自然科学

自然に属する諸々の対象を取り扱い、その法則性を明らかにする学問

自然科学しぜんかがく: natural science〔ナチュラルサイエンス〕, science〔サイエンス[1][2])または理学とは、自然に属しているあらゆる対象を取り扱い、その法則性を明らかにする学問[3]。『精選版 日本国語大辞典』において自然科学は、「狭義には自然現象そのものの法則を探求する数学物理学天文学化学生物学地学地球科学〕など」を指し、広義にはそれらを実生活へ応用する「工学農学医学など」をも指し得る[4][注 1]。『大学事典』では「理学を構成する数学・物理学・化学・生物学・地学等」と書かれている[5]

自然科学は、私たちの周りの世界と宇宙がどのように機能するかを理解しようとする。天文学物理学化学地球科学生物学の5つの主要な分野がある。

また、Dictionary.comの定義における自然科学とは、自然における観測可能な対象や過程に関する科学または知識であり、例えば生物学や物理学など[6]。この意味での自然科学は、数学哲学のような「抽象的または理論的な諸科学」("the abstract or theoretical sciences")とは異なる[6]

概要 編集

自然科学において取り扱う対象は、大きくは宇宙から小さくは素粒子の世界まで含まれる。生物やその生息環境も対象となっており、そこには生物としてのヒトも含んでいる。対照的に、人間が作り出した文化社会──すなわち哲学歴史法律政治経済等々──に関しては、主に人文科学社会科学・人文社会科学(cultural social science)[7]・自然社会科学(natural social science)[8]が扱っている。

この「自然科学」(ナチュラルサイエンス natural science)という用語と対比される用語は、近年の日本では一般に、

  • 社会科学」(ソーシャルサイエンス social science)
  • 人文科学」(カルチュラルサイエンス cultural science)または「人文学」(ヒューマニティーズ humanities)

であることが多い。19世紀のヨーロッパにおいて諸科学が分化・独立した際に英語圏ではそのような呼び分けが生まれた。ただしドイツでは、対比・区分が若干異なり、ナトゥーアヴィッセンシャフト(自然科学・科学 Naturwissenschaft) は「文化科学 Kulturwissenschaft」や「精神科学 Geisteswissenschaft」と対比されることが多い[9]。日本でもドイツの影響を大きく受けていた時代には、こうしたドイツ式の対比で説明する科学者もかなりいたが、近年の日本では主として英語圏に倣った対比が行われている。

自然科学の歴史は科学史の分野で研究対象とされている。自然科学を対象とする哲学的考察は認識論および科学哲学においてなされており、「科学基礎論」と呼ばれることもある。

自然科学の歴史と方法論 編集

何をもって自然科学の誕生と見なすか、という点については科学史の研究者ごとにそれなりに異なった見方がある。自然を対象とした学問としては、確かに古代ギリシア時代以来「自然学」があった[注 2]。またヨーロッパ中世にはスコラ学があり、「自由七科」という学問分類の内の「クアドリウム(四科)」には、天文学も含まれていた。ただし、科学史などでは、それらの学問の中に新たな方法論や傾向が芽生えたことを指摘することで、それらの学問と自然科学的方法論の対比をしたり、それをもって自然科学の初期の歴史の説明としていることが多い。

科学的方法の説明のしかたはいくつもあるが、実験観察とされたり、分析と総合とされたり、仮説実証とされたりする。

 
イブン・ハイサム
 
ロバート・グロステスト
 
フランシス・ベーコン
 
ガリレオ・ガリレイ
 
ヨハネス・ケプラー
 
ルネ・デカルト
 
アイザック・ニュートン

現在考えられているような自然科学(近代自然科学)の説明する場合、17世紀のヨーロッパの「自然科学者」(当時は自然哲学者、自然学者と呼ばれていた人々[注 3])の研究の一部が紹介されることが多い。説明する科学史家のバックグラウンドの違い(例えば物理学・化学・生物学などの違い)によって、どの手法をピックアップするのか、選択が異なったり重点の置き方が異なっている。物理系ではケプラーガリレイデカルトニュートン等などの手法の一部に言及することが多い[注 4]

