メインメニューを開く

概要編集

臼杵市中心部にある小学校で、1874年明治7年)に開校した長い伝統を持つ小学校である。

臼杵市では東海・東南海・南海連動型地震発生時に最大7mの津波が想定されているが、本校は臼杵湾から臼杵川沿いに約700m上流にあって、海抜が2.2mのため、被害を受ける恐れがある。このため、臼杵市では、2016年度(平成28年度)に、本校を、約1.3km離れ、海抜24mに位置する臼杵市立福良ヶ丘小学校と統合する方針を2012年10月に示した[1]。しかし、区長会は反対の意見書を市に提出し[2]、保護者のアンケートでも反対が9割近くを占めたことから[3]、臼杵市は2013年1月に移転案を撤回した[4]

沿革編集

  • 1874年明治7年) - 開校。
  • 1909年(明治42年) - 臼杵男子尋常高等小学校、臼杵女子尋常高等小学校に分かれる。
  • 1934年昭和9年) - 男女両校を合併し、臼杵尋常小学校発足。
  • 1941年(昭和16年) - 国民学校令により臼杵国民学校に改称。
  • 1947年(昭和22年) - 学制改革により臼杵町立臼杵小学校に改称。
  • 1950年(昭和25年) - 臼杵市の市制施行に伴い臼杵市立臼杵小学校に改称。

通学区域編集

本町、新町、唐人町、横町、浜町、掛町、祇園南、祇園東、祇園中、祇園西、城北、洲崎、港町本通、港町東、新港町、城南、本丁、浜、東海添、西海添、南海添、北海添、駅前、下り松[5]

進学先中学校編集

アクセス編集

著名な卒業生編集

脚注編集

関連項目編集