリーに選ばれた人間として聖域にあるマナの剣を引き抜き、マナの女神を起こす使命にあった。

マナが減少したことでフェアリーの力でも聖域へのトビラを開けるのは不可能となっていた。そこで八つの属性を司る精霊たちから力を借りるべく世界各地を回ることに。しかし、主人公たちの行く手を阻むように邪悪な勢力が次々と姿を現す。これらを退けた主人公たちは、ついにすべての精霊から協力を取り付け、フェアリーの力によってマナの聖域のトビラを開こうとする。だが悪しき者たちがマナストーンを解放していたことでトビラが大きく開いてしまい、遥か上空に浮かび上がってしまった。直後、待っていたとばかりに魔法王国アルテナ、ビーストキングダム、砂漠の義賊ナバールの三つの勢力が聖域に突入。マナの剣を巡って熾烈な争いを繰り広げる。主人公たちはマナの女神に遣わされた「翼あるものの父」と呼ばれる聖なる獣の力を借りて聖域へと足を踏み入れる。主人公はフェアリーの言葉に従い、マナの剣と心を通わせて引き抜き、所有者として認められた。だがいつの間にかフェアリーの姿がなくなっていた。困惑する主人公の前にマナの女神の幻影が現れる。そしてフェアリーが邪悪な存在に拉致されたことを告げられる。実は各勢力の裏には真の黒幕たる存在が潜んでいた。勝者となった黒幕勢力は自分ではマナの剣が引き抜けなかった。そこで主人公を利用して引き抜かせ、フェアリーを人質に取引を持ち掛けてきた。既にマナの減少によって女神は存在を維持できず、間もなく消える運命となっていた。こうなっては願いを叶える力もないという。

主人公たちはフェアリーを救うべく取引に応じ、マナの剣は悪しき者の手に渡ってしまう。彼らはその力を用いてマナストーンの封印を解き、世界を滅ぼすことを告げて姿を消した。八体の神獣はやがて合一を果たし、最終形態に至る。そうなれば再び世界は滅びの危機にさらされる。これを看過できなかった主人公は、仲間と力を合わせて次々と神獣を撃破していった。そして最後の神獣、闇の神獣ゼーブル・ファーをも打ち倒した。その瞬間、フェアリーはこれが敵の策略だったことに気づく。敵は主人公たちに神獣を倒させ、マナの剣にその力を集約していた。それでも主人公たちは諦めず、敵対者たちの本拠地へと乗り込み親玉の元まで快進撃を続ける。だが時既に遅く、悪しき者たちの親玉は神獣の最終形態の力を手に入れ、用済みとなったマナの剣を破壊してしまった。だが、まだ存在を留めていたマナの女神によって動きを阻害され激昂。親玉はマナの女神を滅ぼすべくマナの聖域へと向かった。

その後を追った主人公たちだが、既にマナの女神は消滅した後であった。それはフェアリーの消滅も意味していた。無謀な特攻を仕掛けたフェアリーは親玉の手によって命を奪われ、主人公たちも絶対的な力の前になす術もなく打ち倒される。マナの剣がない今、神獣の力に対抗する手立ては失われ、世界は悪しき者たちの手に落ちるのを待つばかり。しかし、膝を突いた主人公たちを鼓舞する声があった。それは消滅したはずのフェアリーであった。主人公たちはフェアリーと精霊たちの最後の力で治癒し、悪しき者との最後の戦いを繰り広げる。悪しき者は自分を滅ぼせるのはマナの剣しかないと豪語するが、主人公たちの心にある「希望」というマナの剣は折ることができず、犠牲と謀略の果てに得た借り物の力ごとこの世界から完全に消え去った。

戦いは終わり、主人公たちの前に新たなマナの女神が現れる。それは生まれ変わったフェアリーであった。実はフェアリーとは、マナの女神の種であり、本当に理解し合い心を通わせられる者と出会えた時、マナの女神に生まれ変わるのである。新たな女神は主人公たちに感謝を示し、1000年の眠りに。そして主人公たちもまたマナのなくなった世界を復興させるべく、仲間たちと共にそれぞれの居場所へと帰って行った。

ゲームシステム

操作キャラクターが6人用意されており、ニューゲーム時に6人の中から主人公を1人、パーティメンバーを2人選択し、計3人の操作キャラクターで冒険を進めることになる。

基本的なゲームシステムは前作と大差はないが、以下のような変更点がある。

  • 「クラスチェンジ」システムが搭載されており、成長・魔法や特殊攻撃の習得傾向を選択する。
  • 前作で可能だった3人でのプレイは不可能となり、2人までとなった。なお、操作していないキャラクターはLかRボタンを押しながらで操作できる(リングコマンドの操作も同様)。
  • 敵が出るフィールドでも移動と戦闘の線引きがなされ、敵がいない場合には武器を構えず、通常の移動ができるようになった(以下、この状態を「移動中」と記述する)。
  • 前作に引き続き「リングコマンド」システムが採用されている。ただし、今作は消費アイテムと魔法のみが対象(戦闘中・移動中問わず開ける)で、ステータスや装備、設定などは専用の画面に切り替わる(この画面は移動中のみ開くことができる)。
  • アイテムが大幅に増え、通常所持できる個数は10種類まで、各9個まで所持できる。持ちきれないアイテムは倉庫で保管され、移動中に出し入れできる。倉庫は消費アイテム用、各装備品用がある。また、装備品はキャラ別に所持するようになり、状況によっては装備できるキャラへの受け渡しが必要になる(店での購入時は、装備できるキャラが所持するように選択できる)。アイテムの主な変更点や新要素としては以下の通り。
    • 武器は他の装備品と同様に店で買うか武器防具の種から入手する。また、キャラごとの武器の系統は最後まで固定となる。なお、前作では遠くに飛ばす武器でのみ可能だった高さが違う場所の敵への攻撃は、本作ではどの武器でも可能になった。
    • 「魔法のロープ」は店で買える消費アイテムになった。
    • 新たに「種」が登場した。宿屋にある植木鉢に植えると、その種に応じたアイテムが成る(回復アイテムとして使うこともできる)。
    • 使うと魔法と同じ効果を発揮するアイテムが大量に追加された。

戦闘

フィールドは短い範囲に区切られ、そのエリアごとに戦闘が発生する。敵と遭遇すると操作キャラが戦闘体制となり、戦闘が開始される。戦闘システムの基本的な内容は前作をほぼ踏襲したものとなっており、操作キャラを自由に移動させ、ボタンを押して敵に攻撃していく(倒さずにエリアを移動することも可能)。経験値やルク(お金)などは個々の敵を倒した時点で得る(そのため、戦闘中でもレベルアップする)。エリア内のすべての敵を倒すと「WIN !」と表示され、移動状態に戻る(敵が残っていても近くにいない場合も同様に移動状態に戻ることがある)。ステータス異常や魔法効果はそのエリアでの戦闘終了時(他のエリアに移動した場合も含む)に全て打ち切られ、HPが0(戦闘不能)になったキャラもHP 1で復活する。また、最後に倒した敵が宝箱を残すことがある。宝箱には罠が仕掛けられている場合もあるが、アイテムは必ず手に入る(前作のような、罠だけの宝箱はない)。受ける罠はルーレットにより決し、「OK」が出れば無傷で回避できる。

倒した敵は、2つ離れたエリアまで行くとまた復活する。

戦闘中のダッシュは操作方法が「オートモード」のみで可能で、「マニュアルモード」では不可能であり、画面上に登場する敵は一度に最大3体までである(4体以上の敵が存在するエリアもあるが、一度には出現しない)。

敵には登場エリアごとにレベルが設定されており、これにより強さや取得できる経験値・ルクも異なっている。また、後に再訪する際には敵のレベルが上がっている場所も多く存在する。

必殺技
敵に物理攻撃を当てて「ゲージ」を溜め、ゲージがたまると必殺技を発動させて、敵に大きなダメージを与えることができる。使用できる必殺技は「クラスチェンジ」をすることで増えていくが、レベルの高い必殺技を発動させるためには、より多くのゲージをためる必要がある。なお、「クラス2」以降の必殺技は発動すれば確実に敵にヒットする[注 2]。これらは、操作キャラクターが「沈黙」状態では使用できない。なお、本作では通常攻撃にチャージは必要ない。
魔法
戦闘時にリングコマンドを呼び出して使用することができ、敵にダメージをあたえたり、仲間の「HP」を回復したりすることなどができる。使用するには、魔法ごとに設定された数の「MP」が必要。前作にあった、魔法の「熟練度」は廃止され、魔法の効果は純粋に「ちせい」「せいしん」のパラメータに影響されるようになった。なお、魔法の詠唱には多少の時間が必要であり、発動すると確実に効果がヒットする。
特殊攻撃
上記の「魔法」と同様に、リングコマンドを呼び出して使用でき、「MP」を消費して発動できる攻撃。敵にダメージを与えることができる。

なお、レベル1の必殺技を除き、必殺技・魔法・特殊攻撃を発動した時はエフェクトが終わるまで一切操作できない。したがって、前作のようにエフェクトが完了しないうちにエリア外に出て無効化させることや、連続で発動させることは不可能である。

成長

戦闘に勝利して、経験値がある程度たまるとレベルアップする。レベルアップすると最大HP・最大MPが上昇し、さらに「ちから」「すばやさ」「たいりょく」「ちせい」「せいしん」「うん」の6つの能力値から1つを選択して成長させることができる[注 3]

また、特定の能力値が一定値に達すると、レベルアップ時に魔法・特殊攻撃を習得することができる。習得できる魔法や効果範囲、習得条件はキャラクターやクラス毎に異なる。なお、一度のレベルアップで習得できるのは1つだけである[注 4]

クラスチェンジ

物語途中に出てくる「マナストーン」を通じて、主人公達はクラスチェンジをすることができる。各キャラクターは初期状態で「クラス1」に設定されており、2回のクラスチェンジを経て最終的に「クラス3」になることができる。クラスチェンジをすることでより強力な必殺技を使えるようになり、新たな技や魔法を習得可能になる[注 5]

クラスは大きく「光クラス」と「闇クラス」に分かれている。基本的に「光クラス」は光魔法および補助・回復系統に優れ、「闇クラス」は闇魔法および攻撃に優れている。また、「光クラス」と「闇クラス」では一部、装備可能なアイテムも異なり、基本的に「闇クラス」は、装備できる武器の威力が高い[注 6]

1回目は「クラス1」から「クラス2」へのクラスチェンジで、キャラクターがレベル18以上になると可能となる。ここで「光クラス」と「闇クラス」のどちらかを選択する。2回目は「クラス2」から「クラス3」へのクラスチェンジで、レベル38以上になることと、「???の種」を植えると手に入る、特定のアイテムを使用することが必要条件となる。2回目のクラスチェンジは、「光クラス」と「闇クラス」それぞれに2種類設定されており、この中から選択する。なお、フォルセナの図書館によれば、クラス3へのクラスチェンジは大魔術師グラン・クロワによって封印されているという。リメイク版『TRIALS of MANA』では新たに「クラス4」が追加され、ラストボス撃破後の追加シナリオの中でクラスチェンジが行われる。

曜日・時刻

本作では曜日と時刻の概念が採用されている。曜日と魔法の属性との相性でその魔法の効果に補正がかかったり、宿賃を免除して貰えたりする。時刻においては昼夜でモンスターの状態や出没する種類が異なり、夜でないと発生しないイベントもあり、宿屋の台詞も時刻によって変化する。また、地域によっては時刻の影響を受けず、終始夜の場合もある[注 7]

設定・用語

マナ

この世に存在する全ての源となるもの。特にアルテナでは魔法の媒介として用いられており、これがなくなると魔法そのものが使えなくなる。近年、世界中から急速にマナが減少している。

マナの女神
マナの剣で神獣を封印し、「黄金の杖」を振るい世界を創造した女神。現在は「マナの樹」に姿を変え、杖は剣に姿を変えて根元に刺さっている。現在、マナの枯渇により、樹が枯れ始めているという。
マナの剣(マナのつるぎ)
マナの女神が世界を創造する際に用いたといわれる「黄金の杖」の仮の姿であり、手にした者には世界を支配しうる力を与えるという。使い手の心を映す鏡としての性質も持ち、光にも闇にも染まる[注 8]。物語中盤で主人公が引き抜くもすぐ敵に奪われてしまう。黒幕は暗黒剣へと変えたマナの剣を用いてすべての神獣の力を得、用済みとなった後は剣そのものを消滅させてしまう。しかし最終決戦ではフェアリーは主人公たちの心にある「希望」こそが真のマナの剣と呼び、その主人公たちによって黒幕の野望は打ち砕かれる事になる。
劇中は失われた命を甦らせたり、倒された神獣の力を取り込むなど特殊な能力を見せている。
マナの聖域
マナの樹と聖剣が存在すると言われる聖域。この世界とは別の次元に存在し、普通の手段では辿り付くことはできない。中盤と終盤の二度訪れることになるほか、最終クラスにクラスチェンジするためにも訪れることになる。本作のラストダンジョンに当たる。
マナストーン
マナの女神が神獣を封印したマナの結晶体である8つの要石。古の魔法文明においては禁呪を使ってマナストーンのエネルギーを平和利用していたが、徐々に国々でエネルギーを奪い合う様になり、そこに付け込んだ闇の魔物達により世界大戦が起こったため、大戦終結の折に禁呪は封印された。更に禁呪そのものに呪いがかけられ、使用するには魂を代償にしなければならない。現在では禁呪の使用方法は失われ世界的な智者である光の司祭でも詳細は知らなかったが、黒幕勢力が各国を利用する形で提供している。
前述の世界大戦で闇のマナストーンのみ封印が解かれてしまい、闇の神獣ゼーブル・ファーにより世界が滅亡寸前まで荒廃したが、突如ゼーブル・ファーと闇の魔物達が姿を消してしまったため、作中では闇のマナストーンのみ現世より失われている。
世界各地のエネルギーポイントに存在し、それぞれが封印されている神獣の属性を併せ持つ。各国は領域内のマナストーンを厳重な管理下に置いている、現在、マナの枯渇から、「アルテナ」、「ビーストキングダム」、「ナバール」の3国によるマナストーンを巡る争いが始まっている。
条件を満たした状態で調べるとクラスチェンジが可能になるが、クラス3へのクラスチェンジは大魔導師グラン・クロワによって封印されており、特殊なアイテムが必要となる。
神獣
世界創造の前から存在し[3]、太古の時代、世界を危機に陥れた存在。現在はマナの女神によって8つの「マナストーン」に封じられている。それぞれの神獣はそれぞれの属性の災厄を体現した姿をしている[注 9]。全ての神獣が一つになった時、世界は滅びると言われている。

