メインメニューを開く

腰掛神社(こしかけじんじゃ)は神奈川県茅ヶ崎市芹沢にある神社日本武尊が御東征の際に腰掛けたと伝わる石がある。茅ヶ崎市の神社では最も北に位置している。

腰掛神社
Koshikake Shrine 03.jpg
所在地 〒253-0008
神奈川県茅ヶ崎市芹沢2169番地
位置 北緯35度22分52.73秒
東経139度25分9.19秒
座標: 北緯35度22分52.73秒 東経139度25分9.19秒
主祭神 日本武尊
大日霊貴命
金山彦命
白山彦命
宇迦之御魂命
社格 村社
例祭 秋季例大祭
主な神事 浜降祭
地図
腰掛神社の位置(神奈川県内)
腰掛神社
腰掛神社
テンプレートを表示
腰掛玉石

目次

由緒編集

 
境内

日本武尊ゆかりの神社。社名は日本武尊が御東征の際に、この地で石に腰掛けて、大山を眺めて休憩したという伝説に由来している。またそこに住む村人が日本武尊を偲び、その石を御神体として社を建てたのが腰掛神社の始まりと伝えられる。本殿脇には、そのときの石と伝えられる大きな石(腰掛玉石)が祀られている。境内には本殿や拝殿のほか、神仏習合の名残で鐘楼がある。時期については不明であるが、震災で本殿と拝殿は一度壊れた。拝殿は震災後に修復され、現存の本殿は大正7年(1918年)に修復したものである。寛政元年(1799年11月に社殿は再建される。明治6年(1873年)、社格は村社となった。社地の森林は市指定の天然記念物となっている。

祭神編集

祭事編集

  • 歳旦祭[1] 1月1日
  • 交通安全祈願祭[1] 1月3日
  • 建国祭[1] 2月11日
  • 浜降祭[1] 7月海の日
  • 秋季例大祭[1] 9月18日
  • 七五三行事[1] 10月日曜日
  • 勤労感謝祭[1] 11月23日
  • 除夜祭[1] 12月31日

交通編集

  • 湘南台駅:西口から、桐ヶ谷・大辻経由「文教大学」行きバス、「芹沢入口」下車。(徒歩:約10分)
  • 茅ヶ崎駅:北口から、甘沼経由「文教大学」行きバス、「芹沢入口」下車。(徒歩:約10分)。
  • 香川駅:西口から、コミュニティバス「えぼし号」を利用し「里山公園」下車。(徒歩:約5分)

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 腰掛神社”. 神奈川県神社庁. 2018年8月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集