臨屯郡(りんとんぐん)は、前漢により朝鮮半島に設置されたである[1]楽浪郡玄菟郡真番郡とともに漢四郡と称される。

臨屯郡
各種表記
ハングル 임둔군
漢字 臨屯郡
日本語読み: りんとんぐん
テンプレートを表示
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
考古学 朝鮮の旧石器時代朝鮮語版
櫛目文土器時代 8000 BC-1500 BC
無文土器時代 1500 BC-300 BC
伝説 檀君朝鮮
古朝鮮 箕子朝鮮
辰国 衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 漢四郡
馬韓 帯方郡 楽浪郡

三国 伽耶
42-
562
百済
高句麗
新羅
南北国
新羅 (統一新羅)
676-892
渤海
698
-926
後三国 新羅 (後期)
892-935

百済

892
-936
後高句麗
901
-918
(渤海の遺民)
統一
王朝
高麗 918-1392
遼陽行省
1259-1356

李氏朝鮮 1392-1897
近代 大韓帝国 1897-1910
日本領朝鮮 1910-1945
現代 朝鮮人民共和国 1945
連合軍軍政期 1945-1948
大韓民国
1948-
朝鮮民主主義
人民共和国

1948-
Portal:朝鮮

沿革 編集

前108年衛氏朝鮮を滅ぼした前漢により幽州刺史部の下に臨屯郡が設置[2]された。15県からなり、その境域はほぼ現在の江原道に該当すると考えられている。郡治の置かれた東暆県(現在の韓国江原特別自治道江陵市[3])は長安を去ること6,138里という。

前82年に15県中の9県は廃止となり、残りの6県と玄菟郡の夫租県を合わせた7県は楽浪郡に編入され、臨屯郡は消滅した。

煬帝の治世、朝鮮半島をめぐり高句麗との関係が緊張したとき、国際通の政治家、裴矩は煬帝に朝鮮半島領有の必要を説いて次のように言った[4][5]

矩因奏狀曰:「高麗之地,本孤竹國也。周代以之封於箕子,漢世分為三郡,晉氏亦統遼東。今乃不臣,別為外域,故先帝疾焉,欲征之久矣。

高麗(朝鮮半島を指す)の地はもと孤竹国で周代にはここに箕子を封じました。漢代には三郡楽浪玄菟、臨屯ないし帯方)に分かれ、晋朝もまた遼東を統べました。ところが今は臣ではなく外域となっています。…陛下のときになってどうしてそのままにして、この、もとは冠帯の地に蛮貊の国にしておくことができましょうか。 — 隋書、裴矩伝

下部行政区 編集

臨屯郡の下部行政区画
県名 県城所在比定地 備考
東暆県(旧) 江原道江陵市 臨屯郡の郡治所
東暆県(新) 江原道元山市 楽浪郡に編入後[6]の移転地
不而県 江原道安辺郡 楽浪郡に編入後の東部都尉治所
蠶台県 位置不明 前82年、楽浪郡に編入
華麗県 咸鏡南道金野郡 前82年、楽浪郡に編入
邪頭昧県 江原道文川市 前82年、楽浪郡に編入
前莫県 江原道高城郡 前82年、楽浪郡に編入
ほか9県 江原道一帯の各地? 楽浪郡に編入されず前82年消滅

※当初は計15県の構成だったという。名前のわかる6県は楽浪郡に編入されたため記録に残ったものである。

異説 編集

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の学界及び韓国の学界の一部では、前漢による朝鮮半島併合の事実はなかったとして、漢四郡の位置が実は朝鮮半島の外部(具体的には通説でいう遼東郡の内部)に存在したと主張する。この説の場合の臨屯郡は、金州半島を中心とした遼東半島の南部[7]に該当する。

これらの異説は、北朝鮮の学界では「定説」となっており、韓国でも在野の歴史学界(アマチュアの歴史愛好家)から支持されているが、アメリカや中国や日本の学界では全く認められていない。

