メインメニューを開く

』(にく、We Are What We Are)とは、2013年アメリカ合衆国ホラー映画。監督はジム・ミックル英語版メキシコのホラー映画『猟奇的な家族英語版』のリメイクであるこの映画は、恐ろしい秘密を抱えた家族を描いた作品である。

We Are What We Are
監督 ジム・ミックル英語版
脚本 ニック・ダミチ英語版
ジム・ミックル
オリジナル脚本
ホルヘ・ミッチェル・グラウ
製作 ロドリゴ・ベロット
アンドリュー・D・コーキン
リンダ・モラン
ニコラス・シューメイカー
ジャック・ターナー
製作総指揮 エミリー・ジョルジュ
タニヤ・マイスナー
ブレット・フィッツジェラルド
モー・ヌーラリ
レネ・バスティアン
ジェイコブ・ペチェニック
出演者 ビル・セイジ
アンビル・チルダーズ
ジュリア・ガーナー
ケリー・マクギリス
オデイア・ラッシュ
音楽 ジェフ・グレース
ダレン・モリス
フィル・モスマン
撮影 ライアン・サマル
編集 ジム・ミックル
製作会社 Belladonna Productions
Memento Films International
Uncorked Productions
Venture Forth
配給 アメリカ合衆国の旗 Entertainment One
日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年9月27日
日本の旗 2014年5月10日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $81,381[1]
テンプレートを表示

2013年5月に開催された第66回カンヌ国際映画祭監督週間英語版で上映された[2]

ストーリー編集

ニューヨーク北部の片田舎に暮らすパーカー家。一見、平凡で静かに慎ましく生きて来た彼らの生活が、母親エマの不慮の事故死により、一変してしまう。美しい姉妹・アイリスとローズは、ずっと隠されてきた『秘密』を母親の代わりに担う事になる。しかしそれは、可憐な少女には不向きな、あまりにも過酷で残酷な秘密だった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

日本での公開編集

あまりにも過激な内容であるため多くの国でシーンがカットされた一方、日本では修正なしでR18+での公開となった[3]。 日本でのポスターのアートディレクションは、nixgraphics.co,ltdが担当しており、題名の「肉」の文字はレースで描かれている。

参考文献編集

  1. ^ We Are What We Are (2013)” (英語). Box Office Mojo. 2015年10月11日閲覧。
  2. ^ List of films in Cannes Directors' Fortnight” (英語). カンヌ国際映画祭 (2013年4月23日). 2013年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月11日閲覧。
  3. ^ 【禁断の肉 速報】おそろしくも美しい衝撃のホラー映画『肉』 修正なしで日本上映決定!!”. ガジェット通信 (2014年3月7日). 2014年9月2日閲覧。

外部リンク編集