ナルシシズム

自己愛から転送)
カラヴァッジオによって描かれたナルキッソス

ナルシシズムドイツ語: Narzissmus, ギリシャ語: ναρκισσισμός, 英語: Narcissism)あるいは自己愛とは、自己を愛し、自己を性的な対象とみなす状態を言う[1]。転じて「自己陶酔」「うぬぼれ」といった意味で使われることもある[1]。語源はギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスが水面に映る自らの姿に恋をしたというエピソードに由来している。ナルシシズムを呈する人をナルシシスト(: narcissist)と言うが、日本においてはナルシスト: narcist)という言葉で浸透している。

一次性のナルシシズムは人格形成期の6ヶ月から6歳でしばしばみられ、発達の分離個体化期において避けられない痛みや恐怖から自己を守るための働きである。

二次性のナルシシズムは的な状態であって、思春期から成年にみられる、自己への陶酔と執着が他者の排除に至る思考パターンである。二次性ナルシシズムの特徴として、社会的地位や目標の達成により自分の満足と周囲の注目を得ようとすること、自慢、他人の感情に鈍感で感情移入が少ないこと、日常生活における自分の役割について過剰に他人に依存すること、が挙げられる。二次性ナルシシズムは自己愛性パーソナリティ障害の核となる。

目次

歴史編集

ナルシシズムというフロイト心理学において初めて使われた。語の由来はギリシア神話に登場するナルキッソスである。ナルキッソスはギリシアの美しい青年で、エコーというニンフの求愛を拒んだ罰として、水たまりに映った自分の姿に恋するという呪いを受けた。彼はどうしても想いを遂げることができないので、やつれ果てスイセン(narcissus)のになってしまった。

ナルシシズムの研究に貢献した心理学者には、メラニー・クラインカレン・ホーナイ、ハイマン・スポトニッツ、ハインツ・コフートオットー・カーンバーグセオドア・ミロン、エルザ・F・ロニングスタム、ジョン・ガンダーソン、ロバート・D・ヘア、スティーヴン・M・ジョンソンなどがいる。

症状編集

 
誇大妄想

ナルシシズムのパーソナリティ変数として、リーダーシップ/権威、優位性/傲慢性、自己吸収/自己賞賛、悪用性/有資格の、4要素が挙げられている[2]

ホッチキスの7つの致命的ナルシシズム編集

ホッチキス(Hotchkiss)は、ナルシシズムの7つの大罪を示している[3]

  1. 恥知らず: 恥は、すべての不健全なナルシシストの下に潜む感情である。彼らは健全な方法で恥を処理できない。
  2. 呪術的思考:ナルシシストは「魔法の思考」として知られる認知の歪みや錯覚を使って自分自身を完璧と見なす。彼らはまた、他人に恥を「掃き出す」ために投影を用いる。
  3. 傲慢:自我収縮を感じているナルシシストは、他人の衰退、脱走、堕落を知ることで、自我を「再膨張」させることができる。
  4. 羨望:ナルシシストは「軽蔑」を使用して他人の存在や業績を最小化することで、他人の能力に直面した際に優位性を確保する。
  5. 有資格:自分が特別であると考えているため、ナルシシストは特別有利な扱いやノーチェック・パスなど、根拠のない期待をしている。彼らは求める承服がなされないと、その優位性への攻撃だとみなすため、周囲からは「厄介な人」「困難な人」とみなされている。ナルシシストへの意志の抵抗は、自己愛の傷つきとして自己愛憤怒を引き起こす。
  6. 搾取:他者の気持ちや関心に関わらず、ナルシシストは常に他者を搾取する存在であり、それは様々な形となる。それはしばしば抵抗が難しいか、不可能な立場の人をターゲットとする卑劣なものになりうる。時には従順になるがそれは本心からではない。
  7. 境界線の不全:ナルシシストは他者との間に境界線があることを理解していない。他人とは別個の存在であり、自分の延長線ではないことが分からない。己のニーズを満たさない他人は、存在しないのと同じである。ナルシシストに自己愛を供給する人々は、ナルシシストの一部として扱われ、主人の期待に応えることが要求される。ナルシシストの心には自己と他者の境界はない。

発症機序編集

 
ジュラ・ベンツールによって描かれたナルキッソス

病理的ナルシシズムが生じる原因は解明されていない。遺伝とも、育て方の問題とも、社会のアノミーが社会適応の過程を混乱させるためとも言われている。ナルシシズムについては研究が少なく、診断基準も曖昧である。

精神分析によると、誰でも子供のうちはナルシシズムをもっている。ほとんどの幼児は自分が世界の中心で、もっとも重要で、何でもできるし何でも知っていると感じる。一方、両親は神話の人物のように、不死で恐るべき力を持つが、子供を守り育てるためだけに存在するものとみなされる。このように、自他は観念的に位置づけられる。それを心理学のモデルでは原始的ナルシシズムと呼ぶ。

