メインメニューを開く

脳内活性!クイズファクトリー』(のうないかっせい クイズファクトリー)は、2006年7月3日7月4日未明)から同年9月25日9月26日未明)まで関西テレビで放送されていた関西ローカルクイズ番組である。全13回。放送時間は毎週月曜 24:35 - 25:05 (火曜 0:35 - 1:05)、初回のみ25:05 - 25:35に放送。司会はフリーアナウンサーの宮根誠司

脳内活性!クイズファクトリー
ジャンル クイズ番組
出演者 宮根誠司
ほか
プロデューサー 中澤健吾
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
レギュラー放送
放送期間 2006年7月3日 - 2006年9月25日
放送時間 月曜 24:35 - 25:05
放送分 30分
回数 13
新春SP 萌えるアホカワ美女祭
放送期間 2007年1月1日
放送時間 月曜 24:45 - 26:00
放送分 75分
回数 1
テンプレートを表示

目次

概要編集

「毎回実験的な新しいクイズを作成」という触れ込みでスタートした実験的な深夜番組

番組は始めから1クールで終了することが決まっており、番組公式サイトでも「1クール限定」と明記されていた。放送は1クールのみだったが、第1回目で実施した「アホカワ選手権」は雑誌・インターネットで一部話題となり[要出典]、唯一4回にわたって行われた番組の名物企画となった。

レギュラー放送終了後の2007年1月1日(月曜) 24:45 - 26:00には、『脳内活性!クイズファクトリー新春SP 萌えるアホカワ美女祭』と題したスペシャル番組が放送された。

出演者編集

主な企画編集

  • アホカワ選手権 - 倖田來未が引き起こした「エロカワ」現象に続けとばかりに、アホで可愛いアイドル「アホカワクイーン」を決定するためにアイドルが常識クイズで激突する。
  • なるほど・ザ・オヤジワールド
  • クイズ・イナバウアー
  • 踊る大調査線
  • マネルクイズ アタック36(2006年7月31日) - 『パネルクイズ アタック25』のパロディ企画で、児玉清のモノマネでおなじみになった博多華丸が司会を務めた。2組の回答者がクイズで6×6(36面)のオセロゲームの陣地を奪い合う。出題は実際に『アタック25』で問題を読み上げていた豊島美雪が行い、盤上のオセロの駒の移動は相方の博多大吉が行った。
  • 平成芸能委員会
  • ほか

歴代アホカワクイーン編集

ナレーター編集

スタッフ編集

  • 構成:鹿島我、根宜利彰、杉森敏博
  • リサーチ:寺前富雄、貝島純一
  • TD(テクニカルディレクター):松田茂
  • CAM(カメラマン):中居龍紀
  • 音声:永田誠
  • 照明:中島啓、大阪共立
  • VTR編集:古賀喜和
  • MA・効果:西原長治
  • タイトル:溜池尚毅
  • 美術:岡崎忠司
  • 美術進行:建部英毅(通称:ヒデキング☆)
  • 大道具:山本達雄
  • 装飾:森仁美
  • 電飾:増本正寿
  • メイク:パウダー
  • 広報:大西千絵
  • 制作デスク:山上和恵、石田さゆり
  • ディレクター:川元敦雄、宮内宏輔、井上孝、薄井太介、脇田直樹
  • プロデューサー:中澤健吾
  • スタッフ協力:BOY'SD-クラッチ.テレコープ
  • 制作著作:関西テレビ

外部リンク編集

関西テレビ 月曜24:35枠
前番組 番組名 次番組
扇町兎園会
(2006年4月3日 - 2006年6月26日)
脳内活性!クイズファクトリー
(2006年7月3日 - 2006年9月25日)
恋愛バラエティ ピンどん
(2006年10月9日 - 2006年12月25日)