胡渭

胡 渭(こ い、1633年 - 1717年)は、中国代初期の儒学者。もとの名は渭生朏明。号は東樵。湖州府徳清県の出身。

略歴編集

12歳の時に父を失い母とともに乱を避けて山谷に身を潜める。15歳の時に県学生となり太学に入った。経義に通じ、最も輿地の学に精しく、閻若璩顧祖禹とともに大清一統志の編集に関わった。康熙43年(1704年)に清の聖祖(康熙帝)の南巡に際し、主著『禹貢錐指』を献上して嘉納され、「耆年篤学」の四大字扁額を賜った。

著作編集

  • 『禹貢錐指』20巻 :酈道元水経注によって、代や代以来の水流の変遷を明らかにした。
  • 『易図明辯』10巻 :河図洛書・先天後天図などが後世の作であることを証明し、代の儒学者の誤謬を正した。
  • 『洪範正論』5巻
  • 『大学翼真』7巻
  • 『儀礼鄭注句読』
  • 『繹史』

参考文献編集

  • 『清史稿』187
  • 『国朝先正事略』131
  • 『国朝漢学師承記』1
  • 『清代樸学大師列伝』16
  • 『清史列伝』68
  • 『国朝耆献類徴』416
  • 『碑傳集』131
  • 『顔李師承記』3
  • 『清儒学案小識』12
  • 『文献徴存録』6
  • 『国朝詩人徴略初編』3