メインメニューを開く

概要編集

アイヌ語の「オウコッペ[1]」〔川尻・互いにくっつく・もの(川)〕に字を当てたものが町名の由来であるとされる[2]。町の西部を流れる興部川と藻興部川が、かつては合流して海に注いでいたことからとされる[2]

地理編集

オホーツク海沿岸に位置する。

  • 山: 鬱岳(818m)
  • 川: 興部川、藻興部川、瑠橡川、沙留川

歴史編集

経済編集

基幹産業は酪農(「おこっぺ牛乳」など)、林業漁業ホタテサケマス毛蟹などが獲れる。

立地企業編集

農協・漁協編集

金融機関編集

官公庁・公共機関編集

町の機関編集

  • オホーツク農業科学研究センター

国・道の機関編集

警察編集

消防編集

紋別地区消防組合消防本部
  • 興部支署
    • 沙留派出所

郵便編集

郵便局
  • 興部郵便局(集配局)
  • 沙留郵便局

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

人口編集

 
興部町と全国の年齢別人口分布(2005年) 興部町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 興部町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
興部町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

教育編集

交通編集

 
道の駅おこっぺ

空港編集

鉄道・バス編集

かつては興浜南線名寄本線が通っていたが、興浜南線は1985年(昭和60年)7月15日に、名寄本線は1989年平成元年)5月1日に廃止されている。町内には班渓駅宇津駅北興駅興部駅旭ヶ丘駅豊野駅沙留駅富丘駅が設置されていた。

北紋バスが紋別方面と雄武方面、名士バスが西興部・名寄方面への鉄道廃止代行路線を運行するほか、町中心部から豊畑・朝日方面へは町営バスが運行される。

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
オムシャリ沼を跨ぐ旧名寄本線・思沙留川橋梁。興部町富丘

文化財編集

  • 興部豊野竪穴住居跡 - 道指定史跡
  • 米田御殿 - 興部町指定歴史的遺産

観光編集

  • 興部公園
  • 沙留岬

祭事編集

その他編集

ご当地ソングとして『Oh!コッペ節』(唄:殿さまキングス)が存在する。一時『会員制ラジオ番組 うまいっしょクラブ』(STVラジオ)のジングルとして使用されていた。

出身の有名人編集

脚注編集

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: o-u-kot-pe
  2. ^ a b アイヌ語地名リスト エン~オニシ P21-30P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。

外部リンク編集