胡 烈(こ れつ、? - 泰始6年(270年)6月[1])は、中国三国時代から西晋にかけての武将。・西晋に仕えた。字は玄武または武玄[2]雍州安定郡臨涇県の人。父は胡遵。子は胡淵。兄は胡広・胡奮。弟は胡岐[3]

胡烈
西晋
秦州刺史
出生 生年不明
雍州安定郡臨涇県
死去 泰始6年(270年)6月
拼音 Hú Liè
玄武または武玄
主君 曹髦曹奐司馬炎
テンプレートを表示

経歴編集

甘露2年(257年)8月、胡烈は魏の泰山太守の官にあった。反乱を起こした諸葛誕の増援に訪れた朱異を、抜け道を通って都陸で襲撃し、軍需品を燃やす戦功を挙げた[4]

景元2年(261年)3月、襄陽太守を務め、「呉の鄧由らが帰順するのに呼応し、出迎えて敵の屯営を落としたい」と上奏した。しかし王基がこの帰順を偽りと疑い、司馬昭がその判断に従ったことで出兵は差し止められ、結局鄧由らが帰順することはなかった[5]

景元4年(263年)、征蜀護軍を務め、鍾会の配下として蜀漢討伐に従軍[4]。陽安関を襲撃して蔣舒を降伏させ、傅僉を撃ち破った[6]。別働隊の鄧艾が成都に迫ると、蜀漢の皇帝劉禅が降伏し征蜀は達成されるが、後に鍾会と共に鄧艾が反乱を企てていると訴え、逮捕に追いやった[7]

しかしその後は胡烈らが、反乱を目論む鍾会によって幽閉される。幽閉の最中、丘建の従卒が胡烈に食料を差し入れに訪れた。それを見た胡烈の従卒も胡烈に食料を差し入れに来たが、胡烈はその従卒に「丘建が極秘に情報をくれた。鍾会は大穴を掘り、棒を数千本用意し、よその兵を順番に棒で殴り殺して、穴に投げ込むつもりらしい」という虚報を流した。これを聞いた子の胡淵をはじめとする諸軍が、鍾会らを襲撃・殺害し、胡烈は救出された[8]蜀漢の滅亡)。

咸熙元年(264年)、荊州刺史を務め、呉の包囲を受けた永安羅憲の救援に向かい、敵軍を撤退させた[9]

魏から晋(西晋)への禅譲がなった後の泰始4年(268年)10月、呉の万郁が襄陽に侵攻したためこれを迎撃し、撃ち破った[1]

泰始5年(269年)2月、秦州が新設される。異民族の鮮卑が騒動を起こすことが懸念されたこの地に、西方に名を轟かす胡烈が刺史として抜擢された。しかし翌年(270年)6月、胡烈は鮮卑の禿髪樹機能との戦いに敗れ、戦死した[10]

これより先、晋の重臣陳騫は皇帝司馬炎に対し、「胡烈と牽弘は勇敢ですが思慮に欠けます。辺境の任は果たせないでしょう」と訴えており、両名ともに異民族との戦いで敗死するに及び、司馬炎は陳騫の言を聞かなかったことを後悔したとも言われる[11]

出典編集

脚注編集

  1. ^ a b 『晋書』世祖武帝紀
  2. ^ 陳寿三国志』魏書 鍾会伝注『晋諸公賛』では玄武、『晋書』胡奮伝では武玄とする。
  3. ^ 鍾会伝注『晋諸公賛』
  4. ^ a b 『晋書』太祖文帝紀
  5. ^ 『三国志』魏書 王基伝
  6. ^ 『三国志』蜀書 姜維伝注『漢晋春秋
  7. ^ 『三国志』魏書 鄧艾伝
  8. ^ 『三国志』魏書 鍾会伝
  9. ^ 『三国志』蜀書 霍峻伝注『漢晋春秋』
  10. ^ 司馬光資治通鑑』晋紀1
  11. ^ 『晋書』陳騫伝より。ただ、この記述によれば陳騫のこの訴えは大司馬任官の入朝時。『晋書』世祖武帝紀では、陳騫の大司馬任官は胡烈・牽弘の戦死より後で、時代が前後する。