膣内射精

性交における男性の射精形態のひとつ

膣内射精(ちつないしゃせい、英: Intravaginal ejaculation)は、男女の性交において、男性が女性器の中(内)に射精することである。

動画(閲覧に関しては右端の[表示]をクリック)。不快感を催す恐れのある方は、閲覧をご遠慮ください。
パートナーの女性へ膣内射精する男性。陰茎を膣から引き抜いた後に精液が漏れ出す。

日本語の性俗語では、膣の"中"に精液を"出す"ことから「中出しなかだし)」という(※初出は1990年代か。cf. 中出し(漫画等)、中出し(AV))。英語の性俗語(性のスラング)としては1999年初出の"creampie"がある[1]名詞2動詞[1]

男性が陰茎コンドームを被せたまま女性の膣内で射精した場合、膣内に精液は注入されないので、膣内射精とは言わない。

概要編集

主に将来の結婚を取り決めたカップル、あるいは結婚している夫婦など、妊娠を希望する、または妊娠を容認できる男女が行う性行為である。膣内射精によって妊娠することを自然妊娠という。避妊法をまったく適用しない場合の膣内射精のパールインデックスは85である[2]

妊娠を容認できない場合においても、避妊具を購入する経済力がない若年者同士の性交や、主に男性側が避妊具を着用することによる性感覚の低下を忌避する場合などにおいて、オギノ式における妊娠可能性の低い期間(いわゆる安全日)に行われることも多いが、避妊を目的としてオギノ式を適用することは不完全であり、意図しない妊娠の可能性を残す[3]

女性が閉経後である場合、あるいは男女のどちらかもしくは両方が不妊手術済みであるか、疾病や先天的異常によって妊孕性がない場合など、妊娠の可能性がない、または極端に低い場合にも行われることがある。

子供を養育できる経済環境、子育てが可能な体力・気力がない場合には、妊娠した際に人工妊娠中絶することになるが、中絶に伴う女性の精神的・身体的負担は相当なものである[4]。計画性のない妊娠は女性に負担を与えることから、確実な避妊をする愛を持つことが望ましい。しかし、現実には男性が一方的に衝動的な膣内射精をする場合があり、女性にとって危険な行為と言える。

膣内射精する場合は、性器の直接接触による性感染症にかかる危険性がある。不特定多数の相手と性行為をした場合に感染すると思われることが多いが、特定の相手としていても罹患する性感染症もある。コンドームは、性感染症を予防できることが多い道具でもある[5]

意図しない膣内射精編集

男性が膣外射精(外出し)を意図してピストン運動を続けるが、ペニスを膣から抜くのが遅れて膣内に射精してしまう場合や、快感から子宮口に亀頭を押しつけるようにしてむしろ膣奥に射精してしまう場合がある。また、小学生のカップルなど、精通を迎える前の男性が継続的に性交する関係にあった場合、絶頂に至っても射精をするとは考えていないため、避妊をせずに膣にペニスを挿入したまま絶頂を迎えることがほとんどであるが、性交によって精通を迎える可能性があり、射出された精液(初精)によって意図しない膣内射精となる場合がある。キンゼイ報告によると男子の精通の契機の12.53%は女性との性交によるものであり、日本性教育協会が6年に一度行っている「若者の性」調査報告においても、精通を迎える者が増え始める12歳男子の性交経験者数は例年1%程度存在する。

これら意図せず膣内に射精してしまった場合は、シャワーやビデなどで膣洗浄を行った上、アフターピルの処方を受けることで緊急避妊を行うことが可能である[6]

強制性交編集

犯罪的膣内射精編集

男が女に対して性行為の強要すなわち強姦を行う時、基本的に利己的行動であるがゆえに、女に配慮した避妊など考えることもなく膣内射精に及んでしまうのが、犯罪行為として普通である。しかし、強姦する者の動機について、例えばアメリカでは「自己の性欲を満たすためというのも無いわけではないが、(性暴力は[7])むしろ支配欲によって行われるものが多い」と考えられている[8]

