職業大学(しょくぎょうだいがく、vocational university)、また技能大学(professional university)、応用技術大学(applied technological university)、高等職業カレッジ(college of higher vocational studies)、応用科学大学(university of applied sciences[1])は高等教育機関の種別の一つであり、第3期の教育と、施設によっては第4期の教育を提供する。研究大学と対比される。

OECDは、カレッジ、アカデミー、ポリテクニック、応用科学大学(university of applied sciences)など、各国で用語にばらつきがあると報告している[2]

一般的には学士および修士、一部においては博士などの学位を付与する。より厳密に専門職学位(Professional degree)を付与する国もあり、専門職学士号、専門職修士号、専門職博士号などが設定されている[2]

目次

アジア編集

インド編集

韓国編集

韓国では一般大学のほか、職業系の産業大学、専門大学が存在する。

台湾編集

台湾では、技術学院や科技大学が存在し、これらは一般大学と対比される。

中国編集

日本編集

日本では専門職大学院が存在し、専門職修士号、専門職博士号を付与する[3]。なお、2019年より専門職大学及び専門職短期大学が設置されることが決まっている。

香港編集

マレーシア編集

マレーシアには、公立の職業大学は5校ある。

ヨーロッパ編集

オランダ編集

オランダでは、HBO(Hoger beroepsonderwijs; 英:University Of Applied Sciences)とされる高等職業教育機関が存在し、学士号や修士号を付与する[2][4]。博士コースは存在しない[5]

ギリシャ編集

ギリシャでは職業大学に相当するものに、the Technological Educational Institutes (TEIs) が存在する。

ドイツ語圏編集

ドイツおよびオーストリアにおけるファッハホーホシューレ(Fachhochschule, FH)はタイプAの高等教育機関であり、学士および修士の専門職学位(FH Degree)を付与する[6][7]。一部ではパートナー機関と提携して博士号を付与する所もある。

また大学以外の高等教育機関としてファッハシューレ(Fachschulen)が存在し、これはマイスター資格を与えるタイプBの短期学校である[6]

スイスでもファッハホーホシューレ(FH)が存在する。

フィンランド編集

フィンランドにおける高等教育(レベル5)のキャリアは学術系と職業系に分かれており、職業系はAmmattikorkeakoulu(AMK,ポリテクニック)による1-3年間の課程であり、ポリテク学士号(Polytechnic Bachelor Degree)が付与される[7][8]

また近年ではポリテク修士号(Polytechnic Master Degree)も付与されるようになった。

脚注編集

  1. ^ OECD 2014, p. 14.
  2. ^ a b c OECD 2014, p. 23.
  3. ^ 学校教育法第99条第2項 - 大学院のうち、学術の理論及び応用を教授研究し、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことを目的とするものは、専門職大学院とする。
  4. ^ http://www.nuffic.nl/nederlandse-organisaties/nieuws-evenementen/nieuws-archief/nieuws-archief-2008/februari/engelstalige-naam-voor-nederlandse-hogescholen
  5. ^ https://zoek.officielebekendmakingen.nl/stcrt-2013-35337.html
  6. ^ a b Mapping of National education programmes - Germany”. UNESCO. 2015年11月2日閲覧。
  7. ^ a b OECD 2014, p. 42.
  8. ^ Developing Highly Skilled Workers - Review of Finland (Report). OECD. (2004). http://www.oecd.org/sti/ind/34458180.pdf. 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集