メインメニューを開く

自然と生命と愛』(しぜんとせいめいとあい、チェコ語Příroda, Život a láska )は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した演奏会用序曲の3部作。『自然の中で』(V přírodě )作品91(B168)、『謝肉祭』(Karnaval )作品92(B169)、『オセロ』(Othello )作品93(B170)の3曲からなり、いずれも序曲とされているものの、3曲まとめて演奏することを意図して作曲されており、一種の組曲と見ることもできる。

3曲の中では『謝肉祭』がとりわけ有名であり単独で演奏されることが多い。3曲をまとめて演奏することは、ドヴォルザークの故国チェコでもあまり多くない。

概要編集

作曲は、『自然の中で』が1891年3月31日から7月8日まで、『謝肉祭』は同年7月28日から9月12日までかけて行われ、それぞれケンブリッジ大学プラハ大学名誉博士号授与の返礼として献呈された。『オセロ』は1891年11月に着手し、翌1892年1月18日に完成した。

各曲の題名については完成後も様々な案の間で迷っており、リストスメタナ交響詩のように標題の内容を具体的に描く楽曲とは性格を異にしている。

初演は3部作をまとめて、1892年4月28日にプラハルドルフィヌム(芸術家の家)において、ドヴォルザーク自身が国民劇場管弦楽団を指揮して行われた。

出版は1894年にジムロック社から行われた。当初はまとめて作品91とするはずであったが、結局異なる作品番号を付けて出版された。

編成編集

ピッコロ(『謝肉祭』で1、『オセロ』で第1フルートが持ち替え)、フルート2、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、バス・クラリネット(『自然の中で』のみ)、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニタンブリン(『謝肉祭』のみ)、トライアングル(『オセロ』を除く)、シンバル大太鼓(『オセロ』のみ)、ハープ(『自然の中で』を除く)、弦五部

演奏時間編集

『自然の中で』約13分、『謝肉祭』約10分、『オセロ』約17分。合計約40分。

自然の中で編集

自然の王国で』の題名も用いられるが、これは英語訳からの重訳である。「孤独の中で」「夏の夜」などの題名も考えられていた。

アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ヘ長調、4分の6拍子。2小節の序奏とエピローグを伴ったソナタ形式。第1主題は自然を表す主題で、後の2曲にも用いられて全曲を統一する。静かに始まって静かに終わる。

謝肉祭編集

アレグロ、イ長調、2分の2拍子。自由なソナタ形式。前曲とは対照的に華々しく始まって華々しく終わる。

オセロ編集

最終的にシェイクスピア戯曲オセロ』から題名が採られたが、「悲劇的」「エロイカ」といった題名も考えられていた。

レント、嬰ヘ短調、4分の4拍子の序奏と、アレグロ・コン・ブリオ、嬰ヘ短調、4分の3拍子の主部からなる自由なソナタ形式。