強姦されたうえに妊娠までさせられたとなると、大抵の被害女性は生涯に亘って深刻な精神的障害を被ることになる[9][10][11]また、時代や地域社会によっては、さらに厳しい立場へ追い込まれたり、“不名誉をもたらした者”と見なされて取り返しの付かない二次被害(セカンドレイプ)を受けることさえある[12][13]。そもそも、妊娠まで行かなくても強姦された時点で、被害者を被害者と見なさず、“強姦されるような淫猥さを世間に振り撒いて善良な男に悪心を起こさせた罪人”として、却って処罰対象にしてしまう社会までがあり、それらはイスラム教圏やヒンドゥー教圏の原理主義的社会に見られる[14][15]。また、敵対する民族の女性の雌性を狙い撃ちした、民族浄化を大目的とする作戦行動については、「種付け#ボスニア紛争」を参照のこと。

犯人の追及編集

1985年イギリス人遺伝学者アレック・ジェフリーズが「DNA指紋法(DNAフィンガープリント法)」を発表すると[16]警察科学捜査[17] に導入され、DNA型鑑定法(DNA多型解析技術を用いた個人識別法)[16][18]嚆矢となった。これ以降、DNA型鑑定法は徐々に発達してゆく。日本では警察庁1992年(平成4年)にDNA鑑定法に関するガイドラインを作成して全国の都道府県警察本部に通達したことで本格的活用が始まり[19]、顔など主要な情報が一切得られていない状況でも犯人の特定と検挙に辿り着ける例が増えていった。2000年前後になると分子生物学が飛躍的発展をみせる。犯人捜査におけるDNA型鑑定の精度も高まり、PCR法の発達もあって、わずかな毛髪体液唾液精液血液)からでもDNA塩基配列を極めて正確かつ迅速でしかも安価に解析できるようになった。

欧米およびキリスト教文化圏における「中出し」編集

元来膣内射精を生殖行為と見るキリスト教的な考えが支配的だった欧米、とくにカトリック系では婚外性交渉における膣内射精は長らく表向きはタブーとされていた(もちろん実際の性行為では行われてはいた)。しかし昨今では出演者の民族・宗教の多様化などの進展とピルの普及により、海外のポルノでも膣内射精の作品が多く見られるようになっている。なお海外の多くの国では性器にモザイク処理を施す義務が法律で定められておらず、交接部が隠されることのない状態で性行為が撮影される。男優が実際に射精する様子を鑑賞者が視認することができるので、疑似精液を膣に注入するなどの小細工は利かない[要出典]英語圏スラングでは膣内射精と肛内射精を併せて "internal cumshot" や "creampie" などと呼び、後者は膣や肛門から精液が溢れ出す様子を指すのに用いられることもある[1][20][21]

漫画などでの「中出し」編集

 
膣内射精のイラスト

現実の人間が直接リスクを負う気遣いの無い成人向け漫画(あるいはアダルトゲームアダルトアニメ)においては、中出しは主要なシチュエーションである。それらによくある誇張表現として、いかにも液体を注入しているような擬音と共に射精し、現実にはありえない多量の精液が溢れ出す場面が描かれることがある[要出典]

1980年代以前の作品にも中出しの描写自体は存在していたが、ヒロインの妊娠という事態があまり好意的に受け止められていなかった時代背景もあり、強姦ものなどを除いてはあまりメジャーな表現手法であるとは言えなかった。中出しが表現技法として流行し始めるのは1990年代以降で、一水社の解説ではブームの火付け役となった漫画家は当時ロリコン陵辱漫画を得意としていたゴブリン森口であるとしている[22]

2000年代頃から、膣内射精に向けてピストン運動中の膣内とペニスの様子やその後における膣内射精の様子を断面視点から描く「断面描写」、屈曲位を男性の尻側から描く「種付けプレス」[注 1]、その逆に(ちんぐり返しに近い)騎乗位を女性の尻側から描く「種絞りプレス(逆種付けプレス)」などが用いられるようになってきている[要出典]

