臣軌』(しんき)は、中国唐代の典籍。上元2年(675年)3月に高宗皇后武則天の命を受けた周思茂元万頃范履冰苗神客胡楚賓により編纂された。

『臣軌』は2巻10編(国体、至忠、守道、公正、匡諌、誠信、慎密、廉潔、良将、利人)より構成され儒家の伝統的な道徳概念を基礎に、臣下の心構えや忠君を説いた内容であり、当時の官人及び科挙受験者である挙人必読の典籍とされた。中国では早くに原本が失われたが、日本では後世まで伝わり、江戸末期林述斎により編纂された『佚存叢書』などに収録されている。

外部リンク編集