メインメニューを開く

能村 庸一(のむら よういち、1941年1月6日 - 2017年5月13日[1])は、時代劇プロデューサー[2]

1963年4月、フジテレビに入社。アナウンサーを経て、プロデューサーとして同局時代劇枠の『鬼平犯科帳』、『剣客商売』などのプロデュースで知られる[1]。2011年2月、フジテレビを退職後も時代劇のプロデューサーとして活動を継続した[2]

目次

来歴・人物編集

東京都生まれ[3]青山学院大学文学部卒業後[3]1963年4月にフジテレビにアナウンサーとして入社[3]。同期のアナウンサーは岩佐徹露木茂

アナウンサーとして『名画座手帳』、舞台中継などを担当後、1968年、編成企画部へ異動[3]。その後、開発調査部長[3]、調査部長、編成局編成局専任局長(1994年)[4]などを歴任し、多数の時代劇ドラマの企画制作を担当。主な作品に『鬼平犯科帳』、『仕掛人・藤枝梅安』、『八丁堀捕物ばなし』、『阿部一族』、『御家人斬九郎』、『剣客商売』など、多くの松竹製作ドラマでプロデューサーを務めた。1990年代のフジテレビ時代劇の企画・プロデュースに対して第36回(1998年度)のギャラクシー賞テレビ部門特別賞を受賞[5]2000年にはテレビ時代劇の歴史をまとめた『実録テレビ時代劇史』(東京新聞出版局)で第13回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞 研究・考証部門を受賞した[6]

2011年2月、フジテレビを定年退職[3]。その後もフジテレビや時代劇専門チャンネルで制作する時代劇のプロデュース・監修を務めている。

フジテレビ在職時から「能村太郎」の名でナレーションも務めていた[7]。また、時代劇専門チャンネルでも解説やミニ番組に出演していた。

2017年5月13日、左腎細胞がんのため東京都内の病院で死去。76歳没[8]

著書編集

  • 『実録テレビ時代劇史 ちゃんばらクロニクル 1954-1998』(1999年1月、東京新聞出版局)
    • ※増補改訂版 『実録テレビ時代劇史』(2014年1月、ちくま文庫
  • 『役者のパートナー マネジャーの足跡』(2004年8月、思文閣出版
  • 春日太一との共著 『時代劇の作り方』(2011年7月、辰巳出版
  • 『時代劇役者昔ばなし』(2016年2月、ちくま文庫)

制作番組編集

※特記無き場合フジテレビ。

制作映画編集

出演作品編集

能村太郎名義編集

  • 隠密奉行朝比奈(1998年・1999年)
  • 鬼平犯科帳(第8シーズン以降)
  • 闇の狩人(2014年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集