極め技としての肩固め

肩固め(かたがため)は、柔道で使用される抑え込みの技である。絞技腕三角絞め(英:アーム・トライアングル・チョーク (Arm Triangle Choke))の一種でもある。

講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名は肩固。IJF略号KAG

概要編集

基本形としては上になった状態から、相手の首と上方に上げさせた片腕を腋の下から、襷の様にして、自分の両腕で捕らえ、肩ごと床に固めることで抑え込みが成立する。着衣の場合は上ではなく横方向へ腕を伸ばさせて、片手のみで肩固めで絞める場合もある。また、その状態から圧力を加えることで絞め技ともなるが、それも慣習的に講道館では肩固めと呼ぶ。したがって、他の抑込技と異なり受がハーフガードを取った状態でも柔道の決り技名として使用されることがある。

肩の関節を極めるのではでなく攻め手の腕で片側の頚動脈を、押し付けられた受け手自身の肩で反対側の頚動脈を同時に絞める絞技である。基本的な構造は三角絞めとほぼ同じで、脚で行う三角絞めに対して腕で行う三角絞めのような絞め技である。

相手を寝かせた状態から上からサイドポジション体勢をとり、相手の片腕と頭を抱え込む様にして腕をクラッチして抑え込む。自分の頭は相手が起き上がって抜け出すのを防ぐために相手に当てるのだが、頚動脈を絞めるのは両腕の力のみで行う人もいるが、本来は腕を梃子利用して相手を絞める技である。マウントポジションから抑え込んだ場合は縦四方固肩固併用縦四方固となる。

三角絞同様に類型的な柔道の技ではあるが、ブラジリアン柔術の選手の間でも頻繁に使われる。

MMAでは、カーウソン門下のムリーロ・ブスタマンチマリオ・スペーヒーアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラビトー・シャオリン・ヒベイロなどが極め技として披露してきた。

ヴォンフルー・チョーク編集

ヴォンフルー・チョークは基本形の肩固めは相手の肩を首に押し付けるが、抑え込み時に自らの肩を押し付けて極める変形の肩固。受の下からベーシックギロチンチョークへの返し技として使う場合が多い。基本形では受と取の体の向きはほぼ平行だが、この技の場合は平行でない場合が極めやすい。この技でタップアウトを奪ったJason Von Flueの名前からヴォンフルー・チョークと呼ばれる。頻度の少ない技だがオヴィンス・サンプルーは2019年9月現在でこの技で4回勝利している。

関連技編集

外部リンク編集