種族

獣人
狼の血が流れている半人半獣の種族。昼は人間に近い外見だが頭部や腕などはやや毛深く、手足の爪は長く尖っており、夜になると「人狼」へと変貌し、肉体が遥かに強靭となる。かつては世界中に居たが、人間の迫害により現在はファ・ザード大陸の「月夜の森」に隠れ住んでいる。人間を憎悪するものは「ビーストキングダム」に、人間を憎まない平和主義者達は「月明かりの都ミントス」で暮らしている。また褐色肌の者もいる。『TRIALS of MANA』ではケヴィンより、獣人は寒さには強いが暑さには弱い点が語られる。
ドワーフ
大地の裂け目にあるドワーフのトンネルに住む一族。土の精霊ノームを信仰している。獣の骨の様な仮面を被っており、東北弁に近い訛の口調が特徴。ツルハシ一本で岩壁を爆砕するなど凄まじい力を持った個体もいる。ドワーフのトンネルは光の屈折を利用した幻影によって隠されているため他種族との交流は皆無で、彼らから見て人間は珍しいという。人間を見て驚く者もいるが、人間嫌いというわけではない。
コロボックル
いわゆる小人の一族。人間嫌いのため、アストリアの西にあるラビの森の一角に村を形成し隠棲していたが、フェアリーが出現したために主人公たちに知恵を貸した。コロボックルは現在、この村にしか存在しない。また人間に取りついているフェアリーの姿が見える。
エルフ
「花畑の国ディオール」に住む、長い耳を持つ一族。異種族の中では最も長い寿命を持つ。人間[注 10]を嫌悪しており、接触を避けるように森の奥で生活している。
アンジェラのようにエルフでなくとも尖った耳を持つ人間もいる。
魔界の魔物
かつて人々がマナストーンのエネルギーを取り合っていた頃、それによって起こった戦乱に乗じて世界を我が物にせんとした闇の軍勢。統率者は魔王。美獣や邪眼の伯爵が該当する。

国・土地・街

草原の王国フォルセナ
広大な草原が広がる、温暖な気候の王国。ファ・ザード大陸北西部を領土にしている。国王はかつて竜帝を倒した英雄王リチャード。騎士道精神の溢れる国で白銀の騎士団や傭兵部隊が軍事力を担う。かつて友邦国だった魔法王国アルテナに狙われており、作中でも一度首都が攻撃を受けている。領内に「大地の裂け目」と呼ばれる巨大な谷があり、付近の地下鉱脈にはドワーフが住んでいる。最西部には土のマナストーンが安置されている「宝石の谷ドリアン」が存在する。
自由都市マイア
草原の王国フォルセナから「モールベア高原」、「大地の裂け目」、「黄金の街道」を通った先にある港町でフォルセナの領域に存在する。「城塞都市ジャド」への定期船が出ている。また、ボンボヤジの家もこの街にあり、マイア - フォルセナ間を大砲で移動できるキャノントラベルルートがある。
商業都市バイゼル
世界中から物資が集まる商業都市でフォルセナの領域に存在し、「自由都市マイア」とは「黄金の街道」で繋がっている。目玉としては、影の組織「商人ギルド(実際は町内会のオヤジの集まり)」が夜だけ開くブラックマーケット(闇市)があり、他では手に入らない品を売っている。また、「漁港パロ」行きの船が出ている。最初に訪れるタイミングでは「商人ギルド」が「魔法王国アルテナ」の侵攻を警戒しているため、入れない。
魔法王国アルテナ
北方のウィンテッド大陸西部一帯の寒冷地を領土とする魔法使いの王国。年中雪が降り積もる極寒の環境だが、理の女王ヴァルダの魔力によって国土全域で温暖な気候が保たれていた。近年のマナの大変動により、温暖な気候の維持もままならない状況に陥りつつある。領内のエルランドは雪に閉ざされてしまい、アルテナ首都も城下に氷と寒さが侵入を始め、更には零下の雪原ではモンスターが大量発生し、アルテナ首都では港町エルランドからの物資が中々届かない事態にもなっていた。魔法の力が消滅することによる国家の破滅を危惧して、紅蓮の魔導師を指揮官に、世界中のマナストーンの占領とマナの剣を理の女王に捧げての「魔法帝国」の建国を目指して、「草原の王国フォルセナ」に侵攻する。他にもビーストキングダム領内の「月読の塔」に兵士を派遣するなど積極的に軍を派遣している。領内の「零下の雪原」には水のマナストーンが安置されている「氷壁の迷宮」がある。
魔道空中要塞ギガンテスやマシンゴーレム等の魔道兵器の技術力長けており、これらの技術を侵略に用いている。
デュラン・アンジェラルートのみ中盤で入ることが可能となるが、マナの聖域から紅蓮の魔導師が帰還すると同時にアルテナ城内に軍の魔導師では太刀打ちできないレベルの魔法生物が大量に出現し、理の女王を城内に残したまま城が占領されてしまう事態となり、アルテナ国民は不安に覚えながらの生活を送ることになる。
雪の都エルランド
「魔法王国アルテナ」領内にある港町。かつてはアルテナ首都同様に温暖な気候が保たれていたが、マナの大変動により理の女王の魔力が及ばなくなってしまったため、街は極寒に閉ざされつつある。港も漂流する氷が集まり始めたため、閉鎖されている。
ビーストキングダム
ファ・ザード大陸西部に広がる常に夜が続く不思議な森「月夜の森」西部に存在する、獣人の王国。世界中から迫害されて集まった獣人達を獣人王が「人間への報復」を旗頭に纏めて建国した国で、人間に対する憎悪は深い。ただし、人間とのハーフであるケヴィンに対して敵意を向けてくる獣人はほとんどいない[注 11]ため、仲間意識は非常に高い。マナの大変動により、「ビーストキングダム」を訪れた死を喰らう男が獣人王と手を結んだことをきっかけに、「城塞都市ジャド」を経由しての人間族の心の拠り所である「聖都ウェンデル」への侵攻を開始するが、失敗する。領内に、月夜の森全体を夜に封印してしまっている月のマナストーンが安置されている「月読の塔」が存在する。
前述の侵攻により獣人たちは自信を持ち自立へと向けて歩き始めたが、若い獣人たちは「我こそが」と次の獣人王になることを目論むようになった。『TRIALS of MANA』では獣人王に対して挑戦的で、ケヴィンやルガーを見下す獣人が登場している。このため必ずしも一枚岩とは言えない。
月明かりの都ミントス
「月夜の森」東部にある獣人達の都市。ビーストキングダムとは違い、人間達との対立・復讐を望まない平和主義的な獣人達が生活しており、いずれ人間とも和解できると信じている。容姿はケヴィンと同じく耳が長く褐色肌。子供たちは人間に対して素直に好意を示している。アルテナが月のマナストーン解放を目的に軍を派遣したが、ミントス側が無抵抗を貫いたため、戦闘になる事も無く兵士達を素通りさせている。この街も「月のマナストーン」の影響下にあり、常に夜に包まれている。
聖都ウェンデル
ファ・ザード大陸中部にある光の司祭が治める宗教都市。永世中立都市の名を持ち、都市の中では敵も味方もいないとされる。高位聖職者として光の司祭の名が世界中で知られているため、世界中から様々な悩みを持つ者が救いを求めて聖都を訪れている。そのため、物語序盤に人々の精神的な支柱であると見做したビーストキングダムに侵攻され、光の司祭が禁呪を用いて侵攻からは守られるが、その禁呪の呪いにより司祭が倒れてからは訪れるものが少なくなり、急速に寂れていく。光のマナストーンが安置されている「光の古代遺跡」を守護するために、近隣地域であるこの場所に聖都が建てられた。
城塞都市ジャド
プロローグ後にシャルロット以外の各主人公達が集う街。名前の通りに城塞に都市全体が覆われている。ビーストキングダムが聖都ウェンデル侵攻の足がかりとするために制圧されていた。
湖畔の村アストリア
城塞都市ジャドから南にある「ラビの森」を越えた先にある村。世界最大の湖であるアストリア湖があり、その対岸には「聖都ウェンデル」がある。物語の序盤にビーストキングダムの獣人達に襲われて滅亡する。
灼熱の砂漠
ファ・ザード大陸南東部に位置する広大な砂漠地帯。所々に点在するオアシスに町村ができている。砂漠のどこかに義賊の集団「ナバール盗賊団」の要塞があり、時折町に出向いては悪徳の富豪から金品をせしめている。また、灼熱の砂漠の南部に一年中炎と爆発に包まれている「火炎の谷」があり、火のマナストーンが安置されている。かつては自然豊かな大地であったが、古代の世界大戦でマナエネルギーを奪い合った結果、土地が急速に枯れて砂漠化し、二度と戻らなかったという伝説がある。
砂の要塞ナバール
義賊集団ナバール盗賊団が根拠地としている要塞。ナバール盗賊団首領フレイムカーンが統治している。灼熱の砂漠北東部に位置しており、やや人里からは離れている。一介の盗賊組織でありながら国家に匹敵する規模を有しているためか、名前の通りに大規模な要塞化が施されている。しかし、近年は突如として盗賊団の解散を宣言し、砂漠を見捨てて、新天地にてナバール王国建国を目指すと称して「風の王国ローラント」への侵略を行う。しかし、首領フレイムカーンを始めとするナバール全体は美獣により正気を奪われて操られてしまい、ローラント占領中は既に正気を保てているのは死の首輪により呪法が効かないジェシカのみとなっていた。主人公たちやアマゾネス軍の活躍によりローラントを奪還されて、撤退した後は再びナバール要塞を本拠としているが、砂漠付近の商船や商隊に対する容赦のない略奪行為を繰り広げる。そのため、砂漠の民衆からの信頼を急速に失っている。
砂の都サルタン
灼熱の砂漠北西部にある港町。砂漠の入り口として賑わっていたが、ナバール盗賊団の暴走により港は寂れつつある。また、井戸水の減少や、気温の上昇にみまわれている。また、都市内ではナバール盗賊団の砂の要塞に悪魔が住み着いたと噂になっている。
オアシスの都ディーン
砂漠中央部にあるオアシスに存在する都市。生命線であるオアシスの湧き水が止まってしまっている。ここの武器防具屋は昼と夜でどちらかが寝ている。余談だがフラミーの表示では「オアシスのむら」と表示され、住民の自称でも「オアシスの村ディーン」とされている。
風の王国ローラント
ファ・ザード大陸北東部の山岳地帯ローラントに王城を構える王国。山頂である「天の頂」に住む「翼あるものの父」が乙女にしか心を許さないため、世界最強と謳われる女戦士「アマゾネス」の部隊が組織されている。山には常に風が吹き荒れており、曲者の侵入を阻む。世界一の山脈と風に守られたローラント城は難攻不落の要塞と讃えられている。しかし、ナバール盗賊団の強襲により王城は炎上、陥落し、ジョスター王は殺害され、王国は一時滅亡するが、本編序盤で主人公たちやアマゾネス軍による活躍で王国は奪還される。「天かける道」の途中に「風の回廊」と呼ばれる迷宮が存在し、風のマナストーンはこの迷宮内に設置されている。
漁港パロ
風の王国ローラント領内の港町。ローラント山のふもとに位置する。ナバール盗賊団に占領されており、活気が消え失せている。
火山島ブッカ
巨大な活火山が聳え立つ離島。名古屋弁の訛りが特徴であるダークプリーストの一族が幻獣「ブースカブー」を崇めながら暮らしている。
花畑の国ディオール
エルフの国。ウィンテッド大陸東部にあるランプ花と呼ばれる不思議な植物が生息する森にあり、普通の人間ではどうやっても立ち入ることができない。過去のリロイとシェーラの悲劇が二度と起こらないことを願い、人間界からは隔離されている。また、この森と「ワンダーの樹海」の境界線に木のマナストーンが設置されている。
幻惑のジャングル
世界の南西にある、立ち入った人間に幻を見せると言うジャングル。中には第二の世界大戦以前に栄え、竜帝に滅ぼされて滅亡した「古の都ペダン」の廃墟がある。ゲヴィンもしくはシャルロットを主人公に選択した場合、この地に闇のマナストーンが存在する。
古の都ペダン
幻惑のジャングルにある都市。かつては非常に高品質な武器・防具を産出して栄えたが、第二の世界大戦(竜帝大戦)でその装備の質の良さを危惧されて竜帝率いる竜一族に滅ぼされた過去を持つ。以後は何もないジャングルと廃墟が広がっていたが、マナの大変動によりこの場所が過去に繋がったことから現代に復活した。
各地のマナストーン消滅により訪れた当初は入れないが、ストーリーが終盤に差し掛かると再び過去に繋がり入れるようになる。住民達はあくまで竜帝に滅ぼされる前の12年前の時代を生きていた者達であり、当時の世界情勢の話を聞くことが出来る。
聖剣伝説 HEROES of MANA』では19年前のペダンが主軸として描かており、ペダン王国と呼ばれる。大陸とは隔絶した独自の文化を持つとされている。
ガラスの砂漠
世界の北西、魔法王国アルテナの西側に位置する大陸にあるガラスの砂漠。竜帝率いる竜一族が支配する大陸で、ドラゴンズホールに繋がっている。デュランもしくはアンジェラを主人公に選択した場合、この地に闇のマナストーンが存在する。
幻惑のジャングル
ペダンの近郊に広がる広大なジャングル。謎を解かない限り深部まで立ち入ることはできず、同じ道を延々歩かされる。ジャングルを抜けた先にはミラージュパレスが佇む。宮殿前では死を喰らう男が待ち構える。
暗闇の洞窟
ローラントの北部に位置する大陸にある洞窟。名の通り、非常に真っ暗。ダークキャッスルに繋がっており、奥で邪眼の伯爵が待ち受ける。ホークアイもしくはリースを主人公に選択した場合、この地に闇のマナストーンが存在する。
ドラゴンズホール
竜帝の本拠地。世界最北西の島に位置する「ガラスの砂漠」の奥地にある巨大な洞窟。入口では黒曜の騎士が、最深部では紅蓮の魔導師が待ち構える。ダンジョン名の通り、ドラゴン系のモンスターが多く出現する[注 12]
ミラージュパレス
仮面の道士の本拠地。世界最南西の島にある幻惑のジャングルの奥地に存在する暗い雰囲気の宮殿で、足を踏み入れた者に幻を見せる。最深部では堕ちた聖者が待ち構える。ここではアンデッド系のモンスターが多く出現する[注 13]
ペダンの住民によるとかつては幻惑のジャングルの奥地で栄えた宮殿との事だが、現在では幻惑のジャングル自体が侵入者を惑乱する難所であるため、誰も近付かなくなってしまった模様。
ダークキャッスル
黒の貴公子の本拠地。暗闇の洞窟を通りぬけると辿り着く。かつては光の城と呼ばれ、文字通り光り輝いていたが、現在では魔界の魔物が住む闇の城となっている。暗闇の洞窟の途中では邪眼の伯爵が、ダークキャッスルの最上階へ向かう途中の小部屋では美獣イザベラが待ち構え、ついに正体を現す。ここでは悪魔系のモンスターが多く出現する[注 14]
ラストダンジョンの中ではもっとも複雑に入り組んでいる。
アニスの禁域
『TRIALS of MANA』で追加されたダンジョン。大魔女アニスが最深部に潜む(TRIALS of MANA追加キャラクターの項目参照)。禁域の大部分は人々の記憶や深層意識を元に形成した幻影空間から成り、草原の国フォルセナ・砂の要塞ナバール・聖都ウェンデル・魔法王国アルテナ・風の王国ローラント・ビーストキングダムが荒れ果て、魔物が跋扈する仮想世界となって表される。