脚注 編集

  1. ^
    • 中西進、王勇 編『人物』大修館書店〈日中文化交流史叢書 第10巻〉、1996年10月。ISBN 4-469-13050-8。"前漢武帝が元封三年に朝鮮半島の北部を植民地として楽浪・臨屯・玄菟・真番の四郡を設置。"。 
    • 渡辺延志 (2009年3月19日). “紀元前1世紀の楽浪郡木簡発見”. 朝日新聞. オリジナルの2010年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100217061317/http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200903190125.html. "楽浪郡は前漢が前108年に設置した植民地" 渡辺延志 (2010年5月29日). “最古級の論語、北朝鮮から 古代墓から出土の竹簡に記述(1/2ページ)”. 朝日新聞. オリジナルの2010年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100530065652/http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201005280277.html. "中国の前漢が朝鮮半島に置いた植民地・楽浪郡。" 渡辺延志 (2010年5月29日). “最古級の論語、北朝鮮から 古代墓から出土の竹簡に記述(2/2ページ)”. 朝日新聞. オリジナルの2010年6月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100603034824/http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201005280277_01.html. "漢字が植民地経営のために、朝鮮半島にまで広がっていた。" 
    • 尾形勇岸本美緒 編『中国史』山川出版社世界各国史〉、1998年6月1日、83頁。ISBN 978-4634413306。"朝鮮半島では、衛氏の領地を奪って四郡(楽浪、真番、臨屯、玄菟)を設置した。こうして辺境地帯を植民地とすることで、漢の版図は一気に拡大した。"。 
    • 浜田耕策 (2005年6月). “4世紀の日韓関係” (PDF). 日韓歴史共同研究報告書(第1期) (日韓歴史共同研究): p. 55. オリジナルの2015年10月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151018092951/http://www.jkcf.or.jp/history_arch/first/1/1-01-hamada_j.pdf. "高句麗は旧2郡県の土地と民をその支配構造のなかには直ぐさまには編入出来たわけではない。旧郡県には中国人コロニーの性格を濃く持った定着型氏族が根強く残っており、高句麗がこれを統合するには427年に長寿王が平壌に遷都するまでの1世紀近くの過程を必要とするのである。" 
    • 亀井, 孝大藤, 時彦山田, 俊雄 編『日本語の歴史〈2〉文字とのめぐりあい』平凡社、1976年1月1日、119頁。"前二世紀末、漢の武帝は衛氏朝鮮をほろぼし、楽浪・真番・玄菟・臨屯の四郡をおき、ここに大植民地を建設したが、ここが朝鮮半島におけるシナ文化の前進基地の役割をはたしたことは、疑いないところである。"。 
    • 鏡山猛田村圓澄 編『古代の日本〈第3〉九州』角川書店、1970年1月1日、138頁。"とくに、朝鮮に置かれた中国の植民地を介しての国際関係がこの時代のひとつの焦点であったのである。そして、楽浪・真番・玄菟・臨屯の四郡を置き、郡をいくつかの県に分けた。"。 
    • 岡崎敬平野邦雄 編『古代の日本 9 研究資料』角川書店、1971年10月、378頁。"前漢の武帝は、元封二年(前一〇九)、朝鮮半島北部に、楽浪・玄菟・臨屯・真番の四郡をおき、いまだ金属器とともに石器使用の段階にあったこの地に、文字をもち、鉄器に習熟し、国家組織をもつ漢文明の植民地をおいた。"。 
    • 長野正孝『古代史の謎は「鉄」で解ける 前方後円墳や「倭国大乱」の実像』PHP研究所PHP新書〉、2015年10月15日、15頁。ISBN 978-4569827285。"武帝は朝鮮半島に楽浪と玄菟、真番と臨屯の漢四郡をつくって、漢人の郡太守と県令を送り、植民地政策を始めた。侵略した漢人達は土着の住民達を奴隷のように使って半島の地下に眠る鉄鉱石を掘り出し、燕や衛氏朝鮮の古い製錬・鍛造施設を使い何ら投資することなく鉄生産を始めた。"。 
    • 武光誠 (2008年6月). “古代史最大の謎「邪馬台国」の21世紀的課題”. 月刊現代 (講談社): p. 87. "魏志倭人伝は、朝鮮半島にあった魏の植民地、帯方郡から邪馬台国にいたる道筋を詳しく記している。" 
    • 魚塘『朝鮮の民俗文化と源流』同成社、1981年1月1日、41頁。ISBN 978-4886210036。"漢の武帝は紀元前一〇八年衛満朝鮮の末王右渠を征服して、衛満朝鮮の故地に植民地というべき漢の四郡を設置した。"。 
    • 全浩天『古代史にみる朝鮮観』朝鮮青年社、1996年2月1日、383頁。ISBN 978-4885220210。"漢が漢四郡を設置し、植民地支配をはじめるころ、高句麗族は、当代に威名をとどろかした漢帝国にたいする反侵略戦争の過程で真番、玄菟二郡を崩壊させ、国家形成をとげたのであった。これは、まさに凄絶な戦いであったにちがいない。"。 
