至文堂

至文堂(しぶんどう)は、日本出版社である。

至文堂
正式名称 株式会社 至文堂
英文名称 Shibundo Co.,Ltd.
現況 事業継続中
種類 株式会社
出版者記号 7843
取次コード 3023
本社郵便番号 〒136-8575
本社所在地 東京都江東区新木場1-18-11
外部リンク http://www.shibundo.net/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1915年(大正4年)創業。佐藤正叟(せいそう、1877年―1968年)が創業。佐藤は広島県生まれ。東京物理学校(現・東京理科大学)卒。慶応義塾普通部教師(数学)などを務めたのち創業(1914年とも)。24年東京帝国大学教授の国文学者藤村作の勧めで『國語と國文學』を創刊。36年『国文学 解釈と鑑賞』を創刊した。

二代目社長は佐藤泰三、三代目黒河内平(1990年代)、川上潤(2000年代)。

1963年、『解釈と鑑賞別冊』として『現代のエスプリ』、66年、国文学者への啓蒙のため『日本の美術』を創刊、 主に日本古典文学日本美術の学術図書の出版を手掛けてきた。月刊『國語と國文學』と『国文学 解釈と鑑賞』、『日本の美術』、心理学関係で『現代のエスプリ』は長年にわたって続いたシリーズである。

2009年4月1日をもって、株式会社ぎょうせいと業務統合した。これにより書籍雑誌の編集制作は至文堂、発行はぎょうせいが行うことになった。

主な刊行物編集

題名 創刊年 詳細
『國語と國文學』 1924年(大正13年) 国文学の研究論文発表機関誌。2011年11月号から発行元を明治書院に変更。
『国文学 解釈と鑑賞』 1936年(昭和11年) 文学部の学生がレポート論文を書く際の必読書。2011年10月号をもって休刊
『現代のエスプリ』 1963年(昭和38年) 心理学関係の内容が多い。2011年10月号、通算第531号をもって休刊。
『日本の美術』 1966年(昭和41年) 独立行政法人国立博物館、独立行政法人文化財研究所が監修。2011年10月号、通算第545号をもって休刊。

所在地編集

〒136-0082 東京都江東区新木場一丁目18-11

外部リンク編集