ジャド・ウェンデルは『2』と『LOM』以外の作品にも同じ名前の地名が出てくるが、本作との関連性はない。

登場人物

担当声優は、特筆がない限り『TRIALS of MANA』のものとする。ナレーション(TRIALS of MANA)は北原沙弥香が担当。

主人公

いずれも主人公に選んだか、パーティーメンバーに選ばなかったかで運命が変化する。

デュラン
声 - 江口拓也 / 吉岡茉祐(幼少期)
17歳・男性。身長175cm。体重70kg。草原の王国フォルセナに住む傭兵。気性が荒く負けず嫌いな性格。一方で誠実な面もあり、国と王に対する忠誠心は誰よりも強い。剣の腕もほかに並ぶ者がいないほどの実力者である。両親は亡く、今は妹のウェンディと伯母ステラとの3人暮らし。国王リチャードの戦友にして黄金の騎士と謳われたロキを父に持ち、父を心から誇りに思っている。
『TRIALS of MANA』では、「叩き斬ってやるぜ」が口癖となっており、どんな困難もいい修行になると前向きな言動を見せる。
フォルセナで年に1度開かれる武術大会若手部門にて優勝を果たし、王国一の剣士の座に輝いたが、その夜、突如フォルセナを襲撃した紅蓮の魔導師に惨敗。プライドを粉砕され、さらには王国を侮辱されたデュランは紅蓮の魔導師を倒す力を得るため、クラスチェンジの方法を求めて聖都ウェンデルを目指す。
 当初は力しか信じないと言い張り乱暴な振る舞いが見られたが、仲間との旅を通じて父のような騎士に相応しい成長を遂げた。また敵としか見ていなかった紅蓮の魔導師も決着をつけた際、その過去を知り、彼が自ら命を断とうとすると「生きるんだ!」と説得しようとした。しかし彼は自害して果て、その様を目の辺りにしたデュランは落胆。それでも竜帝と決着をつけるべく、剣を手に立ち上がり最後の戦いへと赴いた。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、アルテナがフォルセナ侵攻を企てていると聞き、紅蓮の魔導師を追うのをやめて故郷の防衛に専念してしまう。主人公がデュラン、アンジェラ以外でデュランがパーティーにいる場合、敵勢力に紅蓮の魔導師が倒された事で一度は目標を見失うが、彼を倒した者に勝つ事で紅蓮の魔導師よりも強くなった事を証明できると考え、再び立ち上がる。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく勇気のオーブを探すことに。英雄王に話を聞きに行くと武術大会への参加を勧められ、本戦にてブルーザーを打ち破り決勝戦への進出を果たす。最期の相手は、わずかな時間だけ復活を果たした黄金の騎士ロキであった。当惑するデュランだが、息子として、そして一人の剣士として黄金の騎士を超えるべく剣を交える。父親超えを果たしたことで名実ともに最強の剣士となり、英雄王から勇気のオーブを手渡されクラス4へと至った。
武器は剣で、光では盾が装備可能になり回復魔法も使えるようになる。闇では武器に属性を付与するセイバー魔法を覚える。
アンジェラ
声 - 大久保瑠美
19歳・女性。身長165cm。体重48kg。主要メンバーの中では最年長で、艶やかな色気を持つ美女。魔法王国アルテナの王女。王家の娘でありながら全く魔法が使えないことにコンプレックスを抱いている。自分を見てくれない母への反発や寂しさから、いつもいたずらをしては城内を騒がせ、教育係のホセやヴィクターを悩ませている。母の側近である紅蓮の魔導師から見下したような態度を取られているため嫌っている。基本的に勝気で自由奔放だが、仲間達との冒険を通じて精神的にも成長していく。年齢に反して大人げない言動が目立つが、その妖艶さを活かして相手を誘惑し罠にかけるなどの一面も持つ。
一人称は「私」、たまに「あたし」。『TRIALS of MANA』で追加された台詞では「私」に統一された。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、序盤のジャドの宿屋で眠っているのを確認できるくらいで主人公たちには絡んで来ない。主人公をデュランに選んでいる場合は、ドラゴンズホールをクリアするとアルテナ城内におり、話しかけると女王を救ってくれたデュランに好意を見せる。
『TRIALS of MANA』では、「日差しがキツくて美しい肌に染みができる」「ウェンデルはいいところだけど住むとなると退屈しそう」など環境に対する愚痴が多い。また疲れた時は宿屋でくつろぎ、主人公に情報収集を押し付けることも。
ある日、女王である母にマナストーンの力を開放するための生け贄になることを要求され、感情の高まりによって秘められた魔力が暴走し、城外へ転移することで難を逃れる。絶望の中、母に認められるだけの魔力を身につけるため、魔力を求めて旅立つことを決める。なお、父親の存在については不明[注 15]
パーティに男性メンバーがいる場合はエンディングで特別なイベントがあり、男性メンバーが2人いる場合は優先順位はデュラン>>ケヴィン>ホークアイで発生する。デュランのような男性が一番好みらしく、旅の途中のイベントもデュラン相手の場合だけ追加があり、好意を匂わせる掛け合いや台詞が所々にあるがデュランの方はアンジェラの好意にまるで気付いておらず、現時点では完全にアンジェラの片想いのようである[注 16]。ドラゴンズホールで紅蓮の魔導師と決着をつけた際は、彼に生きるように説得しようとしたが叶わず自害されてしまう。しかし、死の間際に感謝の言葉を告げられた。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく叡智のオーブを探すことに。理の女王によれば彼のオーブは王家に伝わる秘宝であり、現在は魔力を失っているため機能していないという。そこでアンジェラは、オーブに力を取り戻させるべく「女王の試練」に挑む。母でも乗り越えられなかった試練だが、成長したアンジェラに敵はなく、仲間たちが見守る中「もう一人の自分自身」を打ち破りオーブに魔力を取り戻させた[注 17]
武器は杖で、序盤から攻撃魔法を使える。光では上位の精霊攻撃魔法が強化され、闇では状態異常の追加効果がある攻撃魔法や古代魔法エインシャントを覚える。
『HEROES of MANA』終戦後に誕生。
ケヴィン
声 - 逢坂良太
15歳・男性。身長170cm。体重73kg。主要メンバーの中ではシャルロットと並んで最年少。やや幼さを感じさせる。ビーストキングダムの王子。純真で世間知らずで、早とちりしてしまう性格。厳格な父である獣人王と人間の母との間に生まれたハーフであり、城に馴染めず、母を追い出したという理由から父親との交流もほとんどない[注 18]。人間の世界に出たことが無いため世間知らずで、あまり流暢に言葉を話せない。母がいなくなってからは父である獣人王により冷徹な戦闘マシーンへと鍛え上げられて行く。しかし、仔狼のカールと出会ったことで優しさや思いやりの心を知り、月夜の森でカールと遊ぶのを楽しみとして暮らしていた。他の獣人達よりは昼間の体格も一回り小さく(夜に獣人化した際は他の獣人並みに体格も大きくなるが)、見た目はほぼ人間と変わらない。また他の獣人同様、常に裸足で歩いているが、クラスチェンジするとサンダルや靴を履く場合がある。
『TRIALS of MANA』では、何かにつけてお腹が空いたとハラペコアピールをするキャラクター性が追加された。フォルセナの料理は「どれも美味い」と言ってフォルセナの街を気に入っていたが、カニのような外見のボス・フルメタルハガーを見て食べたがったり、カボチャ頭の木の神獣・ミスポルムを見て「美味しそう」と発言するなど、食べ物らしきものにあまり見境はないようである。
また『TRIALS of MANA』では、雪が好きでエルランドの雪景色を見てはしゃぐなど、年齢相応の少年らしさを見せる。他の場面では、デュランがパーティーにいる場合、互いに剣技と武術の腕を認め合い、いつか手合わせをしようと話す場面があるなど、何かと気の合うように描かれる。嗅覚にも優れ、進むべき道が正しいかどうかや、強大な敵の気配をある程度匂いで感じ取る事が出来る(潮の香りがきつい所などでは嗅覚が利きづらくなるようだが)。
ある時、突如カールが凶暴化してケヴィンに襲いかかり、その際、自らの獣人の本能を抑えられずに獣人化し、カールを手にかけてしまう。カールの凶暴化が獣人王の策略だと知り激怒したケヴィンは、感情に任せて父に襲いかかったもののまったく歯が立たず、返り討ちに遭う。その後、死を喰らう男からカールを蘇らせる術の情報を得たケヴィンは、親友の蘇生を夢見て旅に出る。
エンディングでは父親の真意を知ったことで誤解が解け、今まで軽蔑していたのを改め獣人王を父として見直すようになる。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、序盤のジャドで獣人たちから逃げ隠れしている姿を見ることができる。月読みの塔でのルガー関連のイベントで登場するが、以後は物語には絡んで来ない。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく本能のオーブを探すことに。しかし本能のオーブは、代々の獣人の長が持つべきもの。所持者である獣人王はケヴィンを月読みの塔の最上階へと呼び出し、次代の長に相応しいか試すべく一騎討ちを挑む。死闘の末に父に膝を突かせ、ケヴィンは長として認められた。
武器はナックルや爪で、光のクラス3では木の魔法を、闇のクラス3では月の魔法を覚える。また、ケヴィンにのみシェイドの刻になると半獣化して攻撃力がアップする特性を持つ[注 19]
シャルロット
声 - 諸星すみれ
15歳・女性。身長132cm。体重30kg。主要メンバーの中ではケヴィンと並んで最年少。聖都ウェンデルの光の司祭の孫。エルフの血を引いているハーフエルフのため、成長が遅く、年齢に反して外見は非常に幼い。セリフは平仮名が多く、語尾に「でち」とつけることが多い。一人称は「シャルロット[注 20][注 21]」、たまに「あたち」。生意気で少々自分勝手な上に泣き虫だが、根は素直で純粋な性格。また、迷信深く幽霊が怖いなど臆病なところもある。主要メンバー中では精神的な年齢では上のほうで、意外なほど気は使える。
自分が慕う神官ヒースが、アストリアで目撃された謎の光の調査を要請されたことを知った彼女は、彼の助けになろうと密かに神殿を抜け出して後を追う。結果としてシャルロットの方がヒースに救われることとなったが、その直後、目の前でヒースが死を喰らう男にさらわれてしまう。ヒースを救うべく、祖父にことの次第を伝えにウェンデルに戻るところから、彼女の旅は始まる。仲間に選択されていない場合は、パーティが初めてウェンデルを発つ際にシャルロット自身が待ち伏せして同行を願い出てくるのだが、誰が主人公でも拒否されて同行は出来ない。
エンディングでは死んでしまったヒースがマナの女神により生き返らされ、再会を果たしてハッピーエンドとなる。ただしこのイベントを見るには彼女を仲間に加えている必要がある。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、主人公たちに同行を拒否された後、マイアからキャノントラベルでディオールを訪れ、妖精王から両親の死にまつわる事実を聞かされ、ショックのあまり飛び出して行方不明となる[注 22]
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく希望のオーブを探すことに。妖精王によればシャルロットの母シェーラは、オーブを媒介にした秘法によって人間となり、リロイと共に生命力をオーブに吸われ死期を早めたという。妖精王からその在り処を聞き、ワンダーの樹海にてオーブを手にするも、オーブに引き寄せられたアンデッドの群れと戦うことに。勝利すると同時にオーブに宿っていた両親の生命力が生前の形を取り、短い時間であるが家族の再会を果たした。
武器はフレイルで、序盤から回復魔法を使える。クラス2からは全体を回復できるようになり、光ではセイバー魔法と光の魔法やアンデッドを即死させる特殊攻撃を、闇では単体を攻撃する召喚魔法や闇の魔法を覚える。
ホークアイ
声 - 小野友樹
17歳・男性。身長178cm。体重68kg。ナバール盗賊団の一員。女好きでキザでロマンチストだが、冷静かつ友情に厚くユーモアも忘れない性格。天涯孤独の身だったがフレイムカーンに拾われてからは、彼の息子であるイーグルや娘のジェシカと共に実の子供のように育てられた[注 23]。盗みの技術に関しては、ナバールにおいても1・2位を争うほどの腕前を持つ。女性キャラクターの中でも特にリースとの掛け合いが多い[注 24]。主人公6人が並ぶイメージイラストでもリースと肩を組んでいるものがある。
幽霊船のイベントでは呪いを掛けられた際、「死にたくねえよ!!」と連呼して情けない様を見せたのでフェアリーに呆れられた。
『TRIALS of MANA』では、デュランとケヴィンのスポ魂なノリに「理解しがたい」「暑苦しい」と苦笑したり、戦闘では一転してクールな言動を見せるようになった。街中では「美人からの情報収集は得意だ」と言ってナンパまがいのことをしたり、ステラがデュランの叔母だと知らずに見惚れて目で追っていたようである。
ある日、フレイムカーンが突如として他国への侵略と王国の建国を宣言する。その豹変ぶりを不審に思ったホークアイとイーグルは、原因がイザベラにあると疑いをかけ、調査を始める。しかし、イザベラの悪事を知ったことでイーグルは殺され、ホークアイはその濡れ衣を着せられて投獄、さらにジェシカには呪いをかけられてしまった。弟分のニキータの助けで脱獄に成功したホークアイは、ニキータから「光の司祭なら知恵を貸してくれるかも」との情報を得る。イーグルの仇討ちとジェシカを救うため、彼は逃亡者として旅立つこととなる。
ケヴィン同様、1回のコマンド入力で2回攻撃を繰り出すことができる。各種状態異常スキルに秀でており、宝箱のトラップを解除できる運が一番高い。
彼がパーティにいる場合、終盤で美獣イザベラを打ち倒した後、親友の仇を討ったことを告げるシーンが追加される。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、ローラント城奪還戦の道中に登場。パーティーにリースがいる場合は、彼女の頬にキスをして立ち去っていく。火炎の谷のイベント終了後、呪いの影響で衰弱していたジェシカの看病のため美獣を追うのをやめてしまう。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく信頼のオーブを探すことに。ナバール要塞に保管されていたが、イザベラ(美獣)を警戒したイーグルによってすべての財宝は火炎の谷の隠し部屋へと移されていた。オーブを守護していたトラップモンスターを倒し、信頼のオーブを手にする。その時、オーブに宿っていたイーグルの想いが映し出され、「この財宝で盗賊稼業から足を洗い、ジェシカと幸せになってほしい」と告げられる(但し、実際には血縁関係にあるジェシカと結ばれる事はできない)。悩んだ末にホークアイは判断をジェシカに委ねたが、彼女は兄が愛したナバールを守っていく道を選んだ。
髪の毛は、本来ならば銀髪の設定だったが、結城に原案がまわってきた時に紫に変色していたため、今の形に落ち着いた。
武器は短剣で、光では木と月の魔法や単体を攻撃するトラップ・飛び道具を、闇では能力をダウンさせる忍術や状態異常の追加効果がある反則技を覚える。
『HEROES of MANA』ではフレイムカーンの孫であることが判明。母親であるファルコン(イーグル、ジェシカの異母姉)も登場している。この関係上、ホークアイからすればイーグルとジェシカは叔父叔母となる。ただしフレイムカーン以外の関係者は、全員がその事を知らない。
リース
声 - 小松未可子
16歳・女性。身長167cm。体重54kg。風の王国ローラントの王女。槍の使い手で王国のアマゾネス軍のリーダーを務める。まだ少女特有のあどけなさを残すものの、幼い頃に母を亡くし、常に弟のエリオットの面倒を見てきており、年齢の割に落ち着いた性格で大人びている。生真面目で礼儀正しく、優しい性格ながら勇敢で、頑固で融通が利かないところもある。仲間に対しては敬語で接するが、普通の少女らしい言葉もたびたび使っている。ロングの髪は彼女の大きな特徴で、背中の下まで届く長さをリボンで縛っている。そのリボンは亡くなった母親の形見である。主要メンバーの中で兄弟姉妹がいるのはデュランとリースのみ。
『TRIALS of MANA』で追加された台詞では敬語を多く使うようになった。
ある日、ナバール盗賊団にエリオットを利用されたことで国を守護していた風が止まり、ローラントは突然の侵略を受けてしまう。その結果王城は陥落し、国王である父ジョスターは戦死し、さらにエリオットが拉致されてしまった。辛うじて生き残ったリースは、死の間際に父が遺した言葉を胸に国家再興と弟の救出を決意し、廃城と化した故郷を後に1人旅立つ。
ホークアイ同様、美獣イザベラを倒した後には両親の仇を討ったことを報告するシーンがある。『TRIALS of MANA』では、エリオットを買い取った邪眼の伯爵にも強い怒りを抱いている。ホークアイとは出会った当初、所属先が敵味方という複雑な立ち位置だが、彼の人柄を知ってから想いを寄せることになる。
パーティーメンバーに選ばなかった場合は、序盤のパロ~ローラント奪還戦までのイベントに登場。ローラント城を取り戻すべく乗り込むもビルとベンに敗北し戦闘不能となる。主人公たちに助けられた後は、美獣との決着を託す。ここでパーティーにホークアイがいる場合は、命を賭けてでも美獣を倒すと無謀な言動を取ったリースをしかりつける。奪還後はエリオットを探すべく主人公たちと別れてしまい、以後は登場しなくなる。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、大魔女アニスを倒すためクラス4へと至るべく慈愛のオーブを探すことに。亡き父と母が儀式を行ったという眠りの花畑へと赴き、オーブの守護者を撃退。その時、ジョスターとミネルバの幻影が現れ、すべての重荷を娘に預けてしまったことを詫びられるが、家族の愛に支えられた彼女が泣き崩れることはなく、決意を新たに戦いへと赴く。
武器は槍で、光では味方の能力アップを、闇では敵の能力をダウンさせる支援魔法を覚える。また、クラス3では全体を攻撃する召喚魔法を使えるようになる。

