胆振支庁

かつて日本の北海道にあった支庁のひとつ
日本 > 北海道 > 胆振支庁(現・胆振総合振興局

胆振支庁(いぶりしちょう)は、かつて北海道に存在した支庁のひとつ。支庁名は胆振國に由来する。人口密度は高知島根秋田岩手の四県より高く、北海道内では石狩支庁に次いで二番目。支庁所在地は室蘭市2010年平成22年)4月1日胆振総合振興局に改組。

胆振支庁
2010年4月1日 胆振総合振興局に改組)
Iburi subpref Hokkaido.png
自治体コード 01570-9
改組 胆振支庁 → 胆振総合振興局
面積 3,698.00 km²
2009年10月1日)
世帯数 181,451世帯
2005年10月1日 国勢調査
総人口 426,639
(2005年10月1日 国勢調査)

隣接していた支庁

渡島支庁後志支庁石狩支庁空知支庁上川支庁日高支庁
胆振総合振興局(旧・胆振支庁)
所在地 〒051-8558
室蘭市幸町9-11
外部リンク 胆振総合振興局

歴史編集

  • 1897年明治30年) - 室蘭支庁を設置。
  • 1899年(明治32年) - 虻田郡倶知安村(現・倶知安町京極町)が岩内支庁(現在の後志支庁)へ移管される。
  • 1906年(明治39年) - 勇払郡占冠村上川支庁へ移管される。
  • 1910年(明治43年) - 虻田郡真狩村(現・留寿都村真狩村喜茂別町)、狩太村(現・ニセコ町)が後志支庁へ移管される。
  • 1922年大正11年)8月17日 - 胆振支庁に改称。
  • 1948年昭和23年)10月20日 - 地方自治法の施行に基づき支庁は都道府県が条例で任意に設置する総合出先機関となり、北海道支庁設置条例(昭和23年9月27日条例第44号)が施行される(条例で有珠郡、虻田郡豊浦町及び洞爺湖町、白老郡、勇払郡(占冠村を除く)を所轄区域、支庁の位置を室蘭市と定める)[1]
  • 2006年(平成18年)3月1日 - 大滝村を伊達市に編入。
  • 2006年(平成18年)3月27日
    • 虻田町・洞爺村が新設合併し、洞爺湖町が発足。
    • 早来町と追分町が新設合併し、安平町が発足。
    • 鵡川町と穂別町が新設合併し、むかわ町が発足。
  • 2009年(平成21年)3月 - 14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、日胆総合振興局(にったんそうごうしんこうきょく)の名称で、日高支庁より改組される日高振興局を下部組織として設置する予定であったが、「格下げ」に対する反発が生じたことから条例を改正。名称を支庁と同じ胆振総合振興局とし、日高振興局については総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされた。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 胆振支庁が廃止され、胆振総合振興局が発足。
  • 2018年(平成30年)9月6日 - 厚真町鹿沼で最大震度7を観測した北海道胆振東部地震が発生。

地理編集

 
道内における胆振支庁の位置

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷編集

以下は、室蘭市及び苫小牧市を中心市とする都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市の DID 人口が1万人以上)の変遷である。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
大滝村 - - - - - 室蘭 都市圏
200231人
伊達市
伊達市 室蘭 都市圏
241371人
室蘭 都市圏
207685人
室蘭 都市圏
201013人
室蘭 都市圏
201293人
室蘭 都市圏
204163人
登別市 登別市
室蘭市 室蘭市
豊浦町 - - - 豊浦町
壮瞥町 - - - - 壮瞥町
虻田町 - - - - 洞爺湖町
洞爺村 - - - - -
白老町 白老 都市圏
24165人
- 苫小牧 都市圏
196728人
苫小牧 都市圏
199144人
苫小牧 都市圏
198731人
苫小牧 都市圏
192696人
白老町
苫小牧市 苫小牧 都市圏
158191人
苫小牧 都市圏
165052人
苫小牧市
早来町 千歳 都市圏 安平町
追分町 - - 千歳 都市圏 千歳 都市圏 千歳 都市圏
厚真町 - - - - - - 厚真町
鵡川町 - - - - - - むかわ町
穂別町 - - - - -

地域編集

 
胆振支庁の自治体
1. 室蘭市 / 2. 苫小牧市 / 3. 登別市 / 4. 伊達市 / 5. 豊浦町 / 6. 洞爺湖町 / 7. 壮瞥町 / 8. 白老町 / 9. 安平町 / 10. 厚真町 / 11. むかわ町

全域が胆振國の領域に属する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 支庁制度について”. 北海道. 2020年7月30日閲覧。
  2. ^ 白老町は西いぶり地域とされる場合もある地球体感 西いぶり”. 北海道登別洞爺広域観光圏協議会. 2019年2月18日閲覧。

関連項目編集