メインメニューを開く

至陽穴(しようけつ)は、督脈に所属する第9番目の経穴である。

目次

部位編集

一般には、第7胸椎と第8胸椎の棘突起の間の陥凹部とされているが、第7胸椎棘突起の下の陥凹部とする人も多い。

名前の由来編集

至は極点に至ること、陽は脊柱を意味し、近くに陽中の陽があること、第7胸椎下にあり、これより上が陽になることから名づけられた。

効能編集

胸脇張痛、腹痛黄疸、咳嗽気喘、腰背疼痛、脊強、微熱などの治療に使われる。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集