マナの聖域

フェアリー
声 - 内田真礼
マナの女神に仕える妖精にして精霊。世界の危機に勇者を導くのが役目。今回は四度目の世界の危機。世界の危機を光の司祭に伝えるために複数で地上に現れるが、ウェンデルへ向かう途中で持てるマナのほとんどを使い果たし、仲間達は次々と離脱。力をもらって地上に降り立つ頃には最後の1人になってしまい、居合わせた主人公に、自身の消耗を防ぐ目的でとりついて行動を共にする。
可憐な少女を小さくしたような姿をしており、聡明かつ明るく思いやりのある優しい性格で、どんな逆境でもパーティを励ますことを忘れない。また、様々な分野に対する知識も豊富で、しばしば冒険に行き詰まった際の道標ともなる。本作の狂言回し的役割を担うキャラ[注 25]。ラスボス戦直前に無謀な特攻を行ったことで倒れてしまうが、絶大な力を手に入れたラスボスに対し主人公たちが持つ「希望」というマナの剣の存在を説くなど、最後まで主人公たちを信じ抜いた。ラスボス戦後には新たなマナの女神として生まれ変わる。そしてマナを循環させるためマナの樹となって1000年の眠りについた。
フェアリーに取りつかれた人間は運命が不確かなものになってしまい、本来の人生とは異なる道を歩むことになる。このためフォルセナの占い師は、主人公の運命を見ることができなかった。
マナの女神
声 - 北原沙弥香
黄金の杖を用いて世界を生み出したとされる造物主。神獣の出現によって世界崩壊の危機が訪れた時は、自らマナの剣を手に戦い神獣をマナストーンに封印した。その後、マナストーンの力を巡る人間たちの争いに闇の魔物たちがつけ込み、闇の力が増大したことで闇の神獣ゼーブル・ファーが復活。世界に二度目の危機が訪れる。この時は魔界という異世界を築き、そこにゼーブル・ファー諸共闇の魔物たちを追放することで対処した。
現在はマナの樹の中で眠りについており、マナの剣が引き抜かれることで目覚める。一度だけ主人公の前に姿を見せるが、これは幻影であり、既にマナの減少によって女神の存在も消えかけており、願いを叶える力はないという。
終盤では八神獣の力を得た邪悪な者に対し行動を阻害しようとしたが、逆鱗に触れたためマナの樹ごと滅ぼされてしまう。

草原の王国フォルセナ

英雄王 / リチャード
声 - 大塚明夫
53歳。草原の王国フォルセナの王。デュランの父であるロキやフェアリー[注 26]と共に竜帝と戦った。理の女王とは旧知の仲。ゲーム中では彼のみ理の女王を「ヴァルダ」と名前で呼ぶ。かつて竜帝を打ち倒したことからその名は世界中に轟いている。
マナストーンに関する知識に詳しく、物語の序盤から中盤にかけては彼からマナストーンの所在地を教えてもらい、精霊を探すのが目的となる。
フォルセナがアルテナの紅蓮の魔導師の攻撃を受けた際には血気に逸る騎士たちを抑えた上で、アルテナの国内情勢を探るなど冷静な指導者で、アルテナの再攻撃の際には紅蓮の魔導師に殺害されそうになるが、主人公によって難を逃れる。その後は主人公たちが動きやすいようにアルテナを始めとする各国を水面下で抑えようと精力的に動き、サポートしてくれる。
ロキの息子であるデュランを気に掛けており、プライドが高すぎるため心配もしていた模様。また、アンジェラを連れていると彼女がヴァルダの娘であることにショックを受ける場面があるが、これはかつてヴァルダとは恋仲であった為で、リチャード自身はヴァルダの妊娠の事も知らなかったためであり、アンジェラが自身の娘であることも知らない。
ウェンディ
声 - 春野杏
デュランの妹。幼いわりにしっかり者。紅蓮の魔導師に敗北して自暴自棄になっていたデュラン[注 27]を叱咤した。彼をとても慕っている[注 28]。12年前の竜帝大戦時には赤子であった。
ステラ
声 - 小島幸子
デュランの母方の伯母。妹のシモーヌが病死してからはデュランとウェンディの面倒を見ている。デュランが旅立つことも見透かしており、ロキの形見のブロンズソードを持たせた。デュランのよき理解者。
シモーヌ
声 - 竹内恵美子
デュランとウェンディの母親。命に関わるほどの病魔に侵されていたが、竜帝退治に出かけるロキを心配させたくないからと隠していた。しかし、それが原因で治癒不可能になるほど取り返しのつかない状態にまで悪化させてしまったために、姉のステラに幼いデュランとウェンディを託して息を引き取る。
黄金の騎士ロキ
声 - 森田了介
デュランの父。剣術大会でリチャード王子を破ったフォルセナの剣士。12年前、リチャード、フェアリーと共に竜帝と戦い、リチャードを庇って相討ちとなり、竜帝と共に底知れぬ谷底へと落ちていった[注 29]。今でも彼の名は騎士道精神の誉としてフォルセナでは深く尊敬されている。
その後、密かに復活した竜帝から闇の魔力を注入され操り人形として復活。呪いによって心まで暗黒に塗り潰され、こうして彼は「黒曜の騎士」となった。
『TRIALS of MANA』にて追加された新エピソードでは、一つの魂として一時的に実体を得、英雄王に事情を話して武術大会を開催してもらい、決勝戦にて息子と剣を交える。竜帝の操り人形だった頃とは比べ物にならない剣技を披露する。「大地噴出剣」や「閃光剣」などを使用するが、グラフィックやモーションはすべてロキ固有のものである。
ボン・ジュール
声 - 三宅健太
ボン・ボヤジの弟。フォルセナに住み、関西弁を喋る。彼の大砲でフォルセナ - マイア間を飛ぶことができる。
ブルーザー
声 - 金光宣明
物語冒頭の武術大会決勝戦でデュランに敗れた剣士。中途半端に実力があるためか尊大であり、勝負の最中に凶器攻撃を仕掛けるなど卑怯な手も使う。反面努力家でもあり、自分を破ったデュランを宿敵と見て腕を磨き続けていた。
『TRIALS of MANA』では、パーティーにデュランがいる時に話しかけるとイベントが発生する、また新エピソードでは、再び開かれた武術大会にてデュランと戦うことに。腕を上げたことを誇るも二度目の敗北を喫し、より修行を積んで今度こそデュランを倒すと誓う。

魔法王国アルテナ

理の女王(ことわりのじょうおう)/ ヴァルダ
声 - 明坂聡美
41歳。魔法王国アルテナの女王であり、アンジェラの母。極寒の地であるアルテナの気候を自らの魔力で温暖に保っている。
アンジェラが幼少の頃から女王としての立場と態度で接しており、甘えさせることもなければ叱ることもなかった。
娘が19歳になった時、「魔法を使えないお前は王家の恥」と無能者の落印を押し、マナストーンの封印を解くための生け贄にしようとする。しかし、これらの非情な行為は、紅蓮の魔導師に心を操られていたことが原因であった。本来は心優しい母親であり、アンジェラのイタズラが魔法を使えないことによるコンプレックスであると見抜いていた。操られる前は魔法を全く使えないアンジェラのために、毎日マナの女神に祈っていた。
主人公がデュランかアンジェラの場合は、紅蓮の魔導師によって囚われ、主人公からマナの剣を奪うための人質にされてしまう。用済みとなった後は紅蓮の魔導師によってドラゴンズホールへ拉致され、竜帝が完全復活を果たした時の生贄にされそうになる。助け出された後は本来の自分を取り戻し、女王としての職務を全うする。
主人公がデュランかアンジェラ以外の場合は、竜帝たちが敵対勢力に敗れたため拉致されることなく城内にとどまっている。洗脳から解放されたものの影響は残っており、記憶が混濁している。そのためかアンジェラを子供扱いしており、母親としての優しい面が強く出ていた。
主人公がアンジェラではなく仲間としている場合は、帰って来た娘と久しぶりの対面を果たし、魔法が使えないアンジェラのために毎日マナの女神に祈っていたことを告げる。アンジェラからこれまでの事情を聞き、操られていたとはいえ我が子を殺そうとしたことを恥じた。
かつては英雄王リチャードと親交があり、アンジェラは彼との間に生まれた娘である。しかし英雄王は、アンジェラの存在はおろかヴァルダが身ごもっていたことすら知らなかった。
紅蓮の魔導師
理の女王の右腕にしてアルテナの指揮官。
ホセ
声 - 武虎
アルテナの魔術師に魔法を教える教育係。かつては「アルテナにその人あり」と謳われた程の大魔法使いで、その武勇伝をアンジェラによく聞かせていた。魔法が使えなかった頃の紅蓮の魔導師にも指導したことがある。
アンジェラが未だに魔法が使えないのは格好ばかりを気にして「心」が伴っていないからと助言している。主人公がデュランかアンジェラで、かつアンジェラがパーティにいる場合、成長したアンジェラを見てヴィクターと共に喜ぶ場面がある。
ヴィクター
声 - 内匠靖明
アンジェラの生活指導役を務める青年。ホセの愚痴を聞かされる役も務める苦労多き人物。パーティーにアンジェラがいる時に話しかけると、アンジェラの成長に感激しながらより美しくなったと大はしゃぎする。

