自衛隊音楽まつり

自衛隊音楽まつり(じえいたいおんがくまつり、Japan Self-Defense Forces Marching Festival)は防衛省が毎年11月に日本武道館で行う自衛隊音楽部隊演奏会である。

自衛隊音楽まつり
JSDF Marching Festival
平成25(2013)年度公演
平成25(2013)年度公演
イベントの種類 音楽系イベント
開催時期 毎年11月
初回開催 1963年
会場 日本武道館
主催 防衛省
最寄駅 東京メトロ東西線半蔵門線都営地下鉄新宿線 九段下駅
公式サイト

目次

沿革編集

1963年(昭和38年)10月27日に、神宮外苑での観閲式終了後の自衛隊記念行事として東京都体育館で開催されたのが最初である。以後、東京オリンピックが行われた1964年と、昭和天皇の病状が悪化し祝典行事等の自粛が要請された1988年を除いて、毎年実施されている。1973年からは日本武道館が使用されるようになった。

概要編集

自衛隊記念日の関連行事として、毎年11月の連続した2~3日間に日本武道館で行われる。防衛省に招待された観覧者および事前に抽選された一般観覧者に対して、1日に1~2回の公演が行われる。これらに加えて、招待者のみを対象とした公演も行われる。各回の公演内容は同じで、1回あたりの所要時間は約2時間である。

演奏内容はポップス、クラシック、ジャズ、映画音楽やテレビドラマのテーマ音楽、アニメの主題歌や挿入曲ゲーム音楽、民謡など多様な曲目で構成される。旧軍の軍歌・行進曲や自衛隊歌の演奏は、海上自衛隊による軍艦行進曲の演奏が毎年プログラムに入るのを含めても全体の一部にすぎない。

毎年、最終日最終回の公演がネットで同時配信されるほか、編集されたDVDが業者から後日市販される。

主催者は防衛大臣であるが、陸上幕僚長が実施責任者となり、海上自衛隊及び航空自衛隊の協力の下に実施する[1]

出演者編集

例年の主な出演者と演技内容は次のとおりである。

スタッフ編集

ネット配信される動画を第301映像写真中隊が撮影するほか、会場内外の案内・警備や機材の配置などの運用は、自衛官が行っている。また、演出や構成、舞台進行などには民間企業が参加している[5]

応募方法編集

一般観覧はインターネットによる申し込み制で、抽選で観覧者が決められる(平成28年度の応募倍率は約6.3倍)。応募期間は例年、9月中である。応募方法の詳細は、公式サイト(下記の外部リンク)を参照のこと。

会場編集

開場は開演の1時間前であるが、良い位置の座席を確保するために開演の2時間前には会場外に行列ができる。入場時には手荷物検査がある。会場の内外では業者により自衛隊グッズや前年公演のDVDなどが販売される。

脚注編集

  1. ^ 岡部俊哉 (2016年10月27日). “平成28年10月27日(木)陸上幕僚長より 平成28年度自衛隊音楽まつりについて”. 陸上自衛隊. 2016年10月30日閲覧。
  2. ^ 東北方面フラッグ隊、航空自衛隊カラーガードなど。以前は海上自衛隊下総航空基地の下総マリンブルーが出演していたが2009年で活動を中止し、現在は海上自衛隊による演技は東京音楽隊演技隊による艦隊旗のみである。
  3. ^ 陸上自衛隊北海自衛太鼓留萌千望太鼓旭川北鎮太鼓滝川しぶき太鼓八戸陣太鼓船岡さくら太鼓朝霞振武太鼓武山自衛太鼓松本アルプス太鼓滝ヶ原雲海太鼓北富士天王太鼓豊川三河陣太鼓滋賀十戦太鼓福知山酒呑太鼓信太菊水太鼓山口維新太鼓小倉ひびき太鼓熊本八特太鼓薩摩川内焔児太鼓15旅団エイサー隊、航空自衛隊入間修武太鼓芦屋祇園太鼓、海上自衛隊八戸華炎太鼓など。これらは音楽隊ではなく、一般隊員の課外活動である。
  4. ^ 近年の例では、2002年と2007年は韓国空軍、2003年は韓国陸軍、2004年と2014年はオーストラリア陸軍、2006年と2016年はインド陸軍、2010年はシンガポール軍、2013年はタイ陸軍、2014年はフィリピン海兵隊、2015年は韓国海軍の軍楽隊が招かれている。
  5. ^ 平成23年度自衛隊音楽まつり 終演後のスタッフロール

関連項目編集

外部リンク編集