メインメニューを開く

肥前有馬氏(ひぜんありまし)は、日本氏族。通字は「」または「」で、いずれも「すみ」または「ずみ」と読む。

肥前有馬氏
家紋
有馬瓜ありまうり
本姓 藤原北家純友流
桓武平氏
家祖 藤原直純
種別 武家
華族子爵
出身地 肥前国高来郡有馬庄
主な根拠地 肥前国
越前国
東京都
著名な人物 有馬晴純
有馬晴信
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

 
本来の有馬瓜(五瓜)

天慶の乱の時の伊予藤原純友の末裔あるいは平直澄の子孫が祖先といわれているが、詳しくはわかっていない。

戦国時代有馬晴純が現われて島原半島を根拠に肥前国一帯に一大勢力を広げ、さらにポルトガルとの交易で最盛期を築き上げたが、その子の有馬義貞は、龍造寺隆信の圧迫を受けて衰退する。1584年有馬晴信島津氏と結んで沖田畷の戦い龍造寺氏を撃退し、後に豊臣秀吉九州平定で本領を安堵された。

江戸時代に入って、晴信が岡本大八事件江戸幕府の命令により切腹させられたが、晴信の子・有馬直純日向延岡を与えられたため、存続した。外様大名であったが、直純の後妻・国姫が徳川家康の養女(家康の外孫である熊姫の娘)だったため、後に幕府より許しを得て譜代大名に鞍替えしている(願い譜代)。

その後、越後糸魚川藩主、越前丸岡藩主となり、明治維新を迎えた。

家紋大村氏と同じ「五瓜剣唐花」(有馬瓜大村瓜)を用いたが、もともとの図案は「五瓜」であった。ほかに「有馬唐花唐花)」「丸に六つ唐花」が『寛政重修諸家譜』に載る[1]

歴代当主編集

系図編集

脚注編集