聖心女子大学

東京都渋谷区にある大学

聖心女子大学(せいしんじょしだいがく、英語: University of the Sacred Heart, Tokyo)は、東京都渋谷区広尾四丁目3番1号に本部を置く日本私立大学である。1948年に設置された。大学の略称は聖心。

聖心女子大学
マリアンホール
マリアンホール
大学設置 1948年
創立 1916年
学校種別 私立
設置者 学校法人聖心女子学院
本部所在地 東京都渋谷区広尾四丁目3番1号
北緯35度39分4.8秒 東経139度43分11.9秒 / 北緯35.651333度 東経139.719972度 / 35.651333; 139.719972座標: 北緯35度39分4.8秒 東経139度43分11.9秒 / 北緯35.651333度 東経139.719972度 / 35.651333; 139.719972
学部 文学部
研究科 文学研究科
ウェブサイト 聖心女子大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概要編集

開校は1916年。私立聖心女子学院高等専門学校を前身とし、1948年、新学制により聖心女子大学として発足。日本最初の女子大学の一つである。初代学長はエリザベス・ブリッド。元国連難民高等弁務官緒方貞子新制大学の第一期生。

1800年フランスに設立された女子修道会聖心会」を母体とし、世界42カ国に170校の姉妹校を持つ。現在の聖心会総本部はイタリアローマにある。広尾の大学構内には聖心会日本管区本部のほか、付属研究機関としてキリスト教文化研究所、カトリック女子教育研究所が設置されている。

なお同大学のキャンパスはもとの久邇宮邸であり、香淳皇后昭和天皇皇后)が幼少を過ごした地、結婚の折にはこの地から宮中に向かった。正門とパレスと呼ばれる伝統的日本家屋は、当時のものがそのまま修復保存されている。図らずも皇后美智子今上天皇皇后)の出身大学でもあったことから、2代続けて皇后に縁のあるキャンパスということになる。更に江戸時代には、幕末の安政の五カ国条約締結時など重要な時期に、幕府の老中首座を務めた下総佐倉藩主、堀田家の下屋敷だった。隣の日赤の敷地にまで広大なエリアを占めており、今でも西麻布方面からの上り坂を堀田坂と称するなど、痕跡は残っている。

学内施設編集

  • 聖堂 - 1959年献堂
  • パレス - 皇族の旧久邇宮邸の御常御殿として1924年に建設。設計は、森山松之助。1947年購入。
  • 正門

組織編集

学部編集

  • 文学部
    • 英語英文学科
    • 日本語日本文学科
    • 史学科
    • 人間関係学科
    • 国際交流学科
    • 哲学科
    • 教育学科
      • 教育学専攻
      • 初等教育学専攻
    • 心理学科

大学院編集

  • 文学研究科
    • 英語英文学専攻(修士課程)
    • 日本語日本文学専攻(修士課程)
    • 史学専攻(修士課程)
    • 社会文化学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
    • 哲学専攻(修士課程)
    • 人文学専攻(博士後期課程)
    • 人間科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

大学関係者一覧編集

外部リンク編集