    • 築島裕博士還暦記念会『国語学論集―築島裕博士還暦記念』明治書院、1986年3月1日、554頁。ISBN 978-4625420511。"この東方は、漢の東方植民地を指すが、楽浪人の楽浪は、漢の東方植民地の最先端地にあたる、朝群の四郡を指したことも、ここではっきりしてきた。"。 
    • 黄文雄『日本の植民地の真実』扶桑社、2003年10月31日、385頁。ISBN 978-4594042158。"春秋時代から戦国時代初期にかけての封建体制下では、諸子や功臣の封地は国と称されたが、それとは別の県が、秦帝国以降の郡県制の基礎となった。漢の時代に朝鮮半島北部に設置された四郡など、まさしく漢民族の植民地だった。"。 
    • 武雄市史編纂委員会『武雄市史』国書刊行会、1981年、184頁。"これらの直轄植民地の四郡には、優れた文化をもった漢民族の官吏や軍隊が派遣され、一般の漢人の移住も行なわれた。"。 
    • 水野祐『日本民族』至文堂日本歴史新書〉、1963年1月1日、70頁。"朝鮮の楽浪郡以下の植民地は、漢帝国の勢力圏の東の果てで、はるか遠隔の地と思われていた所であった。"。 
    • 義富弘『しまぬゆ 1 ―1609年、奄美・琉球侵略』南方新社、2007年4月15日、17頁。ISBN 978-4861241086。"倭人が朝鮮半島の漢の植民地楽浪郡に年々往来していたというのである。"。 
    • 河合敦『早わかり日本史』日本実業出版社、2008年9月30日、105頁。ISBN 978-4534044488。"朝鮮半島にあった漢の植民地・楽浪郡や帯方郡を通じて、中国王朝へ朝貢していたことが記載されている。"。 
    • 武光誠『「地形」で読み解く世界史の謎』PHP研究所PHP文庫〉、2015年8月5日、195頁。ISBN 978-4569763910。"武帝はこのあと四か所の郡と呼ばれる植民地を設置して朝鮮半島を支配した。このような動きによって、大量の中国人が朝鮮半島に入ってくることになったのである。箕子朝鮮と衛氏朝鮮の都も、武帝の四郡の中で最も有力であった楽浪郡の郡治(郡を治める役所)も、現代のピョンヤンのあたりにあった。"。 
    • 田辺広『日本国の夜明け―邪馬台国・神武東征・出雲』文芸社、2003年1月1日、13頁。ISBN 978-4835551760。"紀元前一〇八年漢の武帝は北朝鮮を植民地として現在の平壌を中心に楽浪郡を置き後にソウル付近に帯方郡を設けた。"。 
    • 西本昌弘 (1989年). “楽浪・帯方二群の興亡と漢人遺民の行方”. 古代文化 41 (財団法人古代学協会): p. 14. "楽浪郡は漢武帝時代の紀元前108年に、朝鮮半島に設置された漢の植民地。" 
    • 羽原又吉『日本近代漁業経済史 下卷』岩波書店、1957年9月5日、13頁。ISBN 978-4000017183。"臨屯、真番の植民地四郡をおき、後漢の西暦二〇四年にはさらに帯方郡をおかれた。"。 
    • 影山剛『漢の武帝』教育社教育社歴史新書〉、1986年1月1日、56頁。ISBN 978-4315403695。"漢はこの地域に新しく帯方郡を設置して植民地経営を開始した。"。 
    • 和島誠一 編『日本の考古学〈第3〉弥生時代』河出書房新社、1966年1月1日、414頁。"楽浪郡が漢帝国の最東方の漢民族の植民地。"。 
    • 安田元久『日本史の新研究 : 資料対照』洛陽社、1958年、22頁。"武帝は北朝鮮に楽浪、臨屯、玄菟、真番の四郡を置き、植民地として郡県的支配が行われるようになった。"。 
    • 宮崎市定『世界の歴史〈7〉大唐帝国』河出書房新社河出文庫〉、1989年9月1日、312頁。ISBN 4309471668。"その中にはかつては中国の植民地であった楽浪、帯方二郡を含み、その都は満州からうつって平壌におかれていた。"。 
    • 田村実造 編『最後の東洋的社会』中央公論社〈世界の歴史9〉、1961年8月1日、399-400頁。ISBN 4124005792。"ところが漢の武帝は対匈奴作戦の一環として半島の征服を計画し、紀元前108年(元封3年)に大軍をおくって衛氏朝鮮をほろぼし、ここに楽浪郡以下の四郡をおいて植民地とした。楽浪郡はその後313年に高句麗に併合されるまで420年あまり中国の植民地として存続した。…彼らの文化程度は低く、紀元前後ごろなお金石併用期の段階にあったが、楽浪郡などの植民地に朝貢しているうちに、中国文化の影響をうけて、文化もしだいにすすんだ。"。 
  2. ^ 前128年元朔元年)に匈奴と衛氏朝鮮の連絡を阻害することを目的に前漢が蒼海郡を設置したが、これを臨屯郡または玄菟郡の前身とする説や、蒼海郡は玄菟郡と臨屯郡に跨っていたとの説などあり、その範囲は不明である。蒼海郡は前126年(元朔3年)に廃止されている。
  3. ^ 北朝鮮江原道元山市一帯とする説も存在する。前82年に楽浪郡に吸収合併された際に東暆県は今の江陵市から元山市に移動したとする折衷説もある。
  4. ^ 中西輝政『帝国としての中国』東洋経済新報社、2013年7月26日、46頁。ISBN 4492212108 
  5. ^
  6. ^ 李丙燾は移転はなく最初から元山市にあったとする。
  7. ^ 遼東郡の沓氏県は今の遼寧省大連市金州区にあったと考えられている。そこで、沓氏の「沓」と臨屯の「屯」または沓氏の「沓」と東暆の「東」が音通であるとしてここに臨屯郡があったとする。

参考文献 編集

関連項目 編集