ビーストキングダム

獣人王 / ガウザー[注 30]
声 - 三宅健太
43歳。ビーストキングダムの王で、ケヴィンの父親。ケヴィンを一撃で王城から月夜の森までふっ飛ばすほどの剛力の持ち主。人間に虐げられて鬱屈する獣人たちを憂い、打倒人間をスローガンに掲げて一代でビーストキングダムを建国。人間に敵意を持つ獣人達が瞬く間に集結し、一大勢力を築く。しかし、ビーストキングダムの建国や聖都ウェンデルの侵攻は、人間に虐げられて卑屈になっていた獣人達に自信をつけさせるための題目に過ぎず、人間への復讐やマナの剣を巡る各国の争いには、まったく興味を抱いていない。ケヴィンには母親は幼いケヴィンを置いていなくなったと言っているが、実際は病による死別であり、憎しみや怒りは力を引き出すのに利用できるという考えから、ケヴィンの憎しみを自分に向けるためにあえて嘘をついていた。しかし、本人は本当の強さとは憎しみを克服した先にあると信じており、同時に心の弱者を許容しない芯の強い人物。
その力を見込んだ死を喰らう男によって利用されたものの、獣人王は死を喰らう男の背後にいる存在に気づいており、逆に死を喰らう男をコキ使っていた。死を喰らう男がマナの剣を主人公たちから奪おうとした時もその場にいたが、くだらん猿芝居として見放し協力を断ってしまった。
一代で獣人達を纏め上げた王であるため、ルガーを始めとするビーストキングダムの獣人達からは深く尊敬されている。しかし前述の侵攻によって若い獣人たちが増長してしまい、獣人王に対して挑戦的な者が現れることとなってしまった。
ケヴィンかシャルロットを主人公に選び、かつパーティーにケヴィンがいる状態でビーストキングダムにいる獣人王に話しかけると隠しイベントが発生する。カールの仇として獣人王に挑もうとするケヴィンだが、実はカールは死を喰らう男の幻術で仮死状態になっていたに過ぎず、埋められたところを獣人王が掘り起こしていた。これらはすべて思い込んだら一直線の息子の性格を利用した芝居であり、ケヴィンに自立を促すために働いた行為だったと告白する。そして誤解を解いた息子に対し、死を喰らう男の背後にいる黒幕を倒してやるべきことをやり遂げるように背中を押した。このイベントを発生させずにケヴィンを仲間にした状態でゲームクリアをすると、エンディングでこのイベントが流れることになる。事前にこのイベントを発生させた場合はエンディング内容が変化し、ケヴィンに対し仲間たちと共に生き、人間と獣人の懸け橋になってほしいという本心を明かす。その時に見せた笑顔は、紛れもなく息子の成長を喜ぶ父親のものであった。
ケヴィンを強く鍛えた上で、自身の後継者にと強く望んでいるが、リメイク版では獣人兵達には最も強い者を次代の獣人王にする事を宣言している。
リメイク版ではエンディング後の追加エピソードでケヴィンと一騎討ちを繰り広げる。敗北した際は「これがワシの真の力だと思うな」と負け惜しみを言ったものの、息子の成長を認め、獣人の長の証である本能のオーブを託した。
死を喰らう男
獣人王に取り入り人間との戦いを手助けする謎の男。
ルガー
声 - 内野孝聡 / 木野日菜(赤ん坊)
ビーストキングダムの獣人の中でも、特に優れた戦闘能力を誇る男で人間討伐隊隊長を務めている。ボスとして登場。獣人王の力に憧れており、実力で隊長に選ばれたことを誇りとしている反面、獣人王に鍛えられながらも戦いを嫌うケヴィンに羨望と嫉妬を抱いている。獣人王に師事したいという想いを持っているが、一介の獣人では叶わぬ夢とケヴィンに対し劣等感も抱く。結果、ケヴィンが獣人王の指導を無駄にしたと感じ、憎しみを覚えており、ケヴィンと戦い自分の実力を証明する事を望んでいる。序盤からジャドを占拠したり主人公達を捕らえたりと積極的に行動する。
月読の塔でルナの力を求める主人公達に戦いを挑み敗北。ケヴィンに対する嫉妬と羨望を告げるが、「ルガーの方が獣人王の後継者に相応しい」と励まされ、その優しさに感謝の言葉を述べた。生まれ変わったらケヴィンに完全勝利してみせると告げ、死を待つばかりの状態となったが、ケヴィンの願いによりルナの力によって赤ん坊として転生する。
エンディングではケヴィンから格闘技の手解きを受けている姿が見られる。
カール
ケヴィンの友達の仔オオカミ。両親がいないこともあり、ケヴィンとは固い友情で結ばれている。死を喰らう男の力により凶暴化してケヴィンに襲い掛かり、獣人化したケヴィンに倒される。ケヴィンはカールが死んだものと思っていた[注 31]
フレディ
声 - 金光宣明
ビーストキングダムに所属する獣人。ウェンデル侵攻中のビースト軍本隊には同行せずに占領中の城塞都市ジャドに残留し、滝の洞窟で捕らえた主人公達を監視していたが、3人目の仲間(シャルロットを3人目の仲間に選択した場合は、選択しなかった仲間キャラのうちデュラン>アンジェラ>ホークアイの順で選出される)によって嵌められてしまい、牢屋に閉じ込められてしまう。
デュランの場合は「獣臭い」と挑発され激昂して飛び掛かったのを軽くいなされて閉じ込められる、アンジェラの場合は色仕掛けに騙されて閉じ込められる。ホークアイの場合は鍵を自力で明けられた上に鍵の掛け方を教授すると騙されて閉じ込められる。リースの場合は奥から穴を掘る音が聞こえると騙され不用意に牢屋の奥に入り込んだ際に閉じ込められる。ケヴィンの場合は「獣人王の後継者を牢屋に居れた事を王に伝える」と脅迫されて、ケヴィンに飽くまでルガーの指示に従ったに過ぎないことを告げながら釈放したところを殴り倒され閉じ込められてしまう。
名前はケヴィンのパターンのみで判明する。

聖都ウェンデル

光の司祭
声 - 西村知道
87歳。シャルロットの祖父。息子の死後、孫のシャルロットをエルフの村から引き取った。息子リロイとエルフのシェーラによる『人間とエルフの禁断の恋』の際には結婚に反対したため、二人がディオールへ駆け落ちするきっかけを作ってしまった。息子夫婦の愛を認めてやれなかったことを今も深く悔み、自分を責め続けている。その償いの意味も込めてシャルロットを引き取り、惜しみない愛情を注いできた。
常に信仰を怠らない聖者で、温和で生真面目な性格。また、知者としても世界中に名を知られており、主人公の大半も彼に救いを求めて訪ねることになる。
序盤でビーストキングダムの襲撃からウェンデルを護るべく結界を張っていた[注 32]。より強力な結界を張った際に、禁呪とされている古代魔法を使用し、その呪いである不治の病に侵されてしまう。しかしヒースが禁じられた呪法を行使することにより病は治り、代償にヒースは命を落としてしまう。
ヒース
声 - 山下大輝
シャルロットと仲の良いウェンデルの神官。心優しい性格とは裏腹に強力なホーリーボールの使い手。アストリアで起きた異変を調査している最中、死を喰らう男に拉致され、闇に心を染められて「堕ちた聖者」となる。シャルロットかケヴィンを主人公に選択し、かつシャルロットがパーティにいる場合、彼が後に仮面の道士となるウェンデルの闇の司祭・ベルガーの息子であることが明らかになる。
上述のように光の司祭を助けるために禁呪を用いて命を落としてしまうが、シャルロットがパーティーにいる場合はマナの女神からフェアリーだった頃の命を授かり復活を果たす[注 33]
ミック
声 - 木野日菜
シャルロットの子分的な立場の少年。ヒースの後を追おうとするシャルロットのために、バネクジャコを持ち出してシャルロットが神殿を抜け出す手助けをした。しかし失敗したため「おれしらねえ!」と見なかったことにして逃げ出してしまった。

砂の要塞ナバール

フレイムカーン
声 - 栗津貴嗣
55歳。義賊の集団、砂漠の嵐ナバール盗賊団の首領。税と称して貧しい民衆から金銭を巻き上げる王制を嫌って、義賊であることを誇りに思っている人物であったが、イザベラに操られてナバール盗賊団を掌握される。その後のニキータの回想シーンで、牢屋に投獄されている姿が確認できる。イーグルとジェシカの父親。ホークアイは孫でありいずれも親族関係になる。
リメイク版では追加イベントでナバールを訪れた際には寝室で休養しており、自身とナバールを利用した美獣に憤っている。
イザベラ
フレイムカーンに取り入りナバールに君臨する美女。
イーグル
声 - 伊東健人
フレイムカーンの息子であり、ホークアイの親友。ジェシカは妹。父の豹変にイザベラの影を感じて調査するが、逆にイザベラに操られてホークアイに襲いかかる。ホークアイとのバトルの末、最終的にはホークアイのみね打ちで正気には戻るが、その後弱ったところをイザベラの炎弾をくらい殺害される。ホークアイの歳の近い叔父に当たることが判明し、親族であることが明らかとなった。
リメイク版では父の豹変を確認する前にナバール内の財宝を火炎の谷に隠しており、もし自らに何かあった場合はジェシカをホークアイに託すつもりだった模様。遺言とも言うべきメッセージにはこの財宝でホークアイとジェシカがナバール盗賊団を抜けた上で幸福になってほしいと残しており、ホークアイの出生に関しては知らなかったと思われる。
ジェシカ
声 - 西田望見
フレイムカーンの娘で、イーグルの妹。ホークアイとイーグルに悪事を知られたイザベラにより、呪いのアイテム「死の首輪」をつけられている。その後、火のマナストーン解放の媒介にされかけたが、ホークアイ達に助けられる。二つの呪いを一度に掛けることはできないため死の首輪は外されていた。
『HOM』では、ホークアイの歳の近い叔母に当たることが判明し、親族関係にあることが明らかになった。
リメイク版の追加イベントでは本調子ではないが、ナバールに復帰するほどに回復。イーグルが遺言でホークアイと共にナバールを抜けて市井の幸せを得ることを望んでいると知った上で、ホークアイと共に兄が愛したナバール盗賊団を守ることを選択する。
ニキータ
声 - 新谷真弓
商人の一族であるネコ族を飛び出して盗賊になった。ホークアイをアニキと慕う。ネコ族には遠い親戚のチキチータ、昔の恋人のジョセフィーヌがいる。仲間殺しの罪で牢屋に入れられたホークアイを助け、ホークアイもジェシカを彼に託して旅立つことになる。しかし、ナバールがローラント領を完全制圧した事には完全に操られてしまっており、ホークアイを認識できない状態に陥ってしまう。ナバールのローラント撤退後は正気に戻り、ホークアイとパーティにナバールが美獣に完全掌握されてしまい、フレイムカーンやジェシカが地下牢に入れられてしまった事を語る。ホークアイがパーティにいる場合はローラント城に匿われるが、いない場合は彼と行動を共にする。[注 34]
ビル
声 - 栗津貴嗣
ベン
声 - 内野孝聡
ナバール忍者軍のニンジャマスターの2人組。ボスとして登場。「手裏剣」や奥義「影潜り」を駆使し、後に忍法『合』『邪神合体』で合体し文字通り一心同体になって戦う。美獣に操られているため、かつての仲間であったホークアイを相手にしても何ら感情を示さなかった。2度に渡って主人公らの行く手を阻んで敗北した後、美獣によって魂を火のマナストーン解放の生贄に利用される。名前の由来は『きかんしゃトーマス』に登場する双子のタンク機関車から[要出典]

風の王国ローラント

ジョスター
声 - 内野孝聡
47歳。山岳地帯にある風の王国ローラント建国の王にしてリースの父[4]。王妃を庇って受けた傷により盲目であるが、世界を見渡すといわれ勘が鋭い。ナバール盗賊団の襲撃により非業の死を遂げる。父を守れなかったことはリースの心に深い影を落とすことになる。
『HEROES of MANA』終戦後ジョスターが神託を受けローラントを建国。その後フラミーを庇い失明。
エリオット
声 - 青山吉能
ローラントの王子。リースの弟。誕生と共に王妃ミネルバを亡くし、母の顔も知らずに育った。
年齢は不明だが母親の死亡時のイベントからリースとは10歳近く離れていることが見て取れる。文武両道な姉にコンプレックスを抱いていたらしく、そこをビルとベンにつけ込まれてしまう。ナバール忍者軍にさらわれ、バイゼルの奴隷商人に売られた後に邪眼の伯爵に買われた。黒の貴公子の次の体に選ばれる[注 35]
ライザ
声 - 吉岡茉祐
ローラントのアマゾネスの副隊長。ローラント陥落後は漁港パロの酒場でウェイトレスになりすまして偵察を行いつつ、リースに代わってアマゾネスの生き残りをまとめている。
『TRIALS of MANA』では他のアマゾネスとは違い、セクシーな衣装で登場。
アルマ
声 - 竹内恵美子
リース、エリオットの乳母。
グラフィックは老婆の姿だが、『HEROES of MANA』によって『3』の時点で若いことが判明。かつてはローラントでも高い実力を持ったワルキューレであり、ジョスターに恋い焦がれていた。しかしミネルバの存在により身を引いていた。本作ではリースのOPで1度エリオットの居所を訪ねるという程度の扱いだったが、『HEROES of MANA』で一躍スターダムにのぼりつめた。
『TRIALS of MANA』では眠そうな目をした中年女性として描かれている。
じい
声 - 栗津貴嗣
子守役。作戦会議で、ローラント城奪還のため賢者ドン・ペリの知恵を借りることを提案した。
メルシー
ボン・ボヤジの従妹であり、彼女の大砲でローラント-バイゼル間を飛ぶ。格好からしてアマゾネスの一員であることが伺える。
ミネルバ
声 - 西田望見
リース、エリオットの実母。エリオットを産み落とし帰らぬ人となった。形見のリボンをリースが常時身に着けている。

花畑の国ディオール

妖精王
声 - 永野善一
花畑の国ディオールの統治者でエルフ達の国王。シャルロットの母方の祖父。シャルロットの両親であるリロイとシェーラの「人間とエルフの禁断の恋」に関しては双方の命を大きく削ることから光の司祭と共に婚姻に反対し、彼らがディオールに駆け落ちした際には説得を試みようと考えたが、とても幸せそうに暮らす二人の姿を見て諦めた経緯を持つ。シャルロットが誕生と同時に二人が死去した時は、光の司祭にシャルロットを託し、二度とこのような悲劇が起こらないことを願ってディオールを人間界から隔離した。その際に生まれたシャルロットを今でも気にかけている。
リロイ
声 - 近藤隆
光の司祭の息子であり、シャルロットの実父。光の司祭と妖精王からは呪法により命が削られてしまうことから結婚を猛反対されたが、「命よりも大事なものがある」としてディオールに駆け落ちし、結婚した。しかし、シェーラの人間に変身する呪法の後遺症を受けて、シャルロットが誕生すると間もなく他界した。ディオールの入口には彼とシェーラの墓がある。
リメイク版の追加エピソードでは、呪法の触媒として用いた「希望のオーブ」に生命力を吸われて死亡したことが判明した。シャルロットの手にオーブが渡った時、残された生命力がリロイの姿を象って現れ、わずかな時間だけ娘との再会を果たした。
シェーラ
声 - 北原沙弥香
エルフの女性で妖精王の娘、シャルロットの実母。人間のリロイに恋するが、寿命の違いから父に反対されたため禁断の呪法を使い人間の姿になることで結ばれた。しかし、夫と共に呪法の後遺症を受け、シャルロット誕生と同時に他界。しかし、彼女も夫も決して後悔だけはしなかった。
リメイク版の追加エピソードでは、秘法の触媒として用いた「希望のオーブ」に生命力を吸われて死亡したことが判明した。シャルロットの手にオーブが渡った時、残された生命力がシェーラの姿を象って現れ、わずかな時間だけ娘との再会を果たした。

