臨淄県(りんし-けん)は中華人民共和国江蘇省にかつて存在した県。現在の南京市六合区南東部に相当する。

中国地名の変遷
建置 南北朝時代
使用状況 南朝梁に廃止
南北朝臨淄県(南朝斉)
廃止(南朝梁)

南北朝時代南朝斉により僑置され、南朝梁により廃止された。

参考文献編集

  • 二十四史』中華書局
  • 『復旦大学中国歴史地名大辞典』(復旦大学出版社)
  • 『中国古今地名対照表』(上海辞書出版社)