膳桂之助

膳 桂之助(ぜん けいのすけ、1887年7月21日 - 1951年11月25日)は、日本農商務官僚実業家政治家位階従三位勲等勲三等日本工業倶楽部理事日本団体生命保険社長経済安定本部総務長官初代)、物価庁長官初代)を歴任した。

膳 桂之助
ぜん けいのすけ
生年月日 1887年7月21日
出生地 群馬県伊勢崎市
没年月日 (1951-11-25) 1951年11月25日(64歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学卒業
前職 日本団体生命保険社長
所属政党 研究会→)
無所属
称号 従三位
勲三等瑞宝章
法学士(東京帝国大学)

内閣 第1次吉田内閣
在任期間 1946年8月12日 - 1947年1月31日

日本の旗 初代 物価庁長官
内閣 第1次吉田内閣
在任期間 1946年8月12日 - 1947年1月31日

内閣 第1次吉田内閣
在任期間 1946年7月23日 - 1946年8月12日

選挙区 勅撰議員
在任期間 1946年6月8日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

目次

概要編集

第1次吉田内閣国務大臣を務めた。日本国憲法の制定にあたって国務大臣として参与し、連署している。従三位勲三等瑞宝章

経歴編集

生い立ち編集

1887年、群馬県伊勢崎市で生まれる。

1900年、旧制前橋中学(群馬県立前橋高等学校)に入学したが、教員追放運動に参加し、中退した。その後、正則英語学校立教中学校(立教池袋中学校)に移った。第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学(東京大学法学部)に入学した。

官界編集

1914年、大学を卒業し農商務省に入省した。官僚時代には健康保険法の立案に携わり、その成立に尽力した。その後、1926年に農商務省を退職し、日本工業倶楽部に転じた。

財界編集

1933年の日本団体生命保険の設立に携わり、専務や社長を歴任した。1937年には第23回国際労働機関の総会に出席した。1943年には産業報国連盟の理事に就任した。

政界編集

1946年、中央労働委員会使用者委員に就任し、6月には貴族院議員に就任した。また、吉田茂に請われて第1次吉田内閣の国務大臣として入閣し、経済安定本部総務長官、物価庁長官として終戦後の混乱の収拾に尽力した。

1947年第1回参議院議員通常選挙にて、全国区から無所属で立候補した。26万票以上を集め当選圏内に入ったが、連合国軍最高司令官総司令部公職追放の憂き目に遭い、当選を返上した。

略歴編集

  • 1887年 - 群馬県伊勢崎市にて誕生。
  • 1914年 - 農商務省入省。
  • 1926年 - 農商務省退官。
  • 1942年 - 日本団体生命保険社長。
  • 1943年 - 産業報国連盟理事。
  • 1946年 - 中央労働委員会委員。
  • 1946年 - 貴族院議員。
  • 1946年 - 無任所大臣 (日本)
  • 1946年 - 経済安定本部総務長官。
  • 1946年 - 物価庁長官。
  • 1951年 - 死去。

関連項目編集

公職
先代:
(創設)
  経済安定本部総務長官
初代:1946 - 1947
次代:
石橋湛山