臨床研修指定病院

臨床研修指定病院(りんしょうけんしゅうしていびょういん)とは、医学部を卒業し、医師免許を取得した医師研修医)が卒後2年間、基本的な手技、知識(初期研修)を身につけるため籍を置く、つまり経験を積む、腕を磨く場を提供する病院である。

「指定」とあるように厚生労働省の審査を受け、指定を受けた病院のみ研修医と雇用契約を結び(研修医であると同時に勤務医でもある)受け入れることができる。

大多数が出身大学の附属病院で研修を受けていたが2004年平成16年)4月以降 臨床研修指定病院の指定要件が緩和されたため、急性期医療において機能を果たしている多くの民間病院が臨床研修指定病院としての役割を担なっている。

種類編集

  • 単独型 - 臨床研修病院のうち、単独で又は研修協力施設と共同して臨床研修を行う病院[1]
  • 管理型 - 臨床研修病院のうち、他の病院と共同して臨床研修を行う病院(単独型臨床研修病院を除く)であって、当該臨床研修の管理を行うもの[1]
  • 協力型 - 臨床研修病院のうち、他の病院と共同して臨床研修を行う病院(単独型臨床研修病院を除く)であって、管理型臨床研修病院でないもの[1]

関連項目編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c 臨床研修を行う病院の類型”. 厚生労働省. 2021年1月2日閲覧。

外部リンク編集