聖恵法親王

平安時代の法親王

聖恵法親王(しょうえほっしんのう、嘉保元年(1094年) - 保延3年2月11日1137年3月4日))は、平安時代後期の真言宗白河天皇の第5皇子。母は藤原師兼の娘(郁芳門院女房春日殿)。

聖恵法親王
続柄 白河天皇第五皇子

身位 三品・法親王
出生 嘉保元年(1094年
死去 保延3年2月11日1137年3月4日)(享年44)
父親 白河天皇
母親 藤原師兼
テンプレートを表示

略歴編集

仁和寺で出家し、成就院寛助に師事して密教を学ぶ。華蔵院に住した。1127年大治2年)三品に叙せられ、1132年長承元年)には鳥羽上皇の病気平癒を祈願している。弟子に寛暁がいる。