脇往還

脇街道から転送)

脇往還(わきおうかん)は、江戸時代五街道以外の主要な街道をいう。脇街道(わきかいどう)、また単に脇道[1](わきみち)ともいった。五街道とともに江戸幕府が直轄した主要幹線道路で幕府から重要視されたため、五街道と同様に道中奉行が管理し[要検証 ]宿駅一里塚並木などが整備された所も多い[2]

目次

主な脇往還編集

脚注編集

  1. ^ a b -江戸時代-”. ふじみ野市. 2017年5月10日閲覧。
  2. ^ 浅井建爾 2001, p. 100。五街道と脇街道以外の諸街道は、勘定奉行が管轄した。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集