メインメニューを開く

自動惑星ゴルバ(じどうわくせいゴルバ)は、テレビアニメ宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』に登場する架空の宇宙要塞。デザインは中村光毅板橋克己の共同作業[1]

本項では、アニメ映画ヤマトよ永遠に』に登場する同系列の兵器ゴルバ型浮遊要塞についても併せて解説する。

目次

自動惑星ゴルバ編集

諸元
全長(全高) 720 m[2]
全幅 432 m[2]
武装
  • 回転式巨大砲(主砲)×8門
  • 上部ミサイル発射口多数
  • 上部光線砲発射口多数
搭載機 戦闘ヘリ

暗黒星団帝国のマゼラン方面軍総司令部を兼ねており、同軍総司令メルダーズが搭乗する。

形状は球と円筒に近い楕円球を結合させたこけし状であり、本体色は黒に近い濃緑である。

最上部にはメルダーズが指揮を執るための、広い司令部区画が存在する。この部分は戦闘時になると、本体からせり上がるようになっている。

頭部に相当する部分には、上部ミサイル砲や上部光線砲の発射口がある。普段は頭部に収納されているが、攻撃の際にはねじを回すように頭部を回転して露出させる。光線色は緑がかった黄色。

頸部には回転式の主砲8門があり、頸部を囲むように配置している。また、直掩のための戦闘ヘリを多数搭載している。

主砲の破壊力と圧倒的な数の通常兵装に加え、デスラー砲が効かないほどの防御力を持つ。防御の際には、せり出している司令部区画を下げ、上部ミサイル砲などの区画を収納する。

この防御力については、「ゴルバ本体の周囲に4次元フィールドと呼ばれる防御幕を発生させ、波動砲を無力化している」と説明されている[3]。資料によっては、「特殊なコーティングが施されている」とも説明されている[4]。どちらにしろ、装甲や材質による防御ではない。後述のゲーム版では、強固な偏光バリアによってあらゆるエネルギー弾を拡散防御しているように描写されている(ミサイルや魚雷といった実体弾攻撃は一応有効であるが、致命傷を与えるほどではない)。

唯一の弱点は開いているときの主砲口であり、そこに波動砲やデスラー砲を撃ち込むことが撃破する唯一の手段である。

構想・デザイン編集

『新たなる旅立ち』演出の田口勝彦が同作SF原案の豊田有恒より聞かされた初期設定では、地球の直径の1/6(約2000キロメートル)の大きさをした円型の要塞で、表面にハリネズミのように生えた無数の棘が引っ込んで艦隊の発進口や砲座が出現するという機構を備えていた[5]。その後、「ヤマトとのスケール差が大きすぎて画にしづらい」ということで大きさを縮められたが、名称はそのまま使われたため、数百メートル程度の規模ながら「自動惑星」と称されることになった[6]

デザインに関しては、板橋のラフスケッチは、球体に円錐が生えた形で、円錐の周囲にリング状の構造物があるというものだった[7]。中村のラフスケッチでは、比較的決定稿に近い形状をしており、せり上がる司令室や回転しながら出現する砲門などのギミックについても記述されている[8]。最終的な決定稿は板橋が仕上げている[9]

劇中での登場編集

赤色巨星近傍での最終決戦にて、ヤマトガミラス艦隊を追い越して立ちはだかる形で出現。

攻撃してきたガミラス艦隊を返り討ちにし、デスラー砲の直撃さえもまったく受けつけず、イスカンダルへ主砲の砲撃を加えるなど、絶望的なまでの戦力差を見せつける。デスラーが乗艦のデスラー戦闘空母を唯一の弱点である主砲口へ突貫させ、主砲口を閉じられなくしたうえで古代進波動砲の発射を促すが、これを見かねたスターシャがイスカンダリウムの提供を申し出たため、ゴルバは戦闘を中止してイスカンダルへ降下していく。しかし、スターシャによってイスカンダルは自爆したため、その爆発に巻き込まれて消滅する。

なお、本編でカットされたシーンでは、赤色巨星に引き込まれそうなイスカンダルを、同じく引き込まれようとしている別の星を破壊し、その反動で救出すべく砲撃を加えている[10][11]。本編でゴルバが現れた際、古代がメルダーズに言った「お前があの惑星を砲撃したのか?」というセリフは、このシーンの名残である。

PSゲーム版編集

PS2版『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』『宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲』では、ウラリア式制圧自動惑星「ゴルバ」という名称で登場する。

宮武一貴により頸部から下が細身の鋭角的な形状へ改訂されたため、こけしというよりはキノコに近い外形となっている[12]

頸部に装備された全周式の回転する主砲にはα砲という名称が与えられており、その威力は波動砲に匹敵するとされる。さらに、強力なエネルギー偏向バリヤーを装備しており、波動砲の一斉射撃も通用しないほど、防御力が極めて高い。ただし、ゴルバ自体はエネルギー弾攻撃に弱く、それを補う偏向バリヤーは実弾に対して効果が無いため、実弾に波動エネルギーを内包した波動カートリッジ弾が弱点となっている。

また、搭載機として、戦闘ヘリではなく、無人大型戦闘艇テンタクルスという無人攻撃艇を搭載している。この攻撃艇は「艇」といってもその大きさは駆逐艦並みで、半円盤状の船体中央から長く延びる、ガトリング砲型の4連装主砲が特徴となっている。船体は真上から見ると、イチョウのような形状をしている。無人であるため、高い機動性を持つ。主砲の射程は短いが、攻撃力は高い。

