メインメニューを開く

自殺幇助 (じさつほうじょ) とは、別の人、時には医師の助けを借りた自殺[1]。この用語は医師による自殺幇助(physician-assisted suicide, PAS)と互換的に用いられる。PASとは医師が「致命的な用量の薬物に関するカウンセリング、そのような致死的な用量の処方、または薬物の供給を含む、自殺に必要な知識または手段またはその両方を意図的に人に提供する」ことである[2]

医師による自殺幇助は安楽死と類似しているが正式には異なる。医師による自殺幇助は、健全な精神状態の人が自ら死の希望を表明し、自分の人生を終わらせるための薬品投与を医師に要求する必要がある[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Company, Houghton Mifflin Harcourt Publishing. “The American Heritage Dictionary entry: assisted suicide”. www.ahdictionary.com. 2018年9月28日閲覧。
  2. ^ EUTHANASIA AND ASSISTED SUICIDE (UPDATE 2007)”. 2011年12月19日閲覧。
  3. ^ D. Harris (2006). “Assisted dying: the ongoing debate”. Postgraduate Medical Journal 82: 479–482. 

関連項目編集