成長にしたがって、原始的ナルシシズムは現実に見合った認識に置き換えられてゆく。この過程が予測できないものだったり、過酷だったりすると、幼児の自尊心は深く傷つけられる。さらに重要なのはの助けである。親の助けが足りなくてナルシシズムを育ててしまった大人は、自尊心の働きで、自他を観念的にきわめて重く見る理想化と、逆に軽く見る脱価値化の間で揺れ動く。幼い頃に、自分にとって重要な人物に根本から幻滅し、落胆することがナルシシズムにつながると考えられている。

ナルシシズムの動態編集

原始的防衛機構編集

ナルシシズムは、心理学で「隔離」(isoloation)と呼ばれるものと関連した防衛機制である。ナルシシストは他の人、環境、政党、国家、民族といったものを、よい要素と悪い要素が混じったものとして見ることができず、理想化か脱価値化のどちらかに偏る。すなわち、対象を完全な善か完全な悪に振り分けてしまうのである。悪い表象は常に投影されるか、別のもので置き換えられるか、外的要因に帰せられる。よい表象は、誇大的自己認識を支持し、自信喪失や幻滅を遠ざけるものとして内面化される。ナルシシストは自己愛備給、すなわち注目されることを求める。それによって傷つきやすい自尊心を制御するのである。

家族の機能障害編集

ナルシシストの多くは正常に機能していない家庭に産まれる。ナルシシストを生み出す家族の特徴は、家族に問題があることを内外に対して強く否定することである。このような家庭では虐待が珍しくない。子供は優秀になることを望まれるが、それは親自身の自己愛を満たす道具にすぎない。両親は、貧困や未熟な感情、そしてナルシシズムといった素因をもち、そのために子供の能力の限界と感情の要求を正しく認識して尊重することができない。その結果子供の社会化は不完全となり、アイデンティティー上の問題が起こる。

分離と個体化編集

精神動態理論によると、両親、特にが社会化を促す最初の要素になる。子供はもっとも重要な、人生のすべてに関わる疑問の答えを母に見出す。その疑問とは、自分はどれくらい愛されているのか、世界はどれくらい理解できるのか、といったことである。より後の段階では、精神的な結合に加えて身体的な結合を漠然と望む初期のリビドーが、男の子なら母に向けられる。ここで母は概念化・内面化され、精神分析で「超自我」と呼ばれる良心の一部になる。

成長は母から離れることとエディプス・コンプレックスの解決、つまり性的関心を社会的に適切な対象へ向けなおすことを含む。これらは自立して世界を探求し、自我を強く意識するために重要である。どの段階が妨げられても、正常に分化することはできなくなり、自立した自我は形成されず、他人への依存と幼児性を呈する。ときには子離れしない母によってその障害が起こされることもある。子供が親から離れ、それに続いて個体化をとげることは広く認められている。

幼年期のトラウマと自己愛型の発達編集

幼年期の虐待とトラウマは、模倣戦略と、ナルシシズムを含む防衛機構を働かせる。模倣戦略のひとつは、内面に引きこもり、絶対に信頼できる源泉から、つまり自らの自我から満足を得ようとすることである。拒絶と虐待を恐れる子供は、他人に触れることを避け、愛と充足の妄想に逃げ込む。繰りかえし傷つけられることが自己愛性パーソナリティ障害の誘引になる。

研究の流派編集

フロイトとユング編集

ジークムント・フロイトはナルシシズムについて初めて一貫した理論を唱えた。フロイトは主体指導型リビドーから客体指導型リビドーへの移行が両親の働きに媒介されると説明した。この移行がうまく進まないと、神経症が引き起こされる。それゆえ子供は両親から愛されず軽んじられると、ナルシシズムに退行する。

一次性ナルシシズムの発生は、子供が頼るべきものを探して手元にある自我を選び、満足したと感じる適応的な現象である。しかし、後の段階から二次性ナルシシズムに退行することは適応的でない。それはリビドーを「正しい」対象に向けられなかったことの現れである。ナルシシズムが遷延すると、自己愛神経症が成立する。ナルシシストは自我を刺激して喜びを得ることに慣れ、現実よりも妄想を、現実的な評価よりも誇大な自己認識を、普通の性行為よりもマスターベーションと性的妄想を好むようになる。

自己愛神経症とは自己愛性パーソナリティ障害から精神分裂病までを含む対象転移の生じない一群の患者を指す。フロイトは対象に一切のリビドーが向かっていない事をナルシシズムと命名したが、二次的なナルシシズムで最も病理的なのは精神分裂病であると考えられ、それは空想などの対象表象などにも一切のリビドーが向かっていないような現象を指す。精神病においては自己の幻想の部分にリビドーや死の欲動が備給されており、故に現実とは全く関係ない「幻想」を見るのだと考えられている。

自己愛的防御編集

自己愛的防御(Narcissistic defences)とは、自己の理想化された側面が温存され、それから限界が否認されるという一連のプロセスである[4]。彼らは頑固であり、融通の利かない傾向がある[5]。彼らは意識的・無意識的にかかわらず、しばしばの感情に駆られる[6]

