膳 摩漏(かしわで の まろ[1])は、飛鳥時代の人物。冠位小錦中大紫壬申の乱の功臣。

 
膳 摩漏
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 天武天皇11年7月18日682年8月26日
官位 小錦中大紫
主君 天武天皇
氏族 膳臣
テンプレートを表示

経歴編集

日本書紀』によれば、天武天皇11年(682年)7月9日に、小錦中の膳摩漏が病となり、天皇は草壁皇子高市皇子を遣わして見舞いさせたが18日に摩漏は死去した。天皇は驚き、とても悲しんだ。21日に壬申の年の功によって、天皇は大紫の位と禄を摩漏に贈り、皇后(後の持統天皇)も物を贈った。大紫は壬申の功臣の中でも高位だが、書紀が壬申の乱を述べるくだりに摩漏の名は見えないので、どのような活躍をしたかはわからない。

脚注編集

  1. ^ 旧仮名遣いでの読みは「かしはでのまろ」。