能登キリコ祭り

能登キリコ祭り(のとキリコまつり)は、石川県能登半島各地で行われる祭りである。

目次

概要編集

「切籠(キリコ)」または「奉燈(ほうとう)」と呼ばれる高さ数メートル〜十数メートルの巨大な切子灯籠を使うことを特徴とするものである。地域によって御明かし(おあかし)とも呼ばれる。主として7月から10月に掛けて夏祭り・秋祭りとして、現在も約137の地区(不定期を含む)で行われており、疫病退散を願って始まったとされるものが多い。

1997年平成9年)12月4日には能登のキリコ祭りとして、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に指定され、2015年(平成27年)4月24日、文化庁は【日本遺産】の最初の18件の一つとして「灯り舞う半島 能登 ~熱狂のキリコ祭り~」を選んだと発表した。

キリコ(切籠)編集

 
七尾市で行われる石崎奉燈祭の様子

キリコは、ひとことでいえば巨大な切子灯籠であり、代表的な形としては背が高い直方体状で、前面中央部には漢字3文字で表した「キリコ吉祥文字」と呼ばれる地区ごとの願いや祈りを込めた文字を配し、「後美人」と呼ばれる背面には様々な絵(武者絵や風景画など)が施されている。中に灯り(昔はロウソクその他を使用したが現在はだいたい電灯)が入っている。上部には屋根や飾りが付いている。ただ実際のキリコの形や大きさはその地区・地区により様々である。中には青森ねぶたにも似た曲線状のものも存在する。

キリコは普段は各々の祭礼をする町内で管理されているが、輪島市の輪島キリコ会館に行くと多数のキリコをいつでもみることが出来る。また、能登空港道の駅桜峠などに、キリコ型の名称表示塔が立っている。

歴史とサイズ編集

キリコ祭りの歴史は伝説の中にあるものがあり、文献による記録はそう多くないが、1647年正保3年)の輪島住吉神社の祭礼定書にキリコのことが書かれている。宇出津・八坂神社のキリコ祭り(あばれ祭り)については寛文年間(1661-1673年)に桜井源五という人が始めたと伝承されているが、これについては異論もある。

他地域の類似の祭りと同様、キリコも最初は小さなもので手で持てる程度のものであったが、後に次第に巨大化していき、大人が何人も掛かって協力して担ぐものとなり、地区によっては巨大になりすぎて車を付けて動かすようになったところもある。また担げるサイズではあるものの、最近の過疎化で担ぎ手が足りずにやむを得ず車を付けた地区などもある。現在一番大きなものは、車の付いているものでは、寺家キリコ祭りの高さ16.5m、重さ約4t、屋根の広さは畳12畳分もある。人が担ぐものでは、石崎奉燈祭の高さ約13m〜15m、重さ約2tで、男衆約100人で担ぎ町中を練る。

最重要な祭り編集

キリコ祭りは能登地方の住民にとって最も重要な祭りであり、この地区で生まれて金沢東京大阪などに出て行っている人たちが、盆には帰省しなくても自分の町でキリコ祭りがある時には戻ってきて、祭りに参加している。そのため、祭りが行われる時期にはその地区周辺は交通が混雑するし、祭り当日は町内への車乗り入れが規制される場合もある。

各地のキリコ祭り編集

七尾市
  • 互市祭 - 7月上旬
  • 七尾祇園祭 - 7月上旬
  • 能登島向田の火祭り - 7月下旬
  • 六保納涼祭 - 7月下旬
  • なごしの祭り - 7月下旬
  • 塩津かがり火恋まつり - 7月第4土曜日
  • 石崎奉燈祭 - 8月第1土曜日
  • 新宮納涼祭 - 8月14日
輪島市
  • 剱地八幡神社大祭(おさよ祭り) - 7月中旬
  • 水無月祭り - 7月下旬
  • 名舟大祭 - 7月下旬
  • 曽々木大祭 - 8月17日
  • 輪島大祭 - 8月下旬[1](奥津姫神社大祭、重蔵神社大祭、住吉神社大祭、輪島前神社大祭)
珠洲市
穴水町
  • 中居キリコ祭り - 7月下旬
  • 明千寺キリコ祭り - 8月中旬
  • 沖波大漁祭り - 8月17・18日
  • 大町・川島祭り - 9月中旬
  • 前波曳山祭 - 9月中旬
能登町
  • あばれ祭り - 7月第1金・土曜日
  • 藤波キリコ祭り - 7月14日・15日
  • 姫どいやさ祭 - 7月第4土・日曜日
  • 松波人形キリコ祭り - 7月第4土曜日
  • 恋路火祭り - 7月27日
  • ござれ祭り - 8月中旬
  • にわか祭 - 8月24日
  • 波並大祭 - 9月第1金・土曜日
  • 柳田大祭 - 9月16日
  • 小木袖キリコ祭り - 9月第3土・日曜日
志賀町
  • 大福寺祭 - 8月上旬
  • 西海祭り - 8月14日
  • 酒見祭 - 8月下旬
  • 富来八朔祭り - 8月下旬
  • 福浦祭 - 8月下旬
  • 笹波・前浜祭 - 8月下旬

輪島キリコ会館編集

  輪島キリコ会館
WAJIMA KIRIKO ART MUSEUM
施設情報
前身 能登のお祭り館 キリコ会館
専門分野 民俗文化、歴史
開館 2015年平成27年)3月29日(新会館)
所在地 928-0008
石川県輪島市マリンタウン6番1
公式サイト 輪島キリコ会館ホームページ
プロジェクト:GLAM

石川県輪島市マリンタウンにある、能登地方のキリコを多数展示しキリコ祭りを紹介する会館。これまで郊外の同市塚田町にあった会館を、市街地の海沿いの現在地に移転新築し、2015年(平成27年)3月29日にリニューアルオープンした。

U字形の建物の1階には、大キリコが7基(内1基は2016年2月現在修繕中)、中小のキリコ24基が展示されており、2階の空中回廊からは普段は見ることの出来ない上部からキリコを眺めることができるほか、縦型の大スクリーンにてキリコ祭りの様子を紹介している。また2015年(平成27年)放送の、NHK連続テレビ小説まれ』作中に使用されたキリコ「不退転」や、希のロゴ入りの「まれキリコ」なども展示されている。 他にも日本海を一望出来る3階展望ロビーがあり、1階奥の売店では能登名物のお土産品も取り揃えられている。

U字形の建物内側の外部は屋根の付いた舞台があり、イベントスペースとなっており、輪島市名舟町で発祥した御陣乗太鼓(石川県無形文化財指定)の実演会も行われている。

また前身の施設は、2008年(平成20年)に、フランスミシュラン社発行の旅行ガイド日本編「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」より2つ星に選ばれている。

  • 開館時間 午前8時〜午後5時 有料  
  • 休館日 なし(年中無休)

参考文献編集

関連項目編集

  • まれ - 2015年(平成27年)に放送されたNHK連続テレビ小説『まれ』の第2週(4月7日 - 12日)の放送でキリコ祭りが取り上げられた。その後、『まれ』クランクアップ後の8月23日にヒロイン役の土屋太鳳が観覧していた。この様子が、スピンオフ第2話『一子の恋〜洋一郎25年目の決断〜』のエンディングカードで紹介されていた。[1][2]
  • 山車会館
  • 日本遺産
  • キリコ祭り (小惑星)

脚注編集

外部リンク編集