メインメニューを開く

自転車活用推進法(じてんしゃかつようすいしんほう、平成28年12月16日法律第113号)は、2016年平成28年)に成立した日本法律2017年(平成29年)5月1日より施行された。

自転車活用推進法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成28年12月16日法律第113号
種類 行政手続法
効力 現行法
関連法令 道路法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

概要編集

同法律は、第一条によれば「極めて身近な交通手段である自転車の活用による環境への負荷の低減、災害時における交通の機能の維持、国民の健康の増進等を図ることが重要な課題であることに鑑み、自転車の活用の推進に関し、基本理念を定め、国の責務等を明らかにし、及び自転車の活用の推進に関する施策の基本となる事項を定めるとともに、自転車活用推進本部を設置することにより、自転車の活用を総合的かつ計画的に推進すること」を目的として制定された。

国土交通省に国土交通大臣を長とする特別の機関、自転車活用推進本部を設置する。そして、自転車月間、自転車の日を定め、自転車専用道路、駐輪場、シェアサイクル設備整備の等の施策を行い、自転車活用推進計画を制定することを旨とする。

自転車活用推進計画編集

2020年までの施策としては以下の項目が挙げられた[1]

  • 地方の自転車道整備のために「地方版の自転車活用推進計画」策定のための手引き書のとりまとめ
  • サイクルツーリズム推進のため40ほどモデルルートを作りナショナルサイクルルートの制定
  • シェアサイクル施設の整備
  • 学校における自転車安全教育の実施

構成編集

  • 第1章 総則(第1条 - 第7条)
  • 第2章 自転車の活用の推進に関する基本方針(第8条)
  • 第3章 自転車活用推進計画等(第9条 - 第11条)
  • 第4章 自転車活用推進本部(第12条・第13条)
  • 第5章 雑則(第14条・第15条)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集