能勢 信子(のせ のぶこ、1926年9月25日 - 1998年7月28日)は日本の経済学者神戸大学名誉教授

略歴編集

兵庫県神戸市出身。昭和高等商業学校(現大阪経済大学)卒業、1950年神戸経済大学(現神戸大学経済学部)卒業、1965年、神戸大学経営学博士。論文は「社会会計論 : 社会会計の本質および適用に関する研究」。 [1]

神戸大学経済経営研究所教授を経て、姫路獨協大学教授なども務めた。

国立大学で初めての女性経済学者として活躍し、多数の著書もある。

夫の能勢哲也は神戸商科大学(現兵庫県立大学)の元学長で、勲二等瑞宝章を受章している。また哲也は「夏の日の翔び去る如く―信子のアルバム」(近代文芸社、2000年)として能勢信子の生涯をつづった著書を出版している。

著書編集

  • 「能勢信子教授退官記念論文集」(神戸大学経済経営研究所、1990年
  • 「国際資源と国際金融政策の研究」(神戸大学経済経営研究所、1986年
  • 「非市場活動の国民経済計算」(同文舘出版、1999年
  • 「家族経済学」(共著、有斐閣1963年
  • 「社会会計論」(白桃書房1961年
  • 「日本経済の構造」 : 経済学入門(共著、同文館出版、1976年
  • 「社会会計の構造」(翻訳、同文舘出版、1967年
  • 「企業会計と社会会計」(共編、森山書点、1971年
  • 「国民経済計算」(翻訳、同文舘出版、1987年
  • 「経済会計の発展」(編著、同文舘出版、1990年

など

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集