劇中での登場(PSゲーム)編集

『イスカンダルへの追憶』では、ステージ11「プレアデスとの決戦」からステージ13「最後の戦い」にかけて登場。ストーリー上のラスボスに位置付けられている。スターシャの降伏まではアニメ版とほぼ同じ展開だが、その後はイスカンダル星を係留していたガミラスの人工マイクロブラックホールによって動きを封じ込められ、主砲口への集中攻撃を受けて敗北する。

『暗黒星団帝国の逆襲』では、ステージ12「巨大な罠・ゴルバ再臨」において、下記のゴルバ型浮遊要塞に代わって登場する。本作でも最終ステージの敵であり、ラスボスの立ち位置にいる。7基をグロータスが率い、ヤマトを包囲したが、波動カートリッジ弾の前に敗れる。

ゴルバ型浮遊要塞編集

諸元
全長(全高) 1080 m[13]
全幅 630 m[要出典]
武装
  • 空間重魚雷
  • 光線砲多数

暗黒星団帝国の宇宙要塞。要塞司令官はグロータス

形状は自動惑星ゴルバと同一であるが、約1.5倍程度大型の仕様で、全長1080メートル、直径630メートルとなっている。

頭部に光線砲を装備しているところは自動惑星ゴルバと同じだが、光線色はピンク色となっている。

頸部にあった主砲の代わりに、直径50メートル・全長180メートル[14]の巨大な空間重魚雷を発射する魚雷発射砲口を装備する点が、自動惑星ゴルバと大きく異なっている。また、搭載機についての描写もない[注 1]

装甲については自動惑星ゴルバと同じく堅牢で、ヤマトの主砲はまったく効かない。

劇中での登場(ゴルバ型浮遊要塞)編集

ストーリー中盤の黒色銀河内の戦闘で、カザンの指揮する黒色艦隊に追われるヤマトが逃げた先に、7基が待ち構える形で登場する。7基でヤマトを包囲して集中攻撃を浴びせるが、ヤマトの初使用した波動カートリッジ弾によって2基が大爆発を起こし、さらに他のゴルバにも誘爆がおよんで全滅する。

そのあまりの大戦果に疑問を抱いた真田志郎は、「波動エネルギーとゴルバの持つ何かのエネルギーが融合して爆発した」と推測し、のちに戦艦グロデーズの爆発によって炎に包まれたデザリアム星を見て、暗黒星団帝国が波動エネルギーに対して脆いという弱点を確信する。

なお、シナリオ段階では暗黒銀河内に設置されている浮遊要塞がゴルバと同形状であるとは言及されておらず[17][15]、暗黒銀河内部の美術設定でもゴルバとは異なるデザインの浮遊要塞が描かれている[18]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ シナリオ段階の浮遊要塞(ゴルバ型とは明言されていない)は、ヤマトが要塞の影に隠れた際に、いぶり出そうと「イモ虫型攻撃機」を発進させている[15]。また、ひおあきらの漫画版では、同シーンで戦闘ヘリを発進させている[16]

出典編集

  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』pp. 197, 199。
  2. ^ a b 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』p. 228。
  3. ^ 『てれびくんデラックス2 宇宙戦艦ヤマト大全集』p. 31。
  4. ^ 『EB22 宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1』p. 134。
  5. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』p. 190。
  6. ^ 「ヤマト制作秘話 Sheet31 『自動惑星ゴルバ』の謎」『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』第33号p. 33。
  7. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』p. 199。
  8. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』p. 197。
  9. ^ 「完全保存版 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 設定資料全公開!! 自動惑星ゴルバ」『ロードショー特別編集 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』集英社、1979年10月10日。決定稿記載の「K・いたばし」の署名より。
  10. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』pp. 158-162。
  11. ^ 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち』DVD(バンダイビジュアル、1999年8月25日、BCBA-3709)およびBD(バンダイビジュアル、2013年8月28日、BCXA-0715)収録の映像特典より。
  12. ^ 宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲 - 宇宙戦艦ヤマト発信!(インターネットアーカイブ2008年2月13日分キャッシュ)にゲーム用のCGモデルが載っている。
  13. ^ 『ヤマトよ永遠に 設定資料集』p. 92。
  14. ^ 直径・全長ともに『ヤマトよ永遠に 設定資料集』p. 100。
  15. ^ a b 「ヤマトよ永遠に シナリオ再録」『ロードショー特別編集 ヤマトよ永遠に』集英社、1980年9月20日。
  16. ^ ひおあきら『宇宙戦艦ヤマト ヤマトよ永遠に』メディアファクトリーMFコミックス)、初版、2010年2月17日、pp. 223-225。ISBN 978-4-8401-2975-6
  17. ^ 『ヤマトよ永遠に 設定資料集』pp. 70-71。
  18. ^ 『ヤマトよ永遠に 設定資料集』p. 109。

参考文献編集

  • 『てれびくんデラックス2「宇宙戦艦ヤマト大全集」』小学館、1979年。
  • 『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち DELUXE MOOK』株式会社オフィス・アカデミー、1980年5月13日。
  • 週刊少年キング増刊『ヤマトよ永遠に 設定資料集』少年画報社、1980年9月27日。
  • 『ファイナルデラックス版 ヤマトよ永遠に』西崎音楽出版、1980年11月10日。
  • 『ロマンアルバムエクセレント54「宇宙戦艦ヤマトPERFECT MANUAL2」』徳間書店、1983年。ISBN 978-6157771000
  • 『エンターテイメントバイブル22「宇宙戦艦ヤマトメカニック大図鑑1」』株式会社バンダイ出版課、1990年12月。ISBN 978-4891891152
  • 『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』デアゴスティーニ・ジャパン、2010年 - 2011年。
  • PS2用ゲームソフト『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』バンダイ、2005年1月27日。

外部リンク編集