種別編集

共依存編集

共依存(Codependency)関係においては、過度に受動的、もしくは過度に慎重に行動する傾向があるため、人間関係とQoLに悪影響を及ぼす。ナルシシストは共依存者たちを自然に引き付ける磁石であると考えられている。 Rappoportはナルシシズムの共依存者を「コ・ナルシシスト(Co-narcissists)」と認識している[7]

悪性自己愛編集


脚注編集

  1. ^ a b 広辞苑 第六版「ナルシシズム」
  2. ^ Horton, R. S.; Bleau, G.; Drwecki, B. (2006). “Parenting Narcissus: What Are the Links Between Parenting and Narcissism?”. Journal of Personality 74 (2): 345–76. doi:10.1111/j.1467-6494.2006.00378.x. http://persweb.wabash.edu/facstaff/hortonr/pubs/Horton%20et%20al.%20(2006).pdf.  See p. 347.
  3. ^ Hotchkiss, Sandy & Masterson, James F. Why Is It Always About You?: The Seven Deadly Sins of Narcissism (2003)
  4. ^ Shaw J.A. (1999.) Sexual Aggression, American Psychiatric Publishing, pp. 28–29.
  5. ^ Gerald Alper, Self Defence in a Narcissistic World (2003) p. 10
  6. ^ Patrick Casement, Further Learning from the Patient (1990) p. 132
  7. ^ Rappoport, Alan, Ph. D.Co-Narcissism: How We Adapt to Narcissistic Parents. The Therapist, 2005.

参考文献編集

  • Fairbairn, W. R. D. - An Object Relations Theory of the Personality - New York, Basic Books, 1954 ISBN 0465051634
  • Freud S. - Three Essays on the Theory of Sexuality (1905) - Standard Edition of the Complete Psychological Works of Sigmund Freud - Vol. 7 - London, Hogarth Press, 1964 ISBN 0465097081
  • Freud, S. - On Narcissism - Standard Edition - Vol. 14 - pp. 73-107
  • Golomb, Elan - Trapped in the Mirror : Adult Children of Narcissists in Their Struggle for Self - Quill, 1995 ISBN 0688140718
  • Greenberg, Jay R. and Mitchell, Stephen A. - Object Relations in Psychoanalytic Theory - Cambridge, Mass., Harvard University Press, 1983 ISBN 0674629752
  • Grunberger, Bela - Narcissism: Psychoanalytic Essays - New York, International Universities Press - 1979 ISBN 0823634914
  • Guntrip, Harry - Personality Structure and Human Interaction - New York, International Universities Press - 1961 ISBN 0823641201
  • Horowitz M.J. - Sliding Meanings: A defense against threat in narcissistic personalities - International Journal of Psychoanalytic Psychotherapy - 1975;4:167
  • Jacobson, Edith - The Self and the Object World - New York, International Universities Press - 1964 ISBN 0823660605
  • Kernberg O. - Borderline Conditions and Pathological Narcissism - New York, Jason Aronson, 1975 ISBN 0876681771
  • Klein, Melanie - The Writings of Melanie Klein - Ed. Roger Money-Kyrle - 4 vols. - New York, Free Press - 1964-75 ISBN 0029184606
  • Kohut H. - The Analysis of the Self - New York, International Universities Press, 1971 ISBN 0823601455
  • Lasch, Christopher - The Culture of Narcissism - New York, Warner Books, 1979 ISBN 0393307387
  • Lowen, Alexander - Narcissism : Denial of the True Self - Touchstone Books, 1997 ISBN 0743255437
  • Millon, Theodore (and Roger D. Davis, contributor) - Disorders of Personality: DSM IV and Beyond - 2nd ed. - New York, John Wiley and Sons, 1995 ISBN 047101186X
  • Millon, Theodore - Personality Disorders in Modern Life - New York, John Wiley and Sons, 2000 ISBN 0471237345
  • Ronningstam, Elsa F. (ed.) - Disorders of Narcissism: Diagnostic, Clinical, and Empirical Implications - American Psychiatric Press, 1998 ISBN 0765702592
  • Rothstein, Arnold - The Narcissistic Pursuit of Reflection - 2nd revised ed. - New York, International Universities Press, 1984
  • Schwartz, Lester - Narcissistic Personality Disorders - A Clinical Discussion - Journal of Am. Psychoanalytic Association - 22 (1974): 292-305
  • Stern, Daniel - The Interpersonal World of the Infant: A View from Psychoanalysis and Developmental Psychology - New York, Basic Books, 1985 ISBN 0465095895
  • Vaknin, Sam - Malignant Self Love - Narcissism Revisited - Skopje and Prague, Narcissus Publications, 1999-2005 ISBN 8023833847
  • Zweig, Paul - The Heresy of Self-Love: A Study of Subversive Individualism - New York, Basic Books, 1968 ISBN 0691013713

関連項目編集

外部リンク編集