メインメニューを開く

自衛隊東京地方協力本部(じえいたいとうきょうちほうきょうりょくほんぶ、Tokyo Provincial Cooperation Office)は、東京都新宿区市谷本村町10番1号に所在する[1]自衛隊地方協力本部のひとつ。陸・海・空自衛隊共同の機関だが、通常は陸上自衛隊の東部方面総監の指揮監督下にある。管轄する地域における防衛省自衛隊の総合窓口として東京都管内で活動する。本部長は陸将補の階級にある自衛官が充てられる。

防衛省市ヶ谷地区内にあった旧本部庁舎は施設の老朽化及び防衛省内の施設再配置計画に伴い取り壊され、同区内の民間企業が運営するビルに移転し業務を行っていたが、2018年6月、市ヶ谷に新庁舎が完成し、移転した。

目次

沿革編集

  • 1956年(昭和31年)8月1日 - 自衛隊東京地方連絡部が編成され[2]、本部庁舎が竹橋に開庁。
  • 1960年(昭和35年)1月22日 - 本部庁舎が檜町に移転。
  • 1962年(昭和37年)12月21日 - 本部庁舎が市ヶ谷に移転。
  • 2006年(平成18年)7月31日 - 自衛隊東京地方協力本部に改編される。
  • 2014年(平成26年)7月28日 - 本部庁舎の老朽化及び防衛省再配置計画に基づき防衛省市ヶ谷地区から新宿区6丁目の新宿イーストサイドスクエアに移転。
  • 2018年(平成30年)6月18日 - 市ヶ谷に新庁舎が完成し移転[3]