精霊

すべて前作と同名ながら、ほとんどが礼儀正しく丁寧な性格の者だった前作とはまったく異なり、個性豊かになっている。

ノーム
声 - 金光宣明
地を司る精霊。呑気なおじさんのような性格で、女の子に弱く、よく笑っている。
ウンディーネ
声 - 菅沼千紗
水を司る精霊。人情話に弱く、方言(関西弁)で喋る。
サラマンダー
声 - 永野善一
火を司る精霊。自らの属性を表すような熱く荒々しい性格。
ジン
声 - 伊東健人
風を司る精霊。語尾に「ダスー」と付けて喋る、のんびりした性格。主人公たちをご主人様と呼ぶ。
ドリアード
声 - 木野日菜
木を司る精霊。気弱で自信なさげだが、秘められたマナの力は8精霊中最も強い。
ルナ
声 - 西田望見
月を司る精霊。穏やかな女性のような物腰で、花が好き。
ウィル・オ・ウィスプ
声 - 小島幸子
光を司る精霊。最初に仲間になる。語尾に「ッス」と付けるのが口癖。
シェイド
声 - 伊東健人
闇を司る精霊。精霊の中では寡黙で抑揚がなく、静かな貫禄を漂わせている。

邪悪なる者たち

本作の主な敵となる三つの敵対組織。選択した主人公と因縁のある組織が最終的な敵となり、残りの二つの組織は敗北して退場してしまう。 いずれもマナの剣を手中に収め、神獣の力を得ることで世界の実権を握ろうとしている。

ドラゴンズホール

ドラゴンの皇帝である竜帝を指導者とする者たち。圧倒的な力で世界の支配を握ろうと目論む。主人公にデュランかアンジェラを選択した場合、最終的な敵対勢力となる。

紅蓮の魔導師
声 - 中村悠一 / 北沢力(LoV)
紅蓮のマントに身を包んだアルテナ出身の魔導師。年齢20歳。身長178cm。体重62kg[5]
理の女王の右腕であり軍の指揮を執る。また兵士たちに魔法の指導も行っている。アルテナが極寒に閉ざされるのを防ぐという名目で軍を動かし、マナの剣を求める。
かつては魔法使いとしては落ちこぼれでまったく魔法が使えず、いたたまれなくなりアルテナから逃げるように旅立ち、その途中で立ち寄ったドラゴンズホールで竜帝の死体を発見する。その際に竜帝から持ち掛けられた取引を受諾し、竜帝復活の為に命の半分を捧げた代償として理の女王をも凌ぐ強力な闇の魔力を授かった。帰国後にアルテナで権力を握ってからは、アンジェラに対して慇懃無礼な態度を取っているため快く思われていない。フォルセナの騎士達が紅蓮の魔導師の名を知っていたことから魔導師としてはそれなりに名が知れ渡っているようである。
物語の冒頭にて単身フォルセナに侵入し、城壁の見張りに当たっていた兵士たちを虐殺。立ち向かって来たデュランも容易くねじ伏せ、とどめを刺そうとしたが騒ぎになったため撤退した。このためデュランには倒すべき目標として見られることとなる。
その後、部下を率いてフォルセナに二度目の襲撃を掛ける。英雄王の動きを魔法で封じ、仕留めようとしたが主人公たちに邪魔されたため撤退した。しばらくは彼に代わって黒曜の騎士がマナストーンの解放に動き、聖域へのトビラが開くと空中要塞ギガンテスを用いて突入を開始。トビラの真下にいた主人公たちに二度も砲撃を加え、勝ち誇りながら聖域への侵入を果たす。
主人公がデュランかアンジェラの場合、ドラゴンズホール最深部にて決着をつけることとなる[注 36]
敗北後は、自分の寿命が間もないことと絶対だと考えていた闇の魔力が敗れたことにより、自らの魔法によって自害を決意。その直前にデュラン(もしくはアンジェラ)から生きるように告げられるが、聞き入れる事はなく最期に感謝の言葉だけを述べて自身にダークフォースの魔法を掛けて消滅した。その結末はフェアリーからも同情され、闇の魔力が彼を狂わせたのだと語られた。
黒耀の騎士
声 - 森田了介
紅蓮の魔導師と共に竜帝に仕える黒い甲冑に身を包んだ騎士。凄まじい剣技の使い手。デュランには全く身に覚えが無いが、彼と浅からぬ因縁がある模様。その正体は、デュランの父親『黄金の騎士ロキ』[注 37]。竜帝の闇の魔力で動く人形にされ、更には呪いによって心を暗黒に染められてしまっている。剣士の闇クラス全ての必殺技を使用する。ドラゴンズホール入り口にて一行を待ち受け、死闘の末に討ち取られる。この時、パーティーにデュランがいる場合は本来の自分を取り戻し、成長した息子に感謝の言葉を継げる。[注 38]
竜帝
声 - 勝杏里
ガラスの砂漠にいるドラゴン族を纏める帝王。主人公にデュランかアンジェラを選択した場合、ラストボスとなる。外見は細面の中年男性だが、非常に高い戦闘力と強大な闇の魔力を持ち、人間以上の知能を備えているとされている存在。
12年前ドラゴン族を率いて第二の世界大戦を引き起こし、古の都ペダンを滅ぼすなど世界中に戦乱をまき散らした。しかし、本拠地ドラゴンズホールでフェアリーとロキの捨て身の攻撃で相討ちになり死亡。共に底知れぬ崖の下へと落ちていった。しかし精神はまだ生きており、後に死体を発見した紅蓮の魔導師との「命を半分もらう代わりに闇の魔力を授ける」という取引により復活した。だが人間の半分の命では完全復活にはあまりにも程遠いため、神獣の力を全て吸収することで一気に完全復活を目論む。自身の圧倒的な力による殺戮と破壊、そして闇が支配する世界を作り出す事を望んでいる[注 39]
ラストバトルでは本来の姿である、画面に収まりきらないほどの巨大な竜へと変わる[注 40]
ヒュージドラゴン(竜帝)[注 41]
マナの剣を取り込んだことで見上げるほどに巨大なドラゴンとなった竜帝の姿。自らを、神を超えた存在「超神(ちょうしん)」と呼び、誰も敵う者はいないと豪語する。
主人公たちが持つ「希望」というマナの剣の前には超神の力も及ばず討ち滅ぼされ、自分が死ぬという事実に驚愕しながら消滅。肉体も精神も滅び、二度と復活することはなかった。

ミラージュパレス

禁忌の魔術を極めた仮面の道士を指導者とする者たち。全ての命に死の裁きを与え、アンデッドとすることで統べ世界征服を目論む。主人公にケヴィンかシャルロットを選択した場合、最終的な敵対勢力となる。

死を喰らう男
声 - 杉田智和 / 北沢力(LoV)
道化師の格好をした、人の魂を喰らう妖魔。言動は道化的だが、性格は残忍で狡猾、慇懃無礼。ビーストキングダムの獣人王に取り入り、世界規模のマナ変動による混乱を利用しての人間への復讐、ウェンデルへの進軍を唆す。フェアリーからはすごく邪悪な感じがしたとして警戒される。仮面の道士が世界を制せば、世界が死者で溢れて自分の腹を満たす大量の魂が生じるだろうという魂胆で協力しており、仮面の道士が使用する禁断の呪法に必要な魂を集めているが、所々でピンハネしている。また、この事が露見すると殺されてしまうらしく、仮面の道士を非常に恐れているような描写も確認できる。それと同時に、8神獣の力を取り込んだ仮面の道士がどんな化け物になるのか期待している節も見られた。中盤では、獣人王がマナの剣に興味が無いためか、ビーストキングダムによるマナの聖域侵攻の際には彼が他の獣人達を率いる形で侵攻している。
「ミラージュパレスでも一番の使い手」を自称しており、実際にケヴィンの動きを一瞬で封じる、不意打ちとはいえヒースを一撃で倒すなど実力はあるようだが、主人公たちに敗れたルガーを見捨ててさっさと逃げるなど根は臆病者。終盤で戦う場合は、姿を消して主人公たちを殺す機会をうかがっており、徹底して自分に有利な状況でしか戦おうとしない。
主人公がケヴィンかシャルロット以外である場合の具体的な消息は不明。聖域で勝者となった組織にメッセンジャーボーイとしてこき使われ、機会を見て逃げだそうとしていることを一行に明かしている[注 42]
戦闘時は鎌を武器にし、即死魔法を使う。更に2体の分身を呼び出す。勝っても完全に倒すことはできず、いつかまたどこかで会うかもしれないと不気味な笑みを残して姿を消した。このため敵の中でも数少ない生き残りとなり、最後まで正体が判明することはなかった。
堕ちた聖者
声 - 山下大輝
死を喰らう男に攫われた神官ヒースが、仮面の道士により闇に染められアンデッドに堕ちた姿。シャルロットを始めに自身の過去に関する記憶は失われ、仮面の道士のために動く駒として付き従う。
実は仮面の道士は彼の父であり、ヒースの心が堕ちた裏には、仮面の道士をもとの優しかった父に戻してあげたいという願いがあった。リースのように召喚魔法を使いこなす。死を喰らう男からは「ミラージュパレスでも2番目の使い手」と言われている。
主人公がケヴィンかシャルロットの場合、ミラージュパレスの最奥部にて決着をつけることとなる。
敗北と同時に一時的に正気を取り戻し、主人公たちに仮面の道士の正体と過去を語る。そして父を倒し、この世界を闇から救ってほしいと告げ、自らにホーリーボールの魔法をかけて呪われた肉体を消滅させた。その魂は呪いから解放されることなく闇の中を漂い続ける。
主人公がケヴィンかシャルロット以外で、かつシャルロットがパーティーにいる場合は、仮面の道士の支配下からは解放されたが、自分が誰なのかを認識できなくなり、そのままどこかへ消えていったことが死を喰らう男から語られる。エンディングでは光の司祭の病を治すために幻影となって現れ、禁呪を用いて命と引き換えに治療したことが判明する。直後に悲しみに暮れるシャルロットの前に現れ、マナの女神がフェアリーだった頃の命を授けて生き返らせてくれたと語り再会を果たす。シャルロットがパーティーにいない場合のみ復活はしない。
仮面の道士 / ベルガー
声 - 武虎
52歳。仮面で素顔を隠した男。その正体は、かつて光の司祭と共にウェンデルを統治していた闇の神官であり、ヒースの父ベルガー。主人公にケヴィンかシャルロットを選択した場合、ラストボスとなる。一人称が「ワシ」の老人風の喋り方をするが、ダークリッチに変身した際は尊大な言動となり一人称に「私」を使うようになった。
本来はとても心優しい男で、ウェンデルを訪れた光の魔法では治癒できない不治の病に侵された少女を助けてあげたいとの一心で、禁呪である『転生の秘法』を研究していたが、禁呪を解読した時には一足遅く少女を助けることは叶わず、さらに禁呪を研究した罪で聖都から追放された[注 43]。禁呪の闇の呪いで顔は醜く歪み、その顔を隠すために仮面を被っている。やがてその呪いによって精神さえも歪んでしまい、人間界を死の世界に変えるために自らに『転生の秘法』を施し不死身の怪物「ダークリッチ」と化した。このため既に人ではなく、現在の姿も仮面によって憎悪を抑え込み、ダークリッチとしての力と姿を封印しているに過ぎない。マナの剣を利用して神獣の力を取り込み、その暁に仮面を取り外し真の力と姿を解放する[注 44]
自分を追放した者たちに死の裁きを与えて復讐を果たそうとしており、それを終えた後は世界全ての命をアンデッドにし、その統括者となることで「神」になることを目論んでいる。「息子を操り人形にする」「自分を追放した者たちへの復讐」など獣人王やビーストキングダムの獣人たちと似通った部分を持つ。
『HEROES of MANA』では、闇の神官だった頃の姿が登場。心優しさと共に強い責任感を持ち、それ故に手段を選ばない人物であったことが判明した。
ダークリッチ
「転生の秘法」によって生まれ変わった仮面の道士の真の姿。自らを「死を超えた存在」と呼び、不死という特性まで得ている。頭部は髑髏のような禍々しい怪物のものになっており、巨大な両腕を持ち、胴体には魔術師のようなローブがかけられている。
神となり不死にまでなった自分を倒せるのはマナの剣しかないと語り、主人公たちと最期の戦いを演じる。しかし主人公たちが持つ「希望」というマナの剣には不死の力も及ばず敗れ去り、この世界から完全に消え去った。
聖剣伝説2』にも同名の敵が登場しているが別人である。

ダークキャッスル

魔界の新王である黒の貴公子を指導者とする者たち。地上を新たな魔界へと作り変え、新魔界の支配者を目論む。主人公にホークアイかリースを選択した場合、最終的な敵対勢力となる。