特に、ヒロインの妊娠出産といった生殖の過程その物を描写することが主要なテーマである妊婦フェティシズム母乳フェティシズムの要素が強い作品では、(しばしば断面図もカットインの形で同時に描かれる)膣内射精と同時か、ほとんど間を置かずに精子卵子に到達して受精する様子が描かれたり、極端な場合にはこの際に膣内射精を受けたヒロインが受精卵が生成されたことを(魔法超能力といった、通常の人間が持たない何らかの能力を用いて)直接実感して性交相手にその感想を述べたり、妊娠しない場合でもきわめて多量の射精で妊婦のように腹腔が膨れ上がったり、(通常の膣内射精による快感を凌駕するプレイとして)ポルチオ責めの過程でペニスの亀頭子宮頸部を突破して外子宮口子宮底英語版までも女性器の一部と見立てて突き回した挙句、「子宮内射精」を行う(この場合、精液が輸卵管卵巣内にまで到達することもある)といった、現実の女性ではあり得ないような描写が行われることも少なくない[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 智弘カイによれば、命名は高津ケイタによるものだという[23]

出典編集

  1. ^ a b c creampie”. weblio英和対訳辞書. weblio. 2019年11月13日閲覧。
  2. ^ James Trussell, Ph.D (2011-03-12). “Contraceptive failure in the United States”. Contraception 83 (5): 397–404. doi:10.1016/j.contraception.2011.01.021. PMC 3638209. PMID 21477680. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3638209/. 
  3. ^ 基礎体温法|家庭の医学|時事メディカル” (日本語). medical.jiji.com. 2020年3月28日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “中絶という、痛み 見過ごされてきた心と体のケア - 記事 | NHK ハートネット” (日本語). NHKハートネット 福祉情報総合サイト. 2020年3月28日閲覧。
  5. ^ 性感染症 – 総合周産期母子医療センター” (日本語). 2020年3月28日閲覧。
  6. ^ アフターピル | ジャスミンレディースクリニック”. jlc.tokyo. 2020年3月28日閲覧。
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、平凡社『百科事典マイペディア』、ほか. “性暴力”. コトバンク. 2019年8月29日閲覧。
  8. ^ ウートピ編集部 (2015年2月6日). “性欲よりも“支配欲” 女性フォトジャーナリストが撮り続けてきた、レイプ被害の真の姿とは?”. ウートピ(公式ウェブサイト). 株式会社協和. 2017年11月6日閲覧。 “大藪順子(フォトジャーナリスト):性犯罪は性欲が強い人が行うと思われがちですが、アメリカでは、性暴力は性欲よりもむしろ支配欲によって行われると考えられています。他者を支配下に置きたい、コントロールしたいという欲望です。”
  9. ^ 「レイプされて生まれた子を愛せますか」ある母親の深刻な問いかけ(石井 光太) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年3月28日閲覧。
  10. ^ 6人からの集団レイプ被害で絶望 妊娠中の13歳少女が飛び降り自殺” (日本語). ニコニコニュース. 2020年3月28日閲覧。
  11. ^ 苦しみを乗り越えて光ある場所へ |” (日本語). 2020年3月28日閲覧。
  12. ^ mufasa (2020年1月9日). “セカンドレイプが社会問題に。日本の性犯罪に対する法整備の現状。” (日本語). ビズキャリonline. 2020年3月28日閲覧。
  13. ^ 「セカンドレイプ」はなぜ起きる?” (jp). オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」. 2020年3月28日閲覧。
  14. ^ 強姦され姦通罪に問われた女性、加害者との結婚条件に釈放へ アフガニスタン” (日本語). www.afpbb.com. 2020年3月28日閲覧。
  15. ^ 暴行された女性4人が姦通罪で極刑に…! 「イスラム国」支配地域、恐怖の掟とは? - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2020年3月28日閲覧。
  16. ^ a b DNA鑑定についての指針(2012年)”. 公式ウェブサイト. 日本DNA多型学会 (JSDPR) (2012年). 2019年8月27日閲覧。
  17. ^ 科学捜査”. コトバンク. 2019年8月27日閲覧。
  18. ^ 個人識別”. コトバンク. 2019年8月27日閲覧。
  19. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “DNA鑑定”. コトバンク. 2019年8月27日閲覧。
  20. ^ Carroll 2000, p. 119.
  21. ^ Partridge et al. 2006, p. 507.
  22. ^ 【参考】一水社による、ゴブリン(森口)作品の紹介文が酷い - douronのコメント - はてなブックマーク
  23. ^ “エロマンガに学ぶ! マンガ家と研究家が語る表現と海賊版対策”. KAI-YOU.net (カイヨウ). (2018年11月2日). https://kai-you.net/article/58580 2021年3月15日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集