中世のイスラム科学であれ中世ラテン科学であれ、分析概念は重要な方法論と見なされていた。古代のアルキメデスは解析的方法の巨匠であり、イスラーム中世のイブン・ハイサムもそうした解析的手法の伝統を継ぐ人であったが、20世紀になりラテン科学の歴史研究が発展するつれて、中世ラテン科学の中心的荷い手のひとりロバート・グロステストが「近代的科学方法概念の開拓者」と見なされた理由のひとつは、彼がアリストテレスの『分析論後書』に独創的な注釈を加筆したからであった[10]。こうした古代~中世の分析概念に、ガリレオやデカルトが大きな飛躍をもたらした[10]。ガリレオはパドヴァの学者たちの生み出したものの恩恵を受けつつ、彼の業績を上げた[10]。デカルトはそれまでの数学的な解析を代数的なものに転換するのに大きな役割を果たしたことに加えて、自然哲学において分析概念に枢要な地位を与えた[10]。分析を総合と対比させつつ深化させた人物としてニュートンは特筆に値する[11]。ニュートンは実験科学についての主著とされる『光学』の末尾に添えた「疑問」(Queries)の章において、次のように論じた[11]

数学と同様、自然哲学においても、難解なことがらの研究には、分析の方法による研究が総合の方法に先行しなければならない。この分析とは、実験と観察を行うことであり、またそれらから帰納によって一般的結論を引き出し、そしてこの結論に対する異議は、実験あるいは他の真理から得られたもの以外は認めないことである[11]

また、総合については次のように述べた。

総合とは、発見され、原理として確立された原因を仮に採用し、それらによってそれらから生じる諸現象を説明し、その説明を証明することである[11]

こうした分析と総合に関する説明には、同国人のベーコンの考え方が大きく影響している[11]。ニュートンによって、分析と総合の対概念が、批判的帰納法を介しつつ明確に自然科学にまで拡張されたと言うことができる、と佐々木力は指摘した[11]

実証を支える精密な実験や実験解析方法の進展に加え、理論を展開する土台となる数学手法も構築され、オープンに科学の成果を交換しえる場(王立協会フランス科学アカデミー等)も登場した。また同時期に学術雑誌が登場し、ジャーナル・アカデミズムが確立した。新たな知識は、公開の場で討論され鍛え上げられていくようになり、科学成果は、発見者の占有物ではなく万人の知的共有財産となることになった[注 5]。このように知識が効率的に共有されるシステムが築かれたことが、その後、科学知識が膨大に蓄積されていく原動力となった。これらすべてを可能たらしめるシステム全体が近代自然科学の営為である。

近年の方法論 編集

還元主義と複雑系

知識をある基本法則に帰着させる方法論は還元主義と呼ばれることがある。この語が否定的トーンで語られることの多いのは、「科学技術」という応用面の発展も促して人類への貢献も大きなものがあったものの、生命の起原や生物社会の成り立ちなどこの方法では説明が困難な対象も存在するからであろう。近年、これらの対象を素因子が相互作用する場として捉えることでその成り立ちを理解・説明しようとする複雑系の手法も成立しつつある。ここでの方法論は還元主義のそれとは違うアプローチをとっており、自然科学および経済活動など社会科学の分野でこれまで説明困難であった事象の理解がすすむのではないかとも期待されている。

自然科学の分野 編集

自然科学には、以下のような学問分野が属する。

物理学 編集

物理学は、おもに無生物界の現象を的関係として把握し、無生物界を支配する法則数式で表現し、数学的に推論することを特徴とする部門である[12]

化学 編集

化学は、物質を研究対象とし、原子分子物質の構成要素と考え、物質の構造・性質・反応を研究する分野である。日本では幕末から明治初期にかけては舎密(せいみ)と呼ばれた。

生物学 編集

生物学生物や生命現象を研究する分野。広義には医学農学など応用科学総合科学も含み、狭義には基礎科学理学)の部分を指す。

地球科学 編集

地球科学は、地球を研究対象とした分野であり、内容は地球の構造や環境、歴史などを目的として多岐にわたる。近年では太陽系に関する研究も含めて地球惑星科学ということが多くなってきている。

天文学 編集

天文学は、天体天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う分野。地球科学や物理学の一分野とされることもある。

