メインメニューを開く

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(ふぬけども、かなしみのあいをみせろ)は、本谷有希子が主宰する劇団「劇団、本谷有希子」の舞台劇。本谷の作・演出により「劇団、本谷有希子」第一回公演として2000年9月に初演された。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
作者 本谷有希子
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル ブラック・コメディ
初演 2000年9月、プロト・シアター
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

2004年に本谷自身により小説化され2005年6月講談社より刊行、小説を原作として2007年に映画化されている。

目次

概要編集

女優志望の勘違い女を主人公に、彼女を題材にしたホラー漫画を描いて恨まれている妹や兄夫婦など、4人の人物が主に登場するブラック・コメディ

2000年に初演。本谷が主宰する劇団、本谷有希子の第1回公演作であった。2004年に再演。この模様はDVD化されている。

あらすじ編集

北陸のとある山間部に暮らす和合清深は、漫画を描くことを趣味とする暗い女性。ある日、両親が交通事故死したことを受けて、清深の姉・澄伽が帰省する。澄伽は4年前、女優を目指して上京し人気が出なかったために帰省したが、我侭で自意識過剰な性格は相変わらず。そんな姉妹が大騒動を巻き起こす。

登場人物編集

公演詳細編集

劇団、本谷有希子 第一回公演(初演)
劇団、本谷有希子 第8回公演(再演)

関連商品編集

DVD
  • 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』DVD(ヴィレッジ、ECDV001_01)

小説版編集

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
著者 本谷有希子
発行日 2005年6月30日
発行元 講談社
ジャンル 長編小説
  日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 198
公式サイト bookclub.kodansha.co.jp
コード ISBN 978-4-06-212998-5
ISBN 978-4-06-275741-6文庫判
  ウィキポータル 文学
[   ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

舞台再演の後、本谷自身によって小説化され、『群像』の2004年12月号に掲載された。これは第18回三島由紀夫賞の候補になった。2005年6月講談社より刊行、2007年5月講談社文庫より文庫化された。

本作を原作として、2007年佐藤江梨子主演、 吉田大八監督・脚本で映画化された[1]

書誌情報編集


映画版編集

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
Funuke
Show Some Love, You Losers!
監督 吉田大八
脚本 吉田大八
原作 本谷有希子
製作 柿本秀二
小西啓介
鈴木ゆたか
出演者 佐藤江梨子
佐津川愛美
永作博美
永瀬正敏
音楽 鈴木惣一朗
主題歌 チャットモンチー世界が終わる夜に
撮影 阿藤正一
編集 岡田久美
制作会社 モンスター☆ウルトラ
製作会社 モンスター☆ウルトラ
ティー・ワイ・オー
アミューズソフトエンタテインメント
ファントム・フィルム
ソニー・ミュージックエンタテインメント
配給 ファントム・フィルム
公開   2007年7月7日
上映時間 112分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

佐藤江梨子主演で映画化された。2007年7月7日公開。監督はCMディレクター出身の吉田大八で、映画監督としてのデビュー作である。第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間に出品された[1]

ロケーションは石川県能登で行われた。そのため、石川県では1週間早い6月30日より劇場公開された。石川県は原作者の本谷有希子の出身地でもある。

劇中で清深が描く漫画はホラー漫画家の呪みちるの手によるもの。

2008年2月22日アミューズソフトエンタテインメントからDVDが発売された。

スタッフ編集

キャスト編集

受賞歴等編集

関連商品(映画版)編集

サウンドトラック
DVD

脚注編集

外部リンク編集