メインメニューを開く

肉胞子虫科(にくほうしちゅうか、Sarcocystidae)はアピコンプレックス門に属するの1つ。コクシジウム類のうち、主として哺乳動物の体内にシストを作る寄生性原生生物をまとめた分類群である。

肉胞子虫科
Toxoplasma gondii tissue cyst in mouse brain.jpg
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
上門 : アルベオラータ Alveolata
: アピコンプレックス門 Apicomplexa
: (訳語なし) Conoidasida
亜綱 : コクシジウム亜綱 Coccidiasina
: 真コクシジウム目 Eucoccidiorida
亜目 : アイメリア亜目 Eimeriorina
: 肉胞子虫科 Sarcocystidae
学名
Sarcocystidae
Poche, 1913

目次

形態編集

成熟オーシスト内にはスポロシスト2つが生じ、その内部に4つのスポロゾイトが生じるが、スチーダ小体は存在しない。組織中に様々な大きさのシストを生じる。

分類編集

古典的には原生動物門胞子虫綱住肉胞子虫目に所属させていたが、その位置付けを巡っては様々な議論があった。1960年代から1970年代にかけて生活環が明らかとなったことで、コクシジウム類の一部とみなされるようになった。

下位分類は以下の通りである。[1]

肉胞子虫亜科 Sarcocystinae Poche, 1913
シスト中にブラディゾイト(緩増虫体、bradyzoite)とメトロサイト(metrocyte)の2種類の細胞を生じる。必ず中間宿主と終宿主の間を往復する生活環を持つ。肉胞子虫属に100種以上知られているほか、Frenkelia属が知られている。
トキソプラズマ亜科 Toxoplasmatinae Biocca, 1957
シスト中には1種類の細胞のみが含まれている。トキソプラズマ科(Toxoplasmatidae)として独立に扱う場合もある。計数十種が知られている。
シストイソスポーラ
シスト中には虫体(zoite)が単独で存在している。
トキソプラズマネオスポラ
シスト中にはブラディゾイトが多数存在し、宿主の細胞核を含まない。中間宿主どうしでの伝播が起きる。
ベスノイチア
シスト中にはブラディゾイトが多数存在し、宿主の細胞核が含まれる。中間宿主どうしでの伝播が起きる。
ハモンディアHeydornia[2]
シスト中にはブラディゾイトが多数存在し、宿主の細胞核を含まない。中間宿主どうしでの伝播が起きない。

またカエルの腎臓に寄生するHyaloklossia lieberkuehni[3]およびコウモリの腎臓に寄生するNephroisospora eptesici[4]は本科(とくにトキソプラズマ亜科)に所属すると考えられている。

参考文献編集

  1. ^ Frenkel JK, Smith DD (2003). “Determination of the genera of cyst-forming coccidia.”. Parasitol. Res. 91: 384-389. doi:10.1007/s00436-003-0969-4. 
  2. ^ Ogedengbe et al. (2016). “Molecular phylogenetic analyses of tissue coccidia (sarcocystidae; apicomplexa) based on nuclear 18s RDNA and mitochondrial COI sequences confirms the paraphyly of the genus Hammondia”. Parasitology Open 2: e2. doi:10.1017/pao.2015.7. 
  3. ^ Modrý D, et al. (2001). “Phylogenetic position of a renal coccidium of the European green frogs, 'Isospora' lieberkuehni Labbé, 1894 (Apicomplexa: Sarcocystidae) and its taxonomic implications.”. Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 51 (3): 767-772. doi:10.1099/00207713-51-3-767. 
  4. ^ Wünschmann A, et al. (2010). “Renal infection by a new coccidian genus in big brown bats (Eptesicus fuscus).”. J. Parasitol. 96 (1): 178-183. doi:10.1645/GE-2250.1. 

外部リンク編集