メインメニューを開く
股野琢(股野藍田)

股野 琢(またの たく、天保9年8月21日[1]1838年10月9日) – 大正10年(1921年10月13日[2])は、日本の宮内官僚漢学者子玉藍田

目次

経歴編集

播磨国龍野藩に藩儒股野景質(達軒)の長男として生まれ、大坂江戸に遊学した[1]1871年明治4年)、教部省宣教掛として出仕[1]。その後、太政官に入り、内閣記録局長に昇進した[1]1889年(明治22年)、宮内省に転じ、書記官、文事秘書官、局長、別当を歴任し、帝室博物館総長兼内大臣秘書官長に至った[3]。さらに臨時帝室編修局編修官長、宮中顧問官を務めた[3]

栄典編集

著書編集

  • 『鐃歌余響』(1906年)
  • 『葦杭游記』(1909年)
  • 『邀月楼存稿』(1919年)

脚注編集

  1. ^ a b c d 大正人名辞典 p.343 1917.
  2. ^ 『官報』第2764号、大正10年10月18日。
  3. ^ a b 人事興信録 1918.
  4. ^ 『官報』第2251号「叙任及辞令」1890年12月27日。
  5. ^ 『官報』第5021号「叙任及辞令」1900年3月31日。

参考文献編集

  • 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。