メインメニューを開く

自然公園

都市計画や農耕地から保護された領域

自然公園 (英語: natural park, nature park)は、都市計画や農耕地から保護された領域を指す。こうした景観地は所在する自治体によって維持・管理が行われ、重要な観光資源となっている。

よく似た概念に国立公園があるが、こちらは国際自然保護連合 (IUCN)の定義による。

ヨーロッパ編集

オーストリア編集

 
オーストリアの自然公園

2010年4月現在、47の自然公園があり総面積は500,000 haに達する。毎年2000万人の観光客が訪れている[1]

主な指定地は、ヴァイトホーフェン・アン・デア・イプスヴァッハウ渓谷ウィーンの森エッツタールなど。

クロアチア編集

国立公園はヴェレビト山脈など8ヶ所、自然公園は11ヶ所指定されている。

ドイツ編集

 
ドイツの自然公園

2009年3月現在、101の自然公園があり国土の25%を占める。

主な指定地は、アルトミュールタール自然公園ベルクシュトラーセオーデンヴァルトジオパークシュヴァルツヴァルトフィヒテル山地フランケンヴァルトフォーゲルスベルク山地など。

イタリア編集

南チロルにはサレンティーノなど8つの自然公園があり、いずれも国立公園に指定されている。

スイス編集

スイスの自然公園はFAPNCH(Federal Act on the Protection of Nature and Cultural Heritage)が維持・管理を行っており[2]、以下の3つに大別される[3]

スイス国立公園と自然体験公園は立ち入りが厳しく制限されている[4]

脚注編集

  1. ^ Touristische Potenziale der Österreichischen Naturparke, 2009
  2. ^ Federal Act on the Protection of Nature and Cultural Heritage (section 3b), Federal Chancellery of Switzerland (page visited on 27 July 2016).
  3. ^ a b c d Overview of the Swiss parks, Federal Office for the Environment (page visited on 27 July 2016).
  4. ^ Swiss park categories, Federal Office for the Environment (page visited on 27 July 2016).

関連項目編集

外部リンク編集