メインメニューを開く

育徳帝(いくとくてい、ズクドゥクてい、Dục Đức、1852年2月23日 - 1883年10月6日)は、ベトナム阮朝の第5代皇帝。諱は阮福膺𩡤{「香」へんに「蓋」}(Nguyễn Phúc Ưng Ái)、後に阮福膺禛(Nguyễn Phúc Ưng Chân)と改めた。嗣徳帝の弟である瑞太公阮福洪依(Nguyễn Phúc Hồng Y)の子。在位1883年

育徳帝
阮朝
5代皇帝
国号 大南
王朝 阮朝
在位期間 1883年7月20日-1883年7月23日
都城 順化皇城(現フエ
姓・諱 阮福膺禛、阮福膺𩡤
諡号 恵皇帝
廟号 恭宗
別号 育徳堂
生年 (1852-02-23) 1852年2月23日
没年 (1883-10-06) 1883年10月6日(31歳没)
実父:瑞太王阮福洪依
養父:嗣徳帝
陳氏娥
后妃 慈明恵皇后潘氏調
陵墓 安陵

嗣徳帝には子がなく、3人の甥を養子にしていたが、育徳帝はその中で最年長であった。嗣徳帝は育徳帝の言動に不満を持ち、後継者候補から外そうとしたことがあったが、母親の慈裕皇太后に反対された。1883年、嗣徳帝は重病に陥った際、やむを得ず遺詔で育徳帝を後継者に指名した。しかしその文中に否定的な評価があったため、遺詔を朗読するとき、育徳帝はその部分を削除することを求めた。

嗣徳帝の本来の意は最も幼いが聡明な建福帝にあったとされ、阮文祥尊室説などの権臣もそれを望んでいたため、遺詔をないがしろにしたこと、儀式に臨んで喪服でない緑の服を着用したことなどを理由に、わずか3日後の7月23日、慈裕太皇太后ベトナム語版中国語版の命で後継者の地位を剥奪され、絶食させられて餓死した(即位礼は行っていない)。強引な廃位については、廷臣のなかにも潘廷逢ベトナム語版のように反対する者がいたが、彼らは皆罷免・追放された。

阮朝の皇帝は元号で呼ばれるが、元号も定められなかったため、生前起居していた宮中の育徳堂にちなんで育徳帝と称されている。のちに子の成泰帝が立つと、恭宗恵皇帝廟号諡号が追贈された。

参考文献編集

  • 大南寔録』正編第4紀巻69 翼宗英皇帝 及び巻70 附廃帝(慶應義塾大学言語文化研究所刊行影印本)
先代:
嗣徳帝
阮朝の皇帝
第5代:1883年
次代:
協和帝