メインメニューを開く

聖橋

聖橋

聖橋(ひじりばし)は、神田川に架けられたの1つ。

目次

概要編集

東京都千代田区駿河台文京区湯島にまたがり、本郷通り都道403号)を結んでいる。外堀通り、神田川、JR御茶ノ水駅を跨いでおり、駅の東端にある。

全長79.3mのうち、神田川の上部の36.3mが放物線を描くアーチ橋[1]、形式は鉄筋コンクリートアーチ橋。関東大震災後の震災復興橋梁の1つで、昭和2年(1927年)に完成した。設計・デザインは山田守、成瀬勝武。2018年には土木学会選奨土木遺産に認定された。

名前は東京府東京市(現:東京都)が公募し、両岸に位置する2つの聖堂湯島聖堂ニコライ堂)を結ぶことから「聖橋」と命名された。橋は船から見上げた時に最も美しく見えるようにデザインされており、御茶ノ水駅のホームからはややそれに近い視点で見ることができる。夜間はライトアップされていたが、長寿命化工事のため2016年1月20日からは休止されている。[2]

2017年2月、2016年春より行われた「聖橋長寿命化工事」が完成した。橋の躯体表面を覆っている保護コンクリートを剥がし、躯体に入った亀裂を補修し、新たな保護コンクリートで覆った。夜間のライトアップ用照明設備も新規に取り付けられた[3]

聖橋が登場する作品編集

 
小泉癸巳男 「聖橋」 木版 1932年7月

漫画編集

ライトノベル編集

映画編集

音楽編集

ドラマ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 聖橋を選奨土木遺産に認定 都内の橋6例目 毎日新聞(2018年1月3日)2018年1月3日閲覧
  2. ^ 道路・橋りょう修景事業東京都第一建設事務所(2016年7月1日閲覧)
  3. ^ a b 未来へのレポート - 「JR御茶ノ水駅改良工事」聖橋長寿命化工事

座標: 北緯35度41分59秒 東経139度45分56秒 / 北緯35.69972度 東経139.76556度 / 35.69972; 139.76556