メインメニューを開く

聞かせてよ愛の言葉を』(きかせてよあいのことばを)は津雲むつみによる日本漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ

あらすじ編集

佐野千尋は夫の康宏を交通事故で失うが、やがて事故時に車を運転していた後藤克也と恋に落ちる。しかし、克也は会社の社長令嬢・美香との婚約話が進んでいるほか、血が繋がっていない妹・万里からも恨まれ、さまざまな妨害を受ける。

テレビドラマ編集

2005年2月21日から2005年4月1日まで、TBS愛の劇場で放映されたドラマ。1980年代大映ドラマを支えた二大俳優である伊藤かずえ松村雄基が、1986年の『ポニーテールはふり向かない』(TBS系)と『花嫁衣裳は誰が着る』(フジテレビ系)以来、TBSにて19年ぶりに共演した。ナレーターにも、フジテレビ系大映ドラマのナレーターであった来宮良子を起用した。愛の劇場の枠にもかかわらず、かつての大映ドラマにみられた演出や演技、脚本などの特徴が際立ったドラマである。

キャスト編集

スタッフ編集


TBS 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
温泉へ行こう5
(2004.11.29 - 2005.2.18)
聞かせてよ愛の言葉を
(2005.2.21 - 2005.4.1)
うちはステップファミリー
(2005.4.4 - 2005.5.27)