メインメニューを開く
肉骨粉

肉骨粉(にくこっぷん)は、から食肉を除いたあとの屑肉脊髄内臓血液等を加熱処理の上、油脂を除いて乾燥、細かく砕いて粉末としたもの。

肥料への利用編集

本来、肉骨粉は畜産で余った骨や屑肉を破砕して乾燥させ畑にまいていたものを指していた[1]。肉骨粉は特に牧草用の肥料として用いられていた[1]。今でも農作物の肥料に用いられる。

飼料への利用編集

歴史編集

肉骨粉は飼料としても利用されているが、18世紀の産業革命期のイギリスヒツジに誤って肉骨粉入りの飼料を与えたところ成長が早くなったことが最初とされている[1]。安価で、蛋白質カルシウムリン酸質が豊富で高い栄養価を誇るため、BSEの問題が起こる前まではよく用いられていた。

牛海綿状脳症等との関わり編集

牛海綿状脳症(BSE、いわゆる狂牛病)の原因に関係すると考えられている異常プリオンは、肉骨粉の材料となる部位に多く含まれており、また通常の加熱処理では不活化できないため、材料を採取した動物が「異常プリオンを保有している牛」であった場合は、そこから生産された肉骨粉にも異常プリオンが含まれている可能性がある。その場合、この肉骨粉を牛の飼料として与えると牛海綿状脳症の感染源となりえることが指摘されている。[要出典]

日本編集

日本では昔から肉骨粉は牛の飼料としては用いられておらず、牛以外の家畜の飼料や肥料として使われる事が多かった。しかし、保管・流通段階で牛の飼料に混入したり、不適切な使用により牛に与えられていた事例があったことから、2001年10月から農林水産省に肉骨粉を含む家畜飼料・肥料の製造・販売が禁止された。[要出典]

本来、子牛は人間同様母牛の乳を飲んで成長するが、牛乳は人間が飲むために出荷し、牛には(親子双方ともに)カルシウムなどの栄養素は肉骨粉で代用したのである。[要出典]

  • 2001年10月4日 農林水産省が飼料の製造・出荷禁止の要請
  • 2001年10月15日 農林水産省が飼料の製造・出荷禁止を法的に決定(飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正)

使用できない牛由来の肉骨粉は、工場で焼却処分したり、セメントへの再利用が進められた。

2001年11月1日からは、豚・鶏由来の肉骨粉に限っては、異常プリオンを含有せず牛海綿状脳症の感染源にはなりえないとして、豚・鶏の飼料および肥料として再び使えるようになった。

2014年1月4日からは、国内外の対策によるBSE発生リスクの減少を踏まえ、管理措置を義務づけた上で牛の肉骨粉の肥料利用が再開された[2]

米国編集

米国FDAは科学的見地から動物に非反芻動物のタンパク質を牛の餌に与えることを許容している。例えば、鶏糞や畜粉を牛に与えることは許容されており(糖蜜飼育,鶏糞飼育)、牛や豚の肉骨粉は鶏の餌として与えられている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ベンジャミン・フルフォード『マクドナルド化する世界経済』イースト・プレス、2013年。
  2. ^ 牛の肉骨粉等の肥料利用について”. 農林水産省 (2014年9月17日). 2016年10月12日閲覧。

関連項目編集