美獣イザベラ[注 45]
声 - 南條愛乃 / 慶長佑香(LoV)
黒の貴公子に忠誠を誓う魔界の住人で、目的のためなら何者をも利用する。普段は美しい女性の姿を取るが、真の姿はその名の通り美しい銀色の体毛を持った獣。戦闘時、時折子猫のような姿になり攻撃してこなくなる。普段の姿は絶世の美女の姿でナバールの頭目フレイムカーンを操り、その息子イーグルまで操りホークアイにけしかけ死に至らしめた。その後、事実を知るホークアイは脱走したため邪魔者はいなくなり、ナバールを手中に納めた。その後、風の王国ローラントを攻め落としリースの父ジョスター王を殺害。そのためホークアイからは親友の仇であり、リースには父の仇として見られている。黒の貴公子を「私の全て」と告げるほど愛しており、闇と絶望に染まってしまった彼の心を救いたいと考えていた。地上を征服し黒の貴公子に捧げることでその心を満たそうとしている。最期の戦いに敗れた後は本心を主人公たちに語り、一人の女として一人の男を救ってあげたかったということを明かし、息絶えた。パーティーにホークアイかリースがいる場合は、彼女を倒した後で仲間の敵討ちを終えたことを独白するイベントが追加される。主人公がホークアイかリース以外の場合、マナの聖域を掌握できず黒の貴公子の復活が出来なくなったため、なおもマナの剣を欲する邪眼の伯爵を殺害し、黒の貴公子の面目を保つことで彼への愛を貫いた。黒の貴公子の次の体としてリースの弟エリオットを使おうとしたが、黒の貴公子を復活させることができなくなったためエリオットを無傷でローラントに送り返すなど一概に悪人とは言えない部分もある。
邪眼の伯爵
声 - 内匠靖明
赤い目と蒼白の肌が特徴的な、吸血鬼を思わせる魔界の住人。かつて自分たちを豊かな地上から追い落とし、闇の世界(魔界)に封じ込めたマナの女神を激しく憎悪している。人間を現世から一掃し、新たな魔界として魔物達の千年王国を築き上げるという黒の貴公子に同調して従っている[注 46]。戦闘時はブラッディウルフとカーミラクイーンを従えている。
ナバールの城塞にいながら聖域のトビラが開かれたのを察知するなど不可思議な力を持つ。
ホークアイとリースが主人公の場合は闇の神獣撃破後に「暗闇の洞窟」で魔界の目的を話した後、用済みとなった主人公たちを排除するために襲い掛かってくる。敗北した際には自分が負けたことに驚愕し、消滅した。
主人公がホークアイかリース以外の時、他の勢力に敗北し黒の貴公子が死んだ後もマナの剣を奪い魔界を開こうとするが、黒の貴公子を慕う美獣によって殺害される[注 47]。ホークアイかリースが主人公の時は一行の前に立ち塞がり、直接対決となる。その際に、かつて魔界の住人はマナの女神によって魔界へと封印されたことを語り、復讐のために行動していたことを明かす。戦闘では姿を消したり、瞬間移動したりなどトリッキーな動きを披露する。
黒の貴公子
声 - 近藤隆
魔界の王子。主人公にホークアイかリースを選択した場合、ラストボスとなる。
元々は「光の城」と呼ばれる城塞国家の王子として生まれたが、「国を滅ぼすと予言されていた運命の王子」として生まれため、生後すぐに国王により地下牢に幽閉されてしまう。やがて心が闇と絶望に染まった所を、その特異な素質を魔界の王に後継者として目をつけられ、魔界の力を与えられる。その力で国を滅ぼしたことで予言が実現してしまうこととなった。以後は光の城を闇の城「ダークキャッスル」と化し、魔界の拠点にすると今度は自ら神になろうと画策。力を与えてくれた魔王を自らの手で殺害し、名実ともに魔界の王となる。別次元に失われた闇のマナストーンを魔界から召喚したために一度命を落とすが、マナの剣により復活し、苦い記憶のある体を捨てエリオットの体へと移ろうと目論む[注 48]
美獣曰く黒の貴公子の心は未だに暗く闇に閉ざされたままとの事で、黒の貴公子に献身的に仕えていた美獣の事は何とも思っておらず、彼女の最期を知った際は「使えないヤツ」「あんな女の一人や二人はただの捨て駒」と吐き捨てている(美獣のはたらきがなければ、自身が復活する事すら出来なかったにも関わらず)。それどころか主人公たちの方が使えそうだと言って配下に勧誘してくる。
ラストバトルではアークデーモンに変身する[注 49]。肉体を石化して物理攻撃が一切通じない防御形態もとる。
アークデーモン
自らを「魔界と人間界と聖域を統べる3界の王」と呼ぶ真の姿。ラスボスの中で最もトリッキーな戦い方を好み、一定時間無敵状態になったり、上述のように第二形態へ移行したりと長期戦を強いられる。地上を魔界に作り変え、魔界千年王国を建造しようとするも主人公たちの「希望」というマナの剣には及ばず敗北。孤独だったゆえに「仲間」を持たなかった彼は、消滅するその時ですら自身の敗因に気づくことはなかった。
なお、エリオットの肉体は戦いの最中フェアリーによって助け出され、憑依される前に地上へと送られた。

神獣

太古の時代に世界を危機に陥れた存在で、現在はマナの女神によって8つに分けられ、8つのマナストーンに封印されている。しかし物語終盤にマナストーンが破壊されて封印が解けたことで復活した。それぞれの属性の災厄を体現した姿をしている。全ての神獣が一つになったとき、世界は滅びると言われている。黒幕の狙いは主人公たちに神獣を倒させ、その負の力をマナの剣に集約させることで神獣の最終形態の力を手にすることにある。

ザン・ビエ
の神獣。ファ・ザード大陸南部の「火炎の谷」の火のマナストーンから復活する。全身が炎で包まれ、角が生えたのような頭部を火の玉が取り囲む姿をしており、炎の竜巻のような姿などに形状を変化させる。また、マグマだまりも本体の一部である。
フィーグムンド
の神獣。ウィンテッド大陸南西部の「氷壁の迷宮」の水のマナストーンから復活する。を備えた爬虫類のような姿をしており、時折、氷床の裏側へ移動してヤモリのように張り付く。またクモのように糸を発射してくる。
ランドアンバー
の神獣。古代神により土塊から作られた魔法生物で[3]、ファ・ザード大陸北中部の「宝石の谷ドリアン」の土のマナストーンから復活する。機械もしくはロボットのような姿をしており、下部に露出したオレンジ色の核のようなものや巨大な両腕が特徴的である。
ダンガード
の神獣。ファ・ザード大陸東部の「風の回廊」の風のマナストーンから復活する。世界中の上空を飛行しており、風の回廊からフラミーに乗って空中で戦闘を行うことになる。左右違う色の、長い首の鳥の頭が2つに、ライオンのような胴体と竜のような翼をもった鳥獣の形態をしている。
ドラン
の神獣。ファ・ザート大陸中西部の「月読みの塔」の月のマナストーンから復活する。その体躯は月読みの塔よりも巨大で、大きな角が生えた頭部に鋭い牙と爪を備えた白い野獣のような外見をしている。
ミスポルム
の神獣。ウィンテッド大陸東部の「ワンダーの樹海」の木のマナストーンから復活する。ジャックランタンのような姿をしている。本体は移動せず、左右に備えた触手を振り回す。触手の先端には頭部がついている。
ライトゲイザー
の神獣。ファ・ザード大陸中部の「光の古代遺跡」光のマナストーンから復活する。のような紫色の球体の中央に大きな目が一つある外見をしている。空中を浮遊しているが、時折、跳躍やテレポーテーションで移動する。また、身体の色を変化させることもある。
ゼーブル・ファー
の神獣。闇のマナストーンに辿り着いた直後、主人公たちの前で復活する。闇のマナストーンの場所は主人公によって異なり、ストーリー上必ず最後に戦うことになる神獣である。左右に道化師のような男性の顔、中央に本体である女性のような顔という三位一体の外見をしている。かつてマナストーンのエネルギーを奪い合っていた時代に闇の魔物が世界情勢に付け込んで発生した一度目の世界大戦で闇の力が増大し、一度だけ封印が解けて蘇ったといわれており、闇の神獣と魔物達は世界を滅亡寸前まで荒廃させたとされる。しかしある時突然消えてしまったという。フォルセナの図書館でゼーブル・ファーの名前だけが記されていない。
前述のようにマナの女神によって闇の軍勢ごと魔界に隔離されてしまい、再びマナストーンに戻っていた。しかし、黒の貴公子が自らの命を代償に魔界から闇のマナストーンを召還したことで復活した。

その他

ボン・ボヤジ
声 - 三宅健太
自称錬金術師。自ら発明した大砲を交通手段として用いた「キャノントラベル」を開設する。ドワーフの「ニトロの火薬」を使った大砲で主人公たちを飛ばし、遠くの場所に移動させることができる。大砲に名前を付けているようだが、呼ぶ度に名前が変わる。いい加減かつ無責任であり記憶力が低く、主人公たちに「ニトロの火薬」を持って来るように話したことを忘れていた。
親族は、同居している妹ボン・ソワール、瓜二つの外見を持つ弟のボン・ジュール、従妹のメルシー(ローラントのアマゾネス)がいる。本人も含め身内全員の名前がフランス語の挨拶を捩ったものである。
ボン・ソワール以外の面々は大砲で主人公たちを飛ばしてサポートしてくれる。
賢者ドン・ペリ
声 - 金光宣明
小人の種族・コロボックルの賢者。世界大戦の折、リチャード王子に策を授けて勝利に導いた奇跡の戦術家。本来コロボックルは人間を嫌うが、主人公にフェアリーが取り憑いていることを知って世界の危機を感じ、主人公達に協力する[注 50]
ブースカブー
火山島ブッカにいる巨大なカメのような姿の幻獣。フォルセナの秘宝「ぴーひゃら笛」で呼び出せる。ダークプリーストから「海のヌシ」と呼ばれ崇められている。本来は人に心を許さないので近付くのは危険。ブッカ噴火に際して主人公たちを救出し、マイアの浜辺へ送り届けた後は、主人公たちに協力する。英雄王いわく「フェアリーが憑いているから協力的なのでは」とされている。
フラミー
マナの女神がつかわした「翼あるものの父」と呼ばれる山と空の守護精霊。名前とは裏腹に種族的には小さな女の子[注 51]。『フラミー』とはリースが名付けたもので、彼女がいない場合はフェアリーが名付ける。マナの女神が持つ「風のたいこ」で呼び出せる。
ワッツ
声 - 武虎
ドワーフ。ニトロの火薬を5000ルクか3000ルクで売ってくれる。
チキチータ
声 - 栗津貴嗣
ニキータの遠縁にあたる猫族の男。ジョセフィーヌと共に行商をしている。
ジョセフィーヌ
声 - 西田望見
かつてニキータの恋人だった猫族の女性。現在はチキチータと共に行商をしている。ニキータのことは今でも愛している様子だが、根っからの商売人でもあり商魂たくましい。神獣を4体以上倒した後に話しかけると、ペダンに強い武器防具が売られているという話をしてくれる。
マタロー
声 - 小宮逸人
バイゼルの住む幽霊マニアの青年。噂の幽霊船に乗ったことで呪いに掛かり、念願の幽霊となる。その喜びを主人公にも伝えるため呪いを押し付け、自分は満足していたのでさっさとバイゼルに帰ってしまった。その後は珍獣マニアを名乗るようになる。
チチ
声 - 青山吉能
エルランドに住む女の子。雪原で倒れていたアンジェラを母と共に保護した。母にじゃれつくその姿は、実の母に殺されかけたアンジェラに影を落とした。
チチの母
声 - 吉岡茉祐
エルランドに住むチチの母親。
影(ゴーヴァ)
声 - 中村悠一
幽霊船のボス。生者を亡者に変える幽霊船の呪いの元凶たる存在。同じく呪いによってシェイドの魂を封じていた。この幽霊船はシェイドの魂が変化したものであり、ゴーヴァ=シェイドというわけではない。モンスター系のボスキャラクターの中では唯一人語を発する。

TRIALS of MANA追加キャラクター

グラン・クロワ
声 - 内匠靖明
かつて大魔導師と呼ばれた男。すべての知識を一冊の本にまとめ、既にこの世を去っている。アニスの目覚めと共に本に宿る形で意識を取り戻す。
自分の声が聞こえる主人公たちに打倒アニスを託し、かつて生み出した究極のクラスチェンジ「クラス4」へ至る道を示す。
なお、オリジナルのSFC版においても、フォルセナの図書館にあるクラスチェンジに関する本の中に、グラン・クロワの名前だけは確認する事が出来る。
大魔女アニス
声 - 小島幸子
古の魔女と呼ばれる悪しき存在。マナの女神あるところに偏在し、魔界への扉を開いて地上を滅ぼそうとしている。
本作の前日譚にあたる『聖剣伝説 HEROES of MANA』にも事件の元凶としてその名前が登場している。
聖剣伝説4』には大樹の巫女アニスが登場しており、更には『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』の設定にも大魔女アニスの表記があるが、本作との関連性は不明。
アニスドラゴン
大魔女アニスの真の姿。

BGM

前作に引き続いて、作中のBGMは菊田裕樹が担当。『オリジナル・サウンド・ヴァージョン』と銘打たれた、3枚組・全60曲収録のサウンドトラックがポリスターより1995年8月25日に発売されている。2004年10月1日には前作の『聖剣伝説2 オリジナル・サウンド・ヴァージョン』を含めたスクウェア系ゲームのサウンドトラックと共に再発されている。

菊田が「変だけど格好いいモノを目指した」と語った通り、あえて電子楽器ではなく、少ない同時発音数でも音が厚く聞こえるアコースティック楽器をベースにして作られている。前作である聖剣伝説2では、音数を増やすため音源をSEチャンネルまで使用した結果、ゲーム中にアクションを起こし続けているとSEによってBGMの音割れを起こしてしまうという不具合が起こってしまった。そのため、今作ではそれを防ぐため音の数では前作より減らされている。

スタッフ

  • ディレクター:田中弘道
  • ゲームデザインのディレクター、キャラクター・デザイン:石井浩一
  • ゲーム・デザイナー
    • バトル:大橋悟朗、坂本優子
    • マップ:藤田司、鈴木和巨海、桑田浩之
  • グラフィックデザイナー
    • BG・グラフィック・デザイン:津田幸治、松尾隆美、高橋徹也、大印健生、池田博幸
    • キャラクター・グラフィック・デザイン:亀岡慎一、迫田充人
    • エフェクト・マップ・グラフィック・デザイン:高井慎太郎
    • モンスター・グラフィック・デザイン:佐々木倫子、石塚好
    • ボス・モンスター・グラフィック・デザイン:成島博之、大川和宏、塩田雄一
    • マップ・デザイン:毛塚英俊
  • プログラマー:吉枝悟、村田琢、斉藤正明、宮川義之、小方悟史、鈴木秀典、守屋俊、鈴木和夫
  • ミュージック:菊田裕樹
  • サウンド・デザイナー:菅原輝明、弘田佳孝、三留一純、嶺川千春、泉浩宣
  • エグゼクティブ・プロデューサー水野哲夫
  • プロデューサー:鶴園哲久
  • キャラクター・イラスト:結城信輝
  • ワールド・マップ・イラスト:磯野宏夫

聖剣伝説3 TRIALS of MANA

聖剣伝説3
TRIALS of MANA
ジャンル アクションRPG
対応機種 PlayStation 4
Nintendo Switch
Steam
開発元 Xeen
発売元 スクウェア・エニックス
プロデューサー 田付信一
デザイナー HACCAN
音楽 菊田裕樹
人数 1人
発売日 2020年4月24日
テンプレートを表示