教育・学習 編集

日本

自然科学分野の教育は、現代の日本の小・中・高では「理科」という名の教科で行われている。初等・中等教育などでの自然科学教育のことを「理科教育」と呼んでいる。

日本の大学では、主に理学部理工学部医学部歯学部薬学部獣医学部農学部水産学部(また工学部)などが教育研究をおこなう。放送大学には(教養学部教養学科(学士(教養))・自然と環境コース、大学院修士課程修士(学術))・自然環境科学プログラム、博士後期課程博士(学術))・自然科学プログラム)と自然科学の学士課程のコースや修士と博士課程のプログラムもあるので、学生として学費を納めて履修し単位を取得することも出来、また、単位が不要であれば、学生登録もせず放送を無料で視聴して学ぶこともできる。

イギリス

ケンブリッジ大学ではNST(Natural Sciences Tripos)で学ぶことができる。

米国

米国のいくつかの大学が自然科学を学ぶための無料オンラインコースを設けている[13]。たとえばカーネギーメロン大学は、「バイオケミストリー」「現代生物学」。マサチューセッツ工科大学は、「生物学基礎」「(物理I)古典力学」「(物理II)電気と電磁気学」。タフツ大学は「遺伝学」「現代物理入門」。カリフォルニア大学バークレー校は、「天文学」「化学」。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 以下、『精選版 日本国語大辞典』の原文:
    しぜん‐かがく ‥クヮガク【自然科学】
    〙 (natural science の訳語) 自然現象を対象とする学問の総称。狭義には自然現象そのものの法則を探求する数学、物理学、天文学、化学、生物学、地学などをさし、広義にはそれらの実生活への応用を目的とする工学、農学、医学などを含むこともある。[4]
  2. ^ 自然学(physica)[要出典]。自然科学とは異なり、ここでは自然哲学を指す[要出典]。近代自然科学の成立の後はこのphysicaという語は指す対象が変わり、物理学を意味するようになった[要出典]
  3. ^ 19世紀まではscienceという言葉には今日的な意味での「科学」というニュアンスはなく(詳しくは科学#近代を参照)、今日の自然科学に相当する分野には「自然哲学」(natural philosophy)もしくは「自然学」(physics)という名称がもっぱら使われ、その分野の研究者も自然哲学者、自然学者を自認していたが、自然科学成立の経緯も踏まえて、当時の自然哲学研究も自然科学の一部に含むことが多い[要出典]
  4. ^ 例えば物理学をバックグラウンドとする科学史家などが説明する場合は、天文現象の研究にばかり言及し、他領域を見落としたり無視してしまうことも多い[要出典]
  5. ^ 成果・知識が共有されても、発見した者、プライオリティがある者は社会的には特別な扱いを受け、名誉などを得ることが多い[要出典]。20世紀に始まったノーベル賞でもプライオリティのある者に対して賞および賞金が与えられている[要出典]

出典 編集

  1. ^ 『英辞郎』「自然科学」”. 英辞郎 on the WEB. 2021年7月4日閲覧。
  2. ^ 『百科事典マイペディア』「科学」”. コトバンク. 2021年7月4日閲覧。
  3. ^ 広辞苑』(第五版)岩波書店、1998年11月11日、1174頁。 
  4. ^ a b 『精選版 日本国語大辞典』「自然科学」”. コトバンク. 2021年7月4日閲覧。
  5. ^ 『大学事典』「理学部」
  6. ^ a b “natural science”. Dictionary.com. https://www.dictionary.com/browse/natural-science# 
  7. ^ Google Scholar - "cultural social science"
  8. ^ Google Scholar - "natural social science"
  9. ^ 丸山高司『人間科学の方法論争』勁草書房ISBN 4-326-15162-5 
  10. ^ a b c d 佐々木力 (1996, pp. 138–139)
  11. ^ a b c d e f 佐々木力 (1996, pp. 140–141)
  12. ^ ブリタニカ百科事典「物理学」』。ISBN 1-59339-292-3LCCN 2006-921233OCLC 71783328 
  13. ^ “7 Universities Offering Free Natural Sciences Courses Online”. Study.com. http://education-portal.com/articles/7_Universities_Offering_Free_Natural_Sciences_Courses_Online.html 

参考文献 編集

関連項目 編集