メインメニューを開く

自転車博物館(じてんしゃはくぶつかん)は、大阪府堺市堺区大仙公園内にある自転車に関する博物館。正式名称は「自転車博物館サイクルセンター」である。開館は1992年4月。自転車部品メーカーのシマノが設立した財団法人シマノ・サイクル開発センターが管理をしている。シマノの本社があり、自転車が地場産業であることなどから、堺市に建設された。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 自転車博物館
Cyclecenter.jpg
自転車博物館の位置(大阪府内)
自転車博物館
大阪府内の位置
施設情報
専門分野 自転車
管理運営 財団法人シマノ・サイクル開発センター
開館 1992年4月
所在地 大阪府堺市堺区大仙中町165番6
位置 北緯34度33分42.4秒 東経135度28分50.4秒 / 北緯34.561778度 東経135.480667度 / 34.561778; 135.480667座標: 北緯34度33分42.4秒 東経135度28分50.4秒 / 北緯34.561778度 東経135.480667度 / 34.561778; 135.480667
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

名称が似ている関西サイクルスポーツセンターとは関係ない。

施設編集

施設入口は2Fである。

  • 1F:AVホール、図書室
  • 2F:クラシック自転車の常設展示、「自転車のまち」堺コーナー
  • 3F:自転車のしくみコーナー、世界遺産と地球コーナー、世界の街の自転車コーナー

建物概要編集

  • 敷地面積 - 1,875.04m2(堺市所有)
  • 延床面積 - 1,355.60m2
  • 所在地 - 大阪府堺市堺区大仙中町165番6

主な展示品編集

シマノが世界各地で収集したクラシック自転車などが主に展示されている。

  • ドライジーネ
  • ミショー型ボーンシェーカー
  • オーディナリー
  • サルヴォ型三輪車

沿革編集

  • 1992年4月:開館。
  • 2007年4月:約1億7000万円かけて大幅改装、新装開館。

交通アクセス編集

大仙公園自転車ひろば編集

自転車博物館が管理する施設で1994年11月に開設された。同じ大仙公園内だが、自転車博物館から南東へ徒歩10分ほどの場所にある。土・日曜日、祝日にクラシック自転車レプリカの試乗体験や初心者のための自転車乗り方教室などが開催される[1][2]。乗り方教室は大人の参加も可能で、シマノのOBが指導しており、早い人では数時間で乗れるようになることもある。

  • 所在地 - 大阪府堺市堺区東上野芝町 大仙公園内
  • 敷地面積 - 2,332m2

脚注編集

外部リンク編集