2020年4月24日発売。開発元はxeen。本作のフルリメイク作で、グラフィックやシステムが最新ハード向けにブラッシュアップされている[6][7]

SFC版との差異

  • 視点はSFC版の俯瞰視点から3Dグラフィックによるサードパーソン視点に変更(一部俯瞰視点のフィールドがある)
  • キャラクターステータスのカスタム化や、一部コマンドのショートカット登録の実装、魔法、必殺技も含め戦闘でのほぼシームレスな挙動、ジャンプや強弱攻撃、緊急回避などのアクション性を強化したほか各キャラクターのフルボイスも実装[8][9]
  • 新たな装備要素としてアビリティが追加。また、パーティ全員が装備できるリンクアビリティも存在する。
  • くろこげやクリティカルなどのステータスが追加。
  • キャラの名前変更はできない。
  • 主人公以外の仲間2名加入時に、そのキャラの序盤をプレイすることが可能となった(主人公選択時の第一キャラと同等の内容。ダイジェスト化かつスキップも可能。またプレイした場合の持ち物・経験値等は引き継がれない)
  • クリア後、そのセーブデータをロードするとラストボス撃破前の状態に戻され、別エピソードによる冒険が挿入される(無視してラストボスと再戦することも可能たが、強さ等は一切変化がない)。その過程でSFC版で存在のみ一部で語られていたクラス4へのクラスチェンジの為のアイテムが入手できる。別エピソードをクリアすると強くてニューゲームができるようになった。
    • なお、セーブデータの一覧画面において、メインストーリーのクリアデータはセーブ場所の横に☆一つ、別エピソードのクリアデータ(強くてニューゲーム対象)は同じく☆☆二つが付与されている。強くてニューゲームで開始したデータはその文字が金色になっている。
  • 新アイテム「女神の天秤」を使用することでクラスリセットが可能になり、クラス1に戻せるようになった。
  • フィールドが広くなり、画面切り替えが大幅に減少。
    • それに伴い戦闘は敵のグループ毎に範囲が定められ、その範囲内に入りかつ敵に感知されると戦闘が開始される(通常の敵であれば、範囲内に入り気づかれる前に攻撃を開始することも状況次第で可能)。戦闘途中に範囲の端まで行くと黄色または赤色のラインが表示され、黄色の場合は外側へ向かって進行を進めようとしたまま敵からの攻撃を受けず一定時間経過すると戦闘を離脱できるが、赤色の場合は敵グループを倒すまで離脱不可(ボス戦、ストーリー上のイベントバトル、罠など。これに伴い、SFC版における「閉じ込められた」演出は廃止)。
  • 世界各地に「サボテン君」が出現。発見した数に応じて、ショップでの割引・宿屋無料などの特典が得られるようになる。
  • 種を使用することでアイテムを輩出する、植木鉢にレベルを追加。何度も種を植えることで植木鉢の経験値が上昇し、レベルを上げることで種から良いアイテムが出現しやすくなり、敵から種アイテムのドロップ率が上昇するなどの特典が得られる。
    • 一部の種アイテム(武器防具、魔法、飛び道具、ふしぎな)は廃止し、これらから出現したアイテムはアイテムの種と、新たに追加された3種のアイテムの種(銀色・金色・虹色)から出現するように変更された。
  • 難易度を選択できるようになった。ベリーイージーでは全滅してもその場で復活することが可能。
  • 進行方向のフィールド切替ポイントあるいは会話必須の人物、イベント発生地点等にアイコンが表示されるようになり、それに従ってプレイすることでストーリーをスムーズに進行することができるようになった(ただし、あえてアイコンを非表示にして進行方向をプレイヤーの推理に委ねるエリアがある。他にもそのアイコンの場所に辿り着くまでにギミック等の攻略が必要だったり、アイコンがあることで逆に混乱を招くエリアもある)。
  • 重要アイテムや精霊を使って進めるイベントは所持済・契約済の場合自動で進むようになった(ちびっこハンマー等はイベントアイテム扱いとなりリングコマンドでアイテムとして使用できない)。
  • 一部矛盾した会話を修正。
  • 特定のキャラを主人公にしている場合のみ挑むことができた、裏ボスとの戦闘が全キャラ可能となった。
  • BGMは、リメイク版とオリジナル(SFC)版を切替可能。また、一部BGMが変更されている(例:タイトル画面『Closed garden』→『Meridian Child』、序盤のジャド脱出シーン『Walls and Steels』→『Nuclear Fusion』など)。また、宿屋に泊まったときにSEは流れない。

雑記

本作の発売前キャンペーンとしてオリジナルGショックや主人公6人のオリジナルテレカのプレゼントがあった。

集英社からVジャンプ緊急増刊として本作の特別号が発売される予定だったが、本作発売直前の号で発売中止となっている。

雑誌掲載初期のゲーム画面ではフェアリーやNPCのグラフィックが製品版と異なるものがある。またウィル・オ・ウィスプの口調が前作同様になっているものも存在した。

月属性の魔法「エナジーボール」はクリティカル率を上げる魔法と表記があるが、本作ではクリティカルのシステムが実装されていないため全く効果の無い魔法となってしまっている(リメイク版で改善)。

他作品とのコラボレーション

LORD of VERMILION III
2013年8月22日 / 2015年9月10日(リース)
紅蓮の魔導師、美獣イザベラ、死を喰らう男が登場。2015年9月にはリースが登場。
LORD of VERMILION ARENA
2015年6月5日(リース) / 2015年8月26日
リース、シャルロット、ホークアイが登場。
ブレイブリーアーカイブ ディーズレポート
2015年10月
デュラン、アンジェラ、ケヴィン、シャルロット、ホークアイ、リース、美獣イザベラが登場。
チェインクロニクル
2015年11月26日
デュラン、アンジェラ、ケヴィン、シャルロット、ホークアイ、リースが登場。
サムライ ライジング
2017年3月30日 / 2017年4月13日 / 2017年4月27日
リース、ホークアイ、デュラン、アンジェラ、ケヴィン、シャルロットが登場。
ミリオンアーサー アルカナブラッド
2017年11月21日
リース、ホークアイが登場。
ゲシュタルト・オーディン
2018年9月26日
リースが登場。

脚注

注釈

  1. ^ ただし、「ダークキャッスル」で落とし穴から地下を進むシーンで地上に上がるまでの間に、アイテム「魔法のロープ」を使ってしまうと先に進めなくなり、二度とクリアできなくなる。また、些細な外部からの衝撃でデータが消えるなど、ROMは脆かった。
  2. ^ ただし、稀に(発動時のタイミングなどで)外れることもある。外れた場合はゲージは減らない。
  3. ^ 各パラメータにはレベルやクラスに上限が設定されていて、それ以上に上げることはできない。この上限はレベルアップかクラスチェンジで上がる
  4. ^ 複数の魔法の修得条件を同時に満たした場合、特定の順序で選ばれた1つを修得し、他の魔法は次回のレベルアップ時に修得する
  5. ^ 下位のクラスで習得可能な技が、クラスチェンジによって習得できなくなることはない
  6. ^ 闇クラスが攻撃に優れている理由の1つである
  7. ^ マナの聖域など。
  8. ^ なお、「剣」とは言ってもゲーム中では「武器」として装備することはできず、あくまでキーアイテムとして扱われる。
  9. ^ しかし、本来は「無」の化身であり決まった姿を持たない
  10. ^ 獣人のケヴィンやハーフエルフのシャルロット例外ではない。
  11. ^ ルガーはケヴィンを敵視しているが、その敵意はケヴィンが人間のハーフであることは無関係。
  12. ^ なお、SFC版ではこのダンジョンのみ隠しボスが出現する。
  13. ^ また、ケヴィンをパーティーに入れていると、途中の階段でカールの幻覚が現れる。シャルロットの場合、ヒースの幻影。後を追い掛けると入り口に戻されてしまう。
  14. ^ 先の脚注にも記したが、地下を進む際はそのまま進み続け、魔法のロープは使わないこと。地下で魔法のロープを使ってしまうと二度と先に進めなくなりクリア不可能になる
  15. ^ 本作では謎のままだった彼女の父親がフォルセナの国王リチャードであることが、『聖剣伝説 HEROES of MANA』で判明した。また、本編でもアンジェラがパーティーにいる状態で英雄王と謁見した際、それを仄めかす台詞がある。
  16. ^ 『TRIALS of MANA』のエンディングではアンジェラに投げキッスされ、照れる様子が描写されている。
  17. ^ ここで戦う「アンジェラ」は、作中屈指の強さであるため生半可なレベルで挑むとあっという間に返り討ちにされる。
  18. ^ しかし、本編中盤で、このことに関する真実を獣人王から聞くことになる(詳しくは下記の獣人王の欄を参照)。
  19. ^ 半獣化中は攻撃力が上昇する。
  20. ^ 自己紹介のときなどを除く。
  21. ^ シャルロットのみ書棚の本が読めないといったイベントがある。
  22. ^ 『TRIALS of MANA』のエピローグではウェンデルに帰っている事が判る。
  23. ^ 聖剣伝説 HEROES of MANA』にて、フレイムカーンの孫であることが判明した。イーグル、ジェシカは叔父叔母に当たり血縁関係のある親族である。そのため、叔母に当たるジェシカとは結ばれることが出来ない
  24. ^ 彼はリースにとって敵国出身者になってしまったことが関係し、彼女とのイベントが他の主人公より少し多い。また、どちらか一方が仲間に居る場合でのみ見られる両者の絡みも存在する。
  25. ^ なお、ゲームの画面上では青い服を着ているように見えるが、イラストではほぼ全裸にしか見えない。
  26. ^ 主人公たちといるのとは別個体。
  27. ^ この時、未成年(20歳未満)にもかかわらずデュランが飲酒していた。『TRIALS of MANA』では飲酒をほのめかす描写はない。
  28. ^ 仲間にデュランがいない状態でフォルセナの彼女の部屋に行くと、デュランの帰宅を待ちわびている様子が伺える。
  29. ^ デュランがパーティにいる場合は、時空の歪んだペダンにて再会するイベントがある。
  30. ^ 本作では、このように呼ばれることはない。名は『HEROES of MANA』で判明。
  31. ^ しかしながら、実は死を喰らう男の幻術により仮死状態にされていただけで、ケヴィンはそれを知らずにカールを土葬したため、危うく本当に死ぬところを獣人王に掘り起こされ助けられた。
  32. ^ しかし、主人公たちがウェンデルに辿り着くために、フェアリーがその封印を破ってしまった。
  33. ^ 『TRIALS of MANA』のエンディングでは、シャルロットが仲間にいる場合は彼女と共に映るが、いない場合はヒースの代わりに光の司祭が彼女の側に立つ。
  34. ^ なお、ホークアイがパーティに加わっている場合、一部のイベントで登場するのがニキータに変わる。
  35. ^ なお、主人公がホークアイかリースの時は、フェアリーに最後の力でローラントまで転送され、彼ら以外である場合は利用価値を無くしたと言って美獣がローラントに送り返す。
  36. ^ デュランかアンジェラが主人公でない場合、聖域にて黒耀の騎士から「勝者となった組織との戦いで赤子の手をひねるかの如く退けられ、命を奪われた」ことが語られる。
  37. ^ デュランかアンジェラが主人公でかつデュランがパーティキャラにいる時のみしか正体はわからない。
  38. ^ デュランかアンジェラ以外が主人公の場合、聖域で他の組織に敗れたこと、自分が既に死んでいることを明かす。デュランがパーティーにいる場合は、「私はお前の……」とその正体を明かそうとするが、語りきる前に消えてしまう。
  39. ^ かつて世界に戦争を仕掛けた存在としてたびたび名前が出て来るが、本人が登場するのはドラゴンズホールの最深部となる。
  40. ^ ただしデュランかアンジェラが主人公でない場合は、聖域で勝者となった組織にドラゴンズホールへと乗り込まれ、暗殺されたことが黒耀の騎士から語られる。
  41. ^ NTT出版『完全攻略編』では「ヒュージドラゴン」と表記されているが、ゲーム中にターゲット選択をした時は「竜帝」と表示される。ただし『TRIALS of MANA』では「ヒュージドラゴン」となっており、外部作品においてもこの名前で表記されている。
  42. ^ 『新約 聖剣伝説』でも登場。こちらでは3のような道化回しはなく、冷徹で残忍な人物である。死者の魂が手に入れば他はどうでもいいという点は共通している。
  43. ^ 追放に至る詳細な経緯は語られない。しかし、過去の時間軸に存在するペダンではウェンデルで闇の司祭ベルガーが反乱を起こし、光の司祭に破れ、どこかに消えてしまったとの噂を聞くことができる。『TRIALS of MANA』では聞けない。
  44. ^ ケヴィンかシャルロット以外が主人公の場合は、勝者の勢力に仮面の道士があっさり殺されてしまい、ミラージュパレスが滅んでしまったということが死を喰らう男から語られる。
  45. ^ NTT出版『完全攻略編』では戦闘形態を「美獣イザベラ」と表記されているが、ゲーム中にターゲット選択をした時は「美獣」と表示される。
  46. ^ 主人公がリースの場合、バイゼルのブラックマーケットで奴隷商人からエリオットを買った張本人であることが明かされる。
  47. ^ 美獣からすれば、それは黒の貴公子の死を汚すことだったため。
  48. ^ 主人公がホークアイかリース以外だと、マナの剣により復活を待っていた黒の貴公子の肉体が敵対勢力に消去された上に魂を封印されてしまい、永遠に闇に閉じ込められることになる。
  49. ^ 他2体のラスボスとは違い、BGMが変化するタイミングで第二形態へと変貌する。最初はアークデーモンの体から黒の貴公子の上半身が生えているような姿だが、HPが減ると黒の貴公子がいた部分も顔に変化、完全に人の姿を捨てた状態になる。
  50. ^ コロボックルは人間に取り憑いているフェアリーが見えるので、正体を隠して村を訪れた主人公たちが人間だと気づいていた
  51. ^ 「翼あるものの父」は一族を指す言葉であり、フラミー単体を指しているわけではない。フラミーがその異名に憤慨することからメスであることが発覚した。

出典

参考文献

  • 株式会社スクウェア監修、『聖剣伝説3 基礎知識編』、NTT出版、1995年
  • 株式会社スクウェア監修、『聖剣伝説3 完全攻略編』、NTT出版、1995年

外部リンク