メインメニューを開く

脇田 晴子(わきた はるこ、1934年3月9日 - 2016年9月27日[1][2] )は、日本の歴史学者滋賀県立大学名誉教授文学博士京都大学、1969年)(学位論文「中世商工業座の構造」)。兵庫県西宮市生まれ。父は俳人の麻野恵三(微笑子)、夫は歴史学者脇田修。子は経済学者の脇田成

脇田 晴子
人物情報
生誕 (1934-03-09) 1934年3月9日
日本の旗 日本
死没 2016年9月27日(2016-09-27)(82歳)
出身校 神戸大学文学部
京都大学
配偶者 脇田成
子供 脇田修
学問
研究分野 歴史学(日本中世史)
研究機関 滋賀県立大学
学位 文学博士京都大学
テンプレートを表示

略歴編集

研究活動編集

中世史を専攻し、商工業論、都市論等から、女性史、芸能史に及び、網野善彦の、中世非農業民が天皇直属であったという説に反対し、遊女の地位をめぐって論争した。また外国の日本学者との共同作業も多い。

1996年から2004年まで石見銀山遺跡調査整備委員会の委員と、1997年から2004年まで石見銀山歴史文献調査団の団長を務め、2004年から2006年ユネスコへ提出する世界遺産登録推薦書の作成にも関与。特に中世商工業研究の視点から、石見銀山では精錬に必要な火力()を安定確保するために植林活動を行い、結果として土砂災害も軽減したことを指摘。これが「自然との調和」「環境配慮」といった評価に繋がった[要出典]。また2005年には、女性史のより一層の発展を図ろうという意図で、女性史学に関する優れた著書に女性史学賞を創設。

受賞歴・叙勲歴編集

単著編集

編著・共著編集

  • ジェンダーの日本史 スーザン.B.ハンレーと共編 東京大学出版会, 1994-95
  • Women and Class in Japanese History. Hitomi Tonomura とAnne Walthall と共編  Center for Japanese Studies, University of Michigan, 1999
  • アイデンティティ・周縁・媒介 アンヌ・ブッシィと共編 吉川弘文館, 2000
  • 周縁文化と身分制 マーチン・コルカット・平雅行と共編 思文閣出版, 2005
  • 物語京都の歴史 花の都の二千年 脇田修と共著 中公新書, 2008

脚注編集