自罪とは、キリスト教において、人間が生れてから犯した罪のことで、特に原罪に対するものとしていう。カトリック教会における教理では、自罪は大罪小罪とに分類されている。