出先機関編集

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
自衛隊東京地方協力本部長 陸将補 荒井正芳 2018年08月01日 陸上自衛隊教育訓練研究本部研究部長
歴代の自衛隊東京地方連絡部長及び自衛隊東京地方協力本部長
(将補たる自衛官または事務官)
階級 氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
01 事務官 土田精 1956年08月01日 - 1961年06月07日 自衛隊中央病院総務部長 陸上幕僚監部
02 陸将補 益田兼利 1961年06月08日 - 1962年03月15日 陸士46期・
陸大54期
陸上幕僚監部第3部副部長 陸上幕僚監部募集課長
03 陸将補 上妻正康 1962年03月16日 - 1964年07月15日 陸士47期・
陸大55期
第5師団司令部幕僚長 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐とん地司令
04 事務官 丸山好雄 1964年07月16日 - 1968年03月15日 立教大学 東部方面総監部 退職
05 陸将補 平林克己 1968年03月16日 - 1970年06月30日 陸士51期・
陸大58期
陸上幕僚監部第4部副部長 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐とん地司令
06 陸将補 大元重夫 1970年07月01日 - 1972年03月15日 陸士51期・
陸大60期
中部方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊幹部候補生学校
兼 前川原駐とん地司令  
07 陸将補 植松貞義 1972年03月16日 - 1973年06月30日 陸士53期 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐とん地司令
陸上自衛隊高射学校
兼 下志津駐とん地司令
08 陸将補 大野敏夫 1973年07月01日 - 1975年06月30日 陸士55期 陸上幕僚監部第5部副部長 陸上自衛隊関西地区補給処
兼 宇治駐とん地司令
09 陸将補 川久保太郎 1975年07月01日 - 1977年03月15日 陸士56期 陸上幕僚監部総務課長 陸上自衛隊東北地区補給処
10 陸将補 中川又一 1977年03月16日 - 1978年06月30日 陸士57期 陸上幕僚監部第5部副部長 防衛研修所副所長
11 陸将補 瀧武正 1978年07月01日 - 1979年06月30日
※1979年04月06日 陸将昇任
陸士59期 陸上自衛隊富士学校普通科部長 第9師団
12 陸将補 松崎久 1979年07月01日 - 1981年06月30日 軍官校5期 陸上幕僚監部人事部募集課長 東部方面総監部幕僚長
兼 市ヶ谷駐とん地司令
13 陸将補 増岡鼎 1981年07月01日 - 1983年03月15日 早稲田大学 西部方面総監部幕僚副長 第9師団長
14 陸将補 宮澤作太郎 1983年03月16日 - 1984年03月15日 中央大学 陸上自衛隊高射学校副校長
兼 企画室長
陸上自衛隊高射学校長
下志津駐屯地司令
15 陸将補 平松幹良 1984年03月16日 - 1985年06月30日
※1984年07月01日 陸将昇任
中央大学 自衛隊熊本地方連絡部 陸上自衛隊東北地区補給処長
16 陸将補 黒田崧 1985年07月01日 - 1987年03月15日 拓殖大学 第1混成団
那覇駐屯地司令
第4師団
17 陸将補 小谷章 1987年03月16日 - 1989年03月15日 防大1期 第3施設団
南恵庭駐屯地司令
技術研究本部技術開発官
(陸上担当)
18 陸将補 川名正浩 1989年03月16日 - 1990年07月08日 防大5期 東北方面総監部幕僚副長 東部方面総監部幕僚長
市ヶ谷駐屯地司令
19 陸将補 大越兼行 1990年07月09日 - 1992年03月15日 防大7期 北部方面総監部幕僚副長 統合幕僚会議事務局第5幕僚室長
20 陸将補 大北太一郎 1992年03月16日 - 1993年06月30日 防大8期 西部方面総監部幕僚副長 北部方面総監部幕僚長
札幌駐屯地司令
21 陸将補 安村勇德 1993年07月01日 - 1995年06月29日 防大10期 東北方面総監部幕僚副長 統合幕僚会議事務局第2幕僚室長
22 陸将補 佐山詔介 1995年06月30日 - 1997年03月25日 防大11期 東北方面総監部幕僚副長 西部方面総監部幕僚長
健軍駐屯地司令
23 陸将補 柳澤壽昭 1997年03月26日 - 1999年07月08日 防大13期 東北方面総監部幕僚副長 東北方面総監部幕僚長
仙台駐屯地司令
24 陸将補 澤山正一 1999年07月09日 - 2001年12月02日 防大16期 中部方面総監部幕僚副長 陸上幕僚監部監理部長
25 陸将補 三本明世 2001年12月03日 - 2003年03月26日 防大19期 陸上幕僚監部教育訓練部教育課長 陸上幕僚監部装備部副部長
26 陸将補 用田和仁 2003年03月27日 - 2004年08月29日 防大19期 中部方面総監部幕僚副長 陸上幕僚監部教育訓練部長
27 陸将補 木﨑俊造 2004年08月30日 - 2005年07月27日 防大20期 中部方面総監部幕僚副長 陸上幕僚監部装備部長
28 陸将補 千葉徳次郎 2005年07月28日 - 2006年08月03日 防大21期 東北方面総監部幕僚副長 東部方面総監部幕僚長
朝霞駐屯地司令
29 陸将補 渡部悦和 2006年08月04日 - 2007年08月31日 東京大学
昭和53年卒
東部方面総監部幕僚副長 防衛研究所副所長
30 陸将補 田邉揮司良 2007年09月01日 - 2009年07月20日 防大24期・
神戸大院[4]
第5施設団
小郡駐屯地司令
陸上幕僚監部装備部長
31 陸将補 森山尚直 2009年07月21日 - 2010年07月25日 防大26期 北部方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊幹部候補生学校長
前川原駐屯地司令
32 陸将補 小川清史 2010年07月26日 - 2011年08月04日 防大26期 陸上自衛隊研究本部総合研究部長 陸上幕僚監部装備部長
33 陸将補 湯浅悟郎 2011年08月05日 - 2013年08月26日 防大28期 中部方面総監部幕僚副長 陸上幕僚監部装備部長
34 陸将補 高田克樹 2013年08月27日 - 2014年08月04日 防大29期 陸上自衛隊富士学校機甲科部長 陸上幕僚監部人事部長
35 陸将補 竹本竜司 2014年08月05日 - 2015年08月03日 生徒26期・
防大31期
東部方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊富士学校特科部長
36 陸将補 梶原直樹 2015年08月04日 - 2016年06月30日 防大32期 第1特科団
北千歳駐屯地司令
東北方面総監部幕僚副長
37 陸将補 三宅優 2016年07月01日 - 2017年08月01日 防大27期 西部方面特科隊
湯布院駐屯地司令
退職
38 陸将補 楠見晋一 2017年08月01日 - 2018年07月31日 防大33期 防衛大学校
教育学群統率・戦史教育室長
兼 防衛大学校教授
中央情報隊
陸上総隊司令部情報部長
39 陸将補 荒井正芳 2018年08月01日 - 防大34期 陸上自衛隊教育訓練研究本部
研究部長

脚注編集

  1. ^ 東京地本公式HP 移転のお知らせ
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和31年 6月14日政令第180号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年6月19日閲覧。
  3. ^ 東京地本公式HP 本部長からの市ヶ谷レターVol.1
  4. ^ 1988年に神戸大学大学院博士課程を修了し、同大学から工学博士の学位を授与される。

関連項目編集

外部リンク編集