ビーグル38

能勢浩から転送)

ビーグル38(ビーグルさんじゅうはち)は、かつて松竹芸能で活動していたお笑いトリオ

ビーグル38
メンバー 能勢ヒロシ
加藤統士
中屋卓
<元メンバー>
吉本英和
結成年 2008年(現メンバーとして)
解散年 2013年
事務所 松竹芸能
活動時期 1996年 - 2013年10月4日
旧コンビ名 うなぎ(2005年12月 - 2008年8月)
旧トリオ名 せんたくばさみ(1996年 - 2005年12月)
現在の活動状況 解散(能勢と中屋はピン、加藤は引退)
芸種 コント漫才
過去の代表番組 めっさGO!
なにわ最強パチラジオ!!
同期 ライセンス
バッドボーイズ
パックンマックン
インスタントジョンソンなど
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2001年 NHK新人演芸大賞
2002年 新人お笑い尼崎大賞優秀賞
2002年 ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2002年 上方お笑い大賞新人賞
2003年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2004年 上方漫才大賞優秀新人賞
テンプレートを表示

旧トリオ時代の名前は「せんたくばさみ」。コンビ時代の名前は「うなぎ」。2013年10月4日解散。

メンバー編集

  • 能勢 ヒロシ(本名:能勢浩(のせ ひろし)、 (1973-08-09) 1973年8月9日(47歳) - )
高知県出身。高知県立高知南高等学校卒業。ツッコミ担当。血液型O型。
R-1ぐらんぷりに出場した際には喜味こいしに扮した「リトルこいし」というキャラクターで登場し、2008年の大会では準決勝に進出。
芸人の傍ら、蕎麦ダイニング店の店長も務めている。
解散後は「ビーグル38能勢」としてピン芸人として活動。
第2回四万十映画祭で上映される『あらうんど四万十 ―カールニカーラン―』の一條安二郎役で出演。
2016年、高知県観光特使に就任[1]
岡本真夜とは高校の同級生で交流がある。
  • 加藤 統士(かとう もとし、 (1973-08-27) 1973年8月27日(47歳) - )
高知県出身。ボケ担当。血液型B型。
解散と同時に芸能界から引退した。
  • 中屋 卓(なかや すぐる、 (1981-08-28) 1981年8月28日(39歳) - )
大阪府出身。血液型O型。
2008年8月加入。
解散後は本名でピン芸人として活動。

元メンバー編集

  • 吉本 英和(よしもと ひでかず、 (1974-01-26) 1974年1月26日(46歳) - )
高知県出身。ボケ担当。血液型O型。「せんたくばさみ」時代の2005年12月脱退。
2010年1月現在、日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士として活躍。秋葉原にある麻雀店の店長を務めていた。

来歴・逸話編集

  • 芸人を目指していた能勢が、お笑いに全く興味の無かった加藤と吉本を誘い、1996年にトリオ「せんたくばさみ」を結成。名前の由来は、「芸能界の激しい逆風に吹き飛ばされないように」という意味が込められているが、これは後付けである。
  • 能勢が島から大阪へ旅立つ時、能勢の乗る船が出航する寸前に、見送りに来ていた吉本がその身一つで飛び乗り、そのまま共に大阪へ行った。また、能勢は共に上京しようと加藤を誘ったが、「その日はバイトがあるから」と断られた。
  • 「せんたくばさみ」時代、3人それぞれ、髪の毛の色を変えていたことがある(能勢=赤、吉本=青、加藤=黄色)。
  • 2005年12月6日、吉本が脱退。残った2人はコンビ名を「うなぎ」に改称(命名はよゐこ有野晋哉。テレビで共演した際、能勢に好物を聞いたところ「うなぎ」と言ったので、そのまま命名)。
  • 2008年8月に元「トランスポーター」の中屋が加入し、現在の「ビーグル38」に改名。同時に拠点を東京に移した。同月に出場したキングオブコントが、3人での初舞台だった。
  • 2009年11月、加藤が肺結核に罹患した事が発表された[2]。その後入院して治療を受けていたが、2010年2月に退院し、活動を再開している[3]
  • ビーグル38の名前の由来は、能勢が好きということもあって名前を考えるために犬の図鑑を買い、キャバリアビーグルビション・フリーゼの3つを候補に挙げ、加藤がスヌーピーにそっくりということと、短く覚えてもらいやすいということでビーグルになった。しかし、ビーグルで検索すると犬ばかりが出てくるので何か付けようということで、3人とも8月生まれで、38歳までには売れたいということでビーグル38になった[4]
  • 能勢の性格は大変素直らしく、「ドッキリ」にかかりやすい。ますだおかだ角パァ!では「おばさん女社長」に騙され、キスをしてしまった。
  • 能勢がゲットした芸能人の連絡先は芸人のいとうあさこと歌手の岡本真夜の二人。(岡本真夜とは同級生であり、東京にきて交流が復活した元クラスメイト。)
  • 能勢には一回り年下の彼女がいるが、「頼りない」「別れたい」と言われているらしい。(天才てれびくんMAX内にて)
  • 2013年10月4日に解散することが、事務所から発表された[5]。能勢、中屋はそれぞれ松竹芸能所属のピン芸人として活動し、加藤は芸能界から引退することとなった。

芸風編集

  • 主にコントだが、トリオ漫才をすることもある。また「せんたくばさみ」時代のネタをすることもある。
  • 「うなぎ」時代は漫才を中心に加藤がベタなボケをすることが多く、能勢に「そのボケ古ないか?」と突っ込まれることもあった。

サバイバルズ編集

  • 最近は能勢と加藤の二人がベテラン漫才コンビ「サバイバルズ」に扮したネタを中心に、二人でテレビ番組に出演することが多い。
名前はそれぞれ、能勢は「師匠」、加藤は「井上さん」。
ネタのパターンとしては能勢が喜味こいしの口調を真似しネタをふり、加藤が「うん、うん」とうなずく。
客(視聴者)はまったく聞き取れない加藤のボケを能勢の「なんちゅう事を言うんや」「それは今言わなあかんことか」「それはエアロスミスやないか」「鳩山由紀夫とはそういう男や」等のツッコミから想像するもの。
  • トリオでこのネタをする場合は中屋扮するネタ番組のプロデューサーにサバイバルズがネタ見せにくるパターンがある。
  • 元々は「うなぎ」時代にやっていたネタであり、能勢扮する喜味こいしに新人芸人の加藤が弟子入りとコンビ結成を持ちかけるものである。このネタが出来上がったきっかけは、ピンネタのライブに出演し、それぞれピン芸を披露する予定だったが、急に「コンビでやってくれ」と言われ、ピン芸をやるつもりで既に喜味こいしとおじいちゃんの格好になっていたため、着替え直す時間も無く、結局そのままの格好でコンビでネタをやったことだった。本人たちいわく「ゆるーい感覚で始めた」ネタだったという[6]
  • 2011年1月、喜味こいしが他界した際、能勢は葬儀に出席している。

芸歴編集

出演編集

テレビ・ラジオ編集

「せんたくばさみ」時代
  • なにわ最強パチラジオ!!(ラジオ大阪
  • せんたくな人々(KBS京都
  • めっさGO!四国放送、2003年12月)月替わり出演のレギュラー争奪戦
  • わらいのちから(CATV系)
  • 上方演芸ホールNHK大阪放送局
  • ますだおかだ角パァ!朝日放送
  • 爆笑オンエアバトルNHK総合)戦績6勝5敗 最高457KB
    • 初オンエアは2001年5月26日放送の大阪収録で、4回目の挑戦で初オンエア。4回目の挑戦で初オンエアは彼らが初である。オンエア6回中5回は地方収録[7]であり、東京収録では1度(2002年3月16日放送回)しかオンエアされなかった[8]。コント・漫才・ショートコントのいずれでもオンエアを勝ち取ったことのある番組内でも数少ない存在である。因みに上述の唯一の東京収録でのオンエアはショートコントを披露した回である。[9]
    • オフエア5回全てが8位敗退という非常に珍しい記録を残している。
    • 2003年11月21日放送回で番組初の「トリオ漫才」でのオンエア達成者となった[10]
  • わがまち探偵団(J:COM 高槻2001年4月 - 2018年12月、能勢レギュラー出演。ワトソンくん 役)
  • エンタの神様日本テレビ
「ビーグル38」時代(「☆」マーク以外は能勢と加藤のみの出演)
2009年7月4日放送でレッドカーペット賞受賞。
能勢のみ、よゐこ濱口優パワフルコンビーフコウタ・オジンオズボーン高松新一なすなかにし那須晃行と共に『はまぐちコントサークル』のメンバーとして登場した際のキャッチコピーは「松竹のゆかいな仲間たち」

映画編集

脚注編集

  1. ^ ビーグル38能勢、映画「あらうんど四万十」メンバーと高知県観光特使に就任”. お笑いナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  2. ^ 松竹芸能株式会社:ビーグル38・加藤統士 肺結核罹患に関するお知らせ
  3. ^ 松竹芸能株式会社:ビーグル38・加藤統士 退院のお知らせ
  4. ^ お笑い男子校(ワニブックス)2010年1月(Vol.2)より。
  5. ^ 松竹芸能株式会社:ビーグル38解散のお知らせ
  6. ^ 麻布台出版社『お笑いポポロ』2009年11月号より。
  7. ^ 地方収録5回中4回が大阪収録、1回は香川収録であった。
  8. ^ オフエア5回中4回が東京収録で残りの1回が名古屋収録。
  9. ^ この回はオンエア5組が全てコントであったが、この回以降漫才勢のオンエアが多い回が増えるようになり、全組コントのオンエアは2006年11月24日放送回まで約4年半も途切れる事となってしまった(2002年5月11日放送回では漫才のオンエアはなかったが、漫談でダンディ坂野がオンエアを獲得しており、ダンディ以外は全てコントのオンエアだった)。また、この回が番組最後の全組コントのオンエア回となってしまい、後継番組のオンバト+でも2013年12月21日放送回しか全組コントのオンエアはなかった(因みにこの回はオフエアだったレモンティー以外全てコントを披露していた)。
  10. ^ なお、3人漫才主流の「Bコース」が初オンエアを勝ち取ったのはその1週間後である。

外部リンク編集