舞妓はんだよ全員集合!!

舞妓はんだよ全員集合!!』(まいこはんだよぜんいんしゅうごう!!)は、1972年に製作・公開されたザ・ドリフターズの「全員集合シリーズ」及び松竹ドリフ映画第10作[1]。同時上映は『男はつらいよ 寅次郎夢枕』。

舞妓はんだよ全員集合!!
監督 渡邊祐介
脚本 渡邊祐介、田坂啓
原作 渡邊祐介
製作 沢村国男、井沢健
出演者 ザ・ドリフターズ
吉沢京子
早瀬久美
光本幸子
なべおさみ
伴淳三郎
天地真理
音楽 宮川泰
主題歌あゝ男ドリフ
撮影 荒野諒一
編集 寺田昭光
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 日本の旗1972年12月29日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
前作 祭りだお化けだ全員集合!!
次作 チョットだけョ全員集合!!
テンプレートを表示

マドンナ役は吉沢京子早瀬久美。またデビュー間もない天地真理がシリーズ初出演。

ストーリー編集

新撰組局長・近藤勇の孫を名乗る近藤長介は祇園置屋「伊川屋」の婿養子だが、アルバイトとしてノミ屋をしていたために妻・昌代(園佳代子)に愛想を尽かされ、芸妓を連れて家出されてしまう。

途方に暮れる長介のもとに、桂小五郎の子孫を名乗る日本舞踊の師匠・桂忠次が、自らを鞍馬天狗西郷隆盛の子孫と信じ込んでいる学生・鞍馬工作と西郷風太を引き連れて突然押しかけ、居座る。実は忠次はどじょう掬いしか踊れず、家賃も滞納して向かいの家を追い出されてきたことが判明する。

数日後、伊川屋は芸妓がいないため組合を除名されてしまう。困った長介は月形半平太の子孫を名乗る月形ヒデオ(加藤茶)を捕まえ、無理矢理舞妓に仕立て上げたがやはりうまくいかない。そんな中、借金のカタにヤクザの吉良平造(芦屋雁之助)と結婚させられそうになり家出していた和菓子屋の一人娘・ひな子(吉沢京子)が伊川屋を訪れ、芸妓にしてくれと頼み込む。

舞妓となったひな子は可愛らしいと評判になったが、そのために吉良に見つかり誘拐されてしまい、ヒデオは吉良の親分・山岡(伴淳三郎)に身請けされそうになってしまう。長介たち4人はひな子を助けるため、舞妓の変装をして山岡らが集まる池田屋に乗り込むのだった…

スタッフ編集

  • 監督:渡邊祐介
  • 原作:渡邊祐介
  • 脚本:田坂啓、渡邊祐介
  • 製作:沢村国男、井沢健
  • 撮影:荒野諒一
  • 音楽:宮川泰
  • 編集:寺田昭光
  • 助監督:白木慶二

キャスト編集

主題歌・挿入歌編集

主題歌『あゝ男ドリフ』
原曲:『あゝ新撰組』/ 変詞:渡邊祐介 / 歌:ザ・ドリフターズ
挿入歌『ふたりの日曜日』
歌:天地真理
挿入歌『嵐を呼ぶ女』
歌:大信田礼子
挿入歌『新 祇園小唄』
歌:ザ・ドリフターズ

出典・脚注編集

  1. ^ 【BS11:映画・ドラマ】映画「舞妓はんだよ全員集合!!」【HD初放送&未DVD化作品】” (日本語). 【